Profile cover photo
Profile photo
Affinity Tips
10 followers -
Affinity製品の使い方を紹介
Affinity製品の使い方を紹介

10 followers
About
Posts

Post has attachment
新しい記事を公開しました。 Affinity Photoで写真に写り込んだ不要な人物や物体を消す方法 | Affinity Tips #affinityphoto

概要 写真を取ったときに通行人が写り込んでしまうなど、写ってほしくない物体や人物を写真から除きたいという場面は数多くあると思います。 こんな時のために、Photoshopにはスポット修復ブラシツールという写真内の汚れなどの不完全な部分をすばやく取り除くツールが用意されています。Affinity Photoにもスポット修復ブラシツールに相当するインペインティングブラシツールというツールが存在します。今回はこのツールの使い方を説明していきます。 手順 Step1 インペインティングツールを選択する…
Add a comment...

Post has attachment
新しい記事を公開しました。 Affinity Designerの「文字のアウトライン化」の方法 | Affinity Tips #affinitydesigner

概要 文字のアウトライン化という名前の機能がない? 以前、Adobe Illustratorから以降した方で困ることが多いと思われる線のアウトライン化について記事を公開しました。 Affinity Designerの「線のアウトライン化」の方法 – Affinity Tips…
Add a comment...

Post has attachment
新しい記事を公開しました。 Affinity Designer 1.5.1がリリース | Affinity Tips #affinitydesigner #mac #affinity

機能が大きく追加 Affinity Designer: UIおよびUXデザインのための理想的なツール 2016年10月6日にAffinity Designerのバージョン1.5.1がリリースされました。今回のアップデートではUIデザインの機能が大幅に改善されたようです。 このような大規模なアップデートは2014年10月のリリース以来4回目のようです。 App Storeに公開されている情報だけでもかなりの文量があります。 バージョン 1.5.1 の新機能 –…
Add a comment...

Post has attachment
新しい記事を公開しました。 線(パス)に沿って文字を配置する方法 | Affinity Tips #affinitydesigner

概要 この記事ではタイポグラフィの基礎テクニックである、パスに沿って文字を並べる方法について解説します。簡単に扱えるテクニックですので実際に試してみてマスターしましょう。 手順 Step1 任意のパスを描く 鉛筆ツール(ショートカットキー:n)やペンツール(ショートカットキー:p)などを使って自由にパスを描きましょう。文字はここで描いたパスに沿って配置されることになります。 Step2 パスを選択する 移動ツール(ショートカットキー:v)を使ってパスを選択してください。 Step3…
Add a comment...

Post has attachment
新しい記事を公開しました。 トンボなどの印刷用マーク付きPDFの作成方法 | Affinity Tips #affinitydesigner

概要 印刷用のトンボはどうやって付ける? 出版業者にPDFファイルなどを送信するときには多くの場合トリムマーク(トンボ)が必要になります。Illustratorにはこれを自動的に付与してくれる機能があります。 ではAffinity Designerではどうでしょうか。実はエクスポートの設定からトリムマークを設定することが可能です。ただし日本式トリムマークは2016年5月時点では対応していないようなので注意してください。日本式トンボと西洋式トンボの違いはこちらを参照。 トンボ以外に付与できる情報…
Add a comment...

Post has attachment
新しい記事を公開しました。 Affinity Designerの「線のアウトライン化」の方法 | Affinity Tips #affinitydesigner

概要 Illustratorのあの機能はどこに? Adobe Illustratorから移行してきた方で困っている方も多いと思うのが、「Affinity Designerでは線のアウトライン化ができないの?」という点だと思います。アウトライン化が出来ないと線幅の太い線を自由な形に変更できなかったり、パスの演算により形を繰り抜いたりできなかったりするなど不都合が生じる場面があります。 線のアウトライン化とは?…
Add a comment...

Post has attachment
新しい記事を公開しました。 エクスポートペルソナのツールについて紹介 | Affinity Tips #affinitydesigner

概要 エクスポートペルソナは1つのキャンバスから複数の画像を出力するのにとても便利なペルソナです。UIデザインをするときなどにはとてもお世話になるでしょう。 各ツールについて スライスツール このツールはキャンバスの中にウィンドウを設定し、その部分を個別に画像として出力できるようにします。ショートカットキーはsです。 スライス選択ツール…
Add a comment...

Post has attachment
新しい記事を公開しました。 ピクセルペルソナについて各ツールの紹介 | Affinity Tips #affinitydesigner

概要 描画ペルソナはラスタ画像の編集に使用します。Affinity Designerをあえて選択する場面ではあまり利用する機会はないかもしれません。エフェクトを施してラスタ化したベクタ画像の編集のような場面には使うことがあるとは思います。 マーキーツールについて マーキーツールには次のようなものがあります。 描画、加工適用範囲の選択 矩形マーキーツール 楕円マーキーツール 行マーキーツール 列マーキーツール フリーハンド選択ツール 選択ブラシツール…
Add a comment...

Post has attachment
新しい記事を公開しました。 描画ペルソナの各ツールについて | Affinity Tips #affinitydesigner

概要 描画ペルソナはベクタ描画をするためのペルソナです。Affinity Designerでの作業のほとんどは描画ペルソナで行なうことになると思います。それぞれどういうふうに使うか、アイコンや名称から察しにくいものもあるので、用法を1つずつ紹介していきます。 隠れたツールの使用 移動ツールのように右下に灰色の三角が表示されているものは、その三角をクリックすることでツールを切り替えることができます。移動ツールの場合はアートボードツールと切り替えられます。 各ツールについて…
Add a comment...

Post has attachment
新しい記事を公開しました。 ペルソナとは | Affinity Tips

ペルソナとは? 簡単に言うとモードのことです。作業シーンに応じてペルソナを変更することで画面左のツールセットが最適化され、作業を効率化することができます。Affinity Designerには3つのペルソナが用意されています。ペルソナはウィンドウ左上に並ぶ3つのアイコンをクリックすることで切り替えることができます。 Affinity Designerではピクセル描画を使うシーンはあまりないので、描画ペルソナとエクスポートペルソナの使い方をおさえておけば困ることはないと思います。 各ペルソナの説明…
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded