Profile cover photo
Profile photo
Baku far close
3 followers
3 followers
About
Baku's posts

Post has attachment
きたぜ、mーションブルー!
初っ端なに盛大に噛んだ先週のモーションブルー横浜での古川麦トリオ×小田朋美×弦楽四重奏スペシャルセッション、改めて、沢山お越しいただき本当にありがとうございました!! 初めてのモーションブルー、どんな姿勢で臨めばいいのか自分もよくわかっていなくて、とにかくは今の自分がやりたいことをぶつけようという思いで一番信頼置くチーム、そして一緒にモーションブルー出るならこの人!と、久々に小田朋美をお誘いしました。 小田朋美 左から、牛山玲名(Vn)、田島華乃(Vn)、千葉広樹(Cb)、秀岡悠汰(Va)、関口将史(Vc)、...

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment
朝の文章(2014年11月)
すっごい久々の更新になってしまいました・・・。 これからちょくちょく文章も書いていけたらなーと思っているので、もう少しこのブログは活性化できるか、と希望は持っています。 ただ直近でネタがないので、今回は以前書いた文章をちょっとご紹介。(ライブレポとか本当苦手ですいません) 2014年11月に出演した朝の音楽会( 『朝の、おんがく。vol.2 冬が聞こえる朝、ワルツの日。』 )で特典だった新聞に寄稿した文章です。この文章を元にとある曲の歌詞は作られたりしています。 はじめての朝、あたらしい耳であたらしい世界を聴...

Post has attachment

Post has attachment
名阪ツアー・・・そして8月のトリオライブ!
もう一ヶ月以上も前になってしまったけれど、5月末の古川麦トリオでの名阪ツアーで鈴木竜一朗くんに撮ってもらった象徴的な一枚。最終日の名古屋ブラジルコーヒーでの本番後、さあ東京に帰ろうっていう瞬間です。 今回のツアーで一番印象に残ったのは、このトリオのバンドとしての側面、一蓮托生感っていうのか、持ちつ持たれつな関係でした。ゆうじくんと千葉くんと、
昨年の台湾ツアーの強行軍を乗り切った仲だったから大体の感じはわかっているつもりだったけど、より濃密に二人の呼吸がわかる旅だったなぁと。二人の信頼
を背に感じながら、単な...

Post has attachment
3/17WWW
完全に放置してしまいましたが、こちらにも一応ご報告を。 3/17の渋谷WWWでのレコ発ライブ「Coming of the Light」からもう早2週間近く過ぎたところで、大変遅ればせながら、鈴木竜一朗くんの写真とともに振り返ってみたいと思います! ここに辿り着くまでに、本当に色んなことがあって、初めは細々と経緯を書こうかなとも思ったのですが、大して読む人にはおもしろくないので割愛。ただ最低限背景を説明すると、このレコ発の前に2014年7月に第一回のレコ発を新大久保でやりました。その時は泣く泣く弦楽四重奏を入れ...

Post has attachment
完全に放置してしまいましたが、こちらにも一応ご報告を。

3/17の渋谷WWWでのレコ発ライブ「Coming of the Light」からもう早2週間近く過ぎたところで、大変遅ればせながら、鈴木竜一朗くんの写真とともに振り返ってみたいと思います!

ここに辿り着くまでに、本当に色んなことがあって、初めは細々と経緯を書こうかなとも思ったのですが、大して読む人にはおもしろくないので割愛。ただ最低限背景を説明すると、このレコ発の前に2014年7月に第一回のレコ発を新大久保でやりました。その時は泣く泣く弦楽四重奏を入れない編成で。そして全国流通、影のプロデューサーであるデザイナーの川村くんの渡米などが関係して、今回のフル編成での渋谷WWWライブを開催するに至りました。自分としては、まさに待望の会です。
(その辺の経緯は松永良平さんのインタビューを是非ご覧下さい)↓
http://d.hatena.ne.jp/mrbq/20150321


今回一番大きかったことは、出演陣に恵まれたこと。対バンの髙城くんも、先日発表されたceroの3rdアルバムの大事なレコーディングの最中に時間作ってくれたし、共演のみなさんからのすごいバックアップは言わずもがな。リハーサルで自分だけ客席で聴いていた時に、あまりの豪華さに「これ俺いなくていいんじゃね・・・?」と思って、その矛盾に一人で満足してました。
何回か重ねたリハーサルの段階で、きっと自分は蛇口の役割になればいいのだろう、という思いを持っていましたが、実際色んなホースが自分に繋がっていくのをそのとき感じました。

そして本番では、お客さん一人一人のホースが更に追加されて、もう蛇口というよりは、滝のような、何かが溢れ出ていました。嬉しい瞬間、ここ三ヶ月、いや発売してからの約半年間が報われる瞬間でした。


ただ正直言うと、早く終わって欲しい気持ちもありました。集客の不安とか、豪華な面子故のプレッシャーとか、まぁそういう瑣末な不安が積もった決壊寸前のところでの、お客さんからのこの祝福は、本当にありがたかった。
そして、顰蹙買うのを恐れず敢えて言うと「当然だろ?」という気持ちもありました。お客さんに対して失礼な気持ちなのですが、むしろそういう自負がない限り、この祝福とは向き合えなかったとも思います。

前日にチェロの関口くんが告知の文章をアップしてくれていて、「古川麦と出会ってからの七年間の集大成になるだろう」みたいなことを書いてくれていて、これはきっと本番で泣くかな、と思っていたのですが、今書いた気持ちのせいで妙に冷静な自分がいて、泣くには至りませんでした。だって、これはミラクルじゃなくて、自分たちがやってきたことが導き出したことなんだからしっかり見届けないと、という気持ちが強かった。

そう、あの日のことは突然起きたミラクルではなく、今までの活動の一つの区切り(関口くんが言うように)であり、その先に向かう何かです。
もちろん、色々な人たちに支えられて出来たこの会はミラクル以外の何者でもないのですが、それは誰かが「ミラクルだ!」と感動してくれればいい。自分はこの先も、淡々と音楽を作っていきたいしそうしていく、今回のライブがもたらしてくれたのはその道筋への光でした。

とにかくは、ご来場いただいたみなさまに心からの感謝を!!!
今年はまだまだ色々と起こりそうな予感がしています。どうぞ今後ともよろしくお願いします!

そして見てないだろうけど、川村くんは気をつけてNYいってらっしゃい!
写真: 鈴木竜一朗
PhotoPhotoPhotoPhotoPhoto
3/17WWW
13 Photos - View album

Post has attachment
Wait while more posts are being loaded