Profile cover photo
Profile photo
日本画家・絵本画家 後藤 仁 (JIN GOTO)
「アジアの美人画」をテーマに描く日本画家・絵本画家 後藤 仁(Japanese painting GOTO JIN)東京藝術大学日本画専攻卒業。絵本作品『ながいかみのむすめチャンファメイ』福音館書店『犬になった王子 チベットの民話』岩波書店『おしゃかさま物』佼成出版社
「アジアの美人画」をテーマに描く日本画家・絵本画家 後藤 仁(Japanese painting GOTO JIN)東京藝術大学日本画専攻卒業。絵本作品『ながいかみのむすめチャンファメイ』福音館書店『犬になった王子 チベットの民話』岩波書店『おしゃかさま物』佼成出版社
About
日本画家・絵本画家 後藤 仁 (JIN GOTO)'s posts

 本日、鈴木出版(すずき出版)の新作絵本制作にて、第7、第8場面を描き終えました。なかなか難しい場面が続きますが、何とか良い感じに持って来ています。これで、全体の3分の1近く、完了しました。これから場面は佳境に入って来ますので、さらに集中力を奮い立たせなければなりません。いよいよ気合が入っております。
 日本画家・絵本画家 後藤 仁

Post has attachment
 「岐阜県伝統文化継承功績者顕彰状」授与式が、2月16日、岐阜県美術館1階 特別応接室 で行われ、私の伯父で、からくり人形師の後藤大秀さんも表彰を受けました。誠におめでとうございます。🎊 私も授与式に招待され、都合が合わずに残念ながら欠席しましたが、「後藤大秀を祝う会(仮称)」には出席する予定です。
 伯父のからくり人形が披露される「大垣祭り」が、ユネスコ無形文化遺産に登録され、後藤大秀ワールドがますます世界に羽ばたいて行きます。私もうれしいです。<(_ _)>
 日本画家・絵本画家 後藤 仁

http://www.pref.gifu.lg.jp/event-calendar/c_17768/dentoubunkakeisyoukousekisyakensyou.data/28denbunken.pdf

Post has attachment
 今しがた、学校法人桑沢学園 東京造形大学の「非常勤教員(講師)授業依頼状」と「雇用契約書」なる正式な辞令が届きました。これから再び、幾つかの書類を書いて返信しなければいけません。
 金曜日に重なっている、読売・日本テレビ文化センター金町の「水彩画講座」の仕事を3月いっぱいで辞める事を決めているので、造形大学の辞令が無事届いて一安心です。文化センターの「水彩画講座」(月2回開講)では、10年余り一日も休まずに講師を務めたので、正直少し寂しいですが、やむを得ません。受講者の中には、10年前の開講初日から在籍されている方もおり、心から感謝申し上げます。
 東京造形大学では、創作心に燃える、素晴らしい学生達に出会える事を、誠に楽しみにしております。
 日本画家・絵本画家 後藤 仁
Photo

 本日、鈴木出版(すずき出版)の新作絵本制作にて、「表紙」を良い感じで描き終え、続いて第7、第8場面を描いています。絵を描ける時間が、何よりも幸せな時間です~。「もう、勘弁してくれ!」と言うくらい、もっともっと限りなく描き続けたいものですね。
 日本画家・絵本画家 後藤 仁

Post has attachment
 またまた すごい情報サイトが登場しました。知らぬ間に私などのネット上の情報がまとめられているのですが、今回のサイトは結構、正確で詳細にまとめられていて、面白いですね。
 日本画家・絵本画家 後藤 仁

http://spysee2.jp/後藤仁/dd88c1854de1bd993ac0f23657e773db

 本日、鈴木出版(すずき出版)の新作絵本制作にて、「表紙」を8割位まで描き進めました。速描によって、ざっくりとした素朴な味わいを出したいのですが、私の性格なのか、どうしても細密気味に描き込んでしまいます。しかし、細密速描、・・・これはこれで面白い感じです。
 「表紙」は最も神経を使う場面ですので、今日は結構疲れました。私が理想とするまでは表現できなかったのですが、美し過ぎる おばあさんの顔が、良い感じに描けたと思います。ここらで ようやく、全場面の半分以上が完了し、制作時間に少しゆとりがでてきました。(´▽`) 
 日本画家・絵本画家 後藤 仁

 先日の日本児童出版美術家連盟(童美連)の事業部部会後の飲み会で、「村上 隆の作品の良さが分からないのだけれど、どこがいいの・・・。」という質問を絵本作家・イラストレーターの方から受け、明確な答えを返さぬまま、次の雑談に移ってしまいましたので、ここに簡単にまとめて書いてみましょうか。
 ただの一絵描きが、他人の作品・作家活動をとやかく批評する立場ではないのですが、美術予備校で直接、彼に絵を教わり、東京藝術大学の先輩でもあった村上さんの作品と、人となりは良く知っているつもりなので、書かせていただきましょう。
 私も個人的には、村上さんの作品を生理的には好きではありません。元々私は、古典的な要素を継承した純粋美術が好きだからです。現代アート全般が好きではないのです。ただ、村上さんのアーティストとしての、とてつもない”すごみ”は理解しています。
 まず、人間的・作家的な”パワーの強さ”では、私の人生の中で実際お会いした美術作家の範囲では、村上 隆さんと後藤純男先生以上にパワーを感じた人はいません。そのエネルギーは通常の人間の領域をはるかに超えて、尋常ではありません。
 確かに、村上作品をマンガやアニメーションとして見たならば、それ程、優れているとは言えないでしょう。村上さんは学生時代から、「バカボンのパパ」のキャラクターを許諾申請して借用し、そのパロディーのような作品を創ったりしていました。現代社会で隆盛を極めるオタク文化を風刺し、アートにするという考え方こそが、まさに現代アート的な思考で、誰も発想しなかったやり方で、先見的で優れているのだと思います。その点は、アンディ・ウォーホルが大量生産社会を皮肉った手法と似ています。マンガ・アニメに対するリスペクトはありつつも、どこか客観的で時代の傍観者的に、ひねくれて、しらけているのです。ルーブル美術館に、いかにも醜悪な作品を展示して賛否両論の渦を巻き起こすのも、また、彼の術中に世の中がはまっているのです。マンガ・アニメ文化に比べたら、一見、時代の後を追っているように見えるのですが、アートの場合はそれでも先見的と位置付けられる点が不思議な世界なのですが・・・。
 童美連内で、村上 隆さんに近い、ビジネス的人間力の高さを感じたのは、池田あきこ さん位ですが、村上さんはイラストレーター・絵本作家より、はるかにアート(美術)を深く知っており、描く底力があるだけに、無敵なのですね。いくら私が作家的に傍若無人だと言っても、村上さんと後藤先生には、そうそう簡単には太刀打ちできないと考えています。
 もし、村上さんがこの文を見たとしたら、「てめえに何が分かるんだよ~。」と一蹴されるでしょうがね。作家というものは半ば公人ですし、個人の誹謗中傷でない限り、言論の自由ですから・・・。
 日本画家・絵本画家 後藤 仁

Post has attachment
流山市公式ホームページ:ぐるっと流山 後藤純男回顧展|流山市
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/397/032983.html 
 私も参加した「後藤純男先生 回顧展」のオープニングセレモニーの模様が紹介されています。ぜひ、ご覧下さい。 
 日本画家・絵本画家(後藤純男門下)後藤 仁

Post has attachment
 私の作画絵本『犬になった王子 チベットの民話』(岩波書店)をブログでご紹介いただき、誠にありがとうございます。とても面白い視点でじっくりと絵本を読まれていて、嬉しいです。絵本では異時同図法的に一枚の画面にまとめていますが、本当は思いやり深い王子の事ですから、旅の途上途上、きっと部下の死を心から悼み、涙を流しながら丁重に葬ってあげた事と思います。今後とも後藤 仁 作品をよろしくお願い申し上げます。
 日本画家・絵本画家 後藤 仁
http://anzuiro47.blog129.fc2.com/blog-entry-108.html

 本日、鈴木出版(すずき出版)の「新作絵本」制作の第6場面が完成し、第7場面の骨描き(こつがき)と、表紙の地塗り辺りまで完了。色々と雑事もややこしい昨今ですが、制作には集中できており、順調に進んでいます。
 私のページは基本的に、自分に関する事だけしか述べていません。日記代わりなのです。まさにエゴサーチの極致ですが、作家などそんなものです。その代わりに、作品が公共の役に立っているのです。
 今後、所属団体等に関する記載には気を付けますが、私にとってインターネットはただの遊び(絵の具を乾かす間の時間つぶし)ですので、何でもかんでも批判しないで下さいね~。<(_ _)> 
 日本画家・絵本画家 後藤 仁
Wait while more posts are being loaded