Profile cover photo
Profile photo
カーペット通販クレール
4 followers -
オーダーカーペット
オーダーカーペット

4 followers
About
カーペット通販クレール's posts

質問:居間に敷くカーペットを探しています。ごのようなものを選んだら良いでしょう。
答え:一年中敷いたままでしょうか。
質問:はいそうです。
答え:ウール素材をおすすめします。パイルの中に空気を溜め込む機能が高いので、冬暖かく、夏は、冷房の冷気をためこむことで以外にひんやりします。湿気を吸ったり吐いたりするので、梅雨時の湿度調整機能はウールだけの特徴です。またホルムアルデヒド等の有害物質を吸着分解する機能がありますので、お部屋の空気の浄化作用も合わせ持ちます。
質問:ウールにします。柔らかくてふかふかしたものはどれでしょうか。
答え:カットパイルでパイル長10ミリのものが最高品質で、ふかふかした踏み心地になります。東リのベルファーはいかがでしょうか。糸洗い加工もしてありますので、清潔で発色性も良いです。
質問:それにします。
答え:色を選んでいただけますか。
質問:ベージュ系の暗くならない色が良いです。
お電話で色の詳細をご説明し、VF6134 282cm×242cmのサイズで決定いただきました。
お時間があれば生地見本をお送りするところですが、今回はその時間もないとのことで、
パソコンのモニターと詳しい色のご説明で決定となりました。

質問:リビングに敷くカーペットを探しています。タンスを置いたりします。抗菌・消臭の商品を見ていますが、どれが良いのでしょうか。

答え:耐久性を重視すれば、ナイロンかウール素材が良いです。

質問:柔らかい手触りのものが良い。

答え:ウールであればメリノウール。衣料用のウールなので、繊維が細いため、柔らかいです。ただし敷いた当初は遊び毛がでます。ナイロンではニューメイムが柔らかいです。ナイロンは遊び毛は出ません。予算に制限はございますか。

質問:特に決めていない。ウールとナイロンのどちらが良いのですか。

答え:やはり1年中使うならウールです。冬暖かく、夏も冷房の冷気を溜め込み足ざわりがひんやりします。呼吸するので、梅雨時の湿度調整機能もあります。

質問:ウールが良いような気がします。

答え:ウールでも遊び毛がでにくくした商品があります。ウールポリッシャーは、工場で何度も掃除機をかけ、予め遊び毛がでにくくしてあります。

質問:ウールポリッシャーにします。

答え:色を決めていただかなくてなりません。

結果:当店で現物を見ながら色の詳細をご説明、WOL03でのご注文となりました。
480cm×230cm
380cm×210cm

Post has attachment
質問:大きなサイズで斜めカットはできますでしょうか。

答え:斜めカットは可能です。ただし、斜めカットの場合、斜めカットの長さはご指定いただけません。
直線カットと直線カットを結ぶ形での斜めカットとなります。
またカット精度も落ちますので、ノンクレームでの対応となります。

結果:サイズのご連絡をいただき、当店で図面を起こし、双方確認のうえ、以下ご注文となりました。
●東リ ボンフリー フリーカット変形 ●BF5227
オーバーロック加工付き
右へ73cm 斜め上へ 右へ113cm 下へ521cm 左へ
Photo

Post has attachment
質問:カーペットをお部屋いっぱいに敷き詰めたいのですが、ドアストッパーはどのようにしたら良いのでしょうか。

答え:ドアストッパーがある部分をコの字に切れ込みを作って回避します。

結果:FF-52で下記変形サイズでのご注文となりました。
Photo

Post has attachment
質問:生地見本を送ってもらい品番は決まったのですが、お部屋のサイズが複雑で、細かい切れ込みもあり、どのようにサイズを決めたら良いのかわからない。手描きの図面を作ったので、相談にのってもらえますか。

答え:図面をFAXでお送りください。
確認したところ、左右と上下のサイズが合わないのと1cm単位の細かい切れ込みが多数あり、工場で正確にカットすることは不可能です。

質問:左右と上下のサイズは、何度測っても合わないので、細かい部分は自分でカットして納めたいが、ほつれは問題ないでしょうか。

答え:カーペットはご自身でカットが可能です。タフテッドカーペットであれば、パイルの切りカスはでますが、基本的にほつれることはありません。ただし、オーバーロックのロック糸はほどけてきますので、目立たないようにボンドでほつれ止めする必要があります。

その後、詳細なサイズの打ち合わせ後、このようなサイズでご注文をいただきました。
品番:NN7322
Photo

質問:椅子のキャスターに耐えられるカーペットを教えてください。
答え:摩擦や上からの圧力に強い素材で、キャスターがスムーズに動くカーペットがあります。
ナイロン素材で、パイル密度が高くフラットで、表面が硬く仕上がっているカーペットです。
サンライムとグレースをご紹介いたします。
http://www.carpetshop.jp/carpet/items_t/type02/--/LI-58.html
http://www.carpetshop.jp/carpet/items_t/type02/--/GJ1328.html
結果:
下記ご注文となりました。
GJ1308
210cm×140cm
 数量:1

Post has attachment

質問:
赤ちゃんが生まれるので、カーペットとラグの併用を検討中なのですが、
1)畳の上にカーペットを敷きたいのですが、どんな素材でも大丈夫なのでしょうか?
2)素足で生活しているのですが、歩いても静電気が起きにくく、防ダニ・アレル物質抑制のものってあるのでしょうか?
3)遊び毛は出にくいものでしょうか?
4)キャスター付きの重い衣装ボックスや空気清浄機などを動かしやすいものはありますか?
5)上記の条件に当てはまる中で、1年中敷きっぱなしになっても大丈夫なものはありますか?
答え:
>1)畳の上にカーペットを敷きたいのですが、どんな素材でも大丈夫なのでしょうか?
 
できればウールが良いと思われますが、素材的敷いてはいけないものはありません。
ただ敷き詰める場合、家具等をお部屋の角に置く場合は、家具の奥の隙間に湿気が溜まりカビの発生が
懸念されますので、換気には十分気をつけてくだあし。
 
>素足で生活しているのですが、歩いても静電気が起きにくく、防ダニ・アレル物質抑制のものってあるのでしょうか?
>3)遊び毛は出にくいものでしょうか?
 
制電、防ダニ、アレルキャッチャー(アレル物質抑制)、撥水加工、遊び毛防止、という機能を兼ね備えたカーペットを
ご紹介いたします。
 
クリナ
http://www.carpetshop.jp/carpet/search.php?seek=tanpin_t&output=type02&item_no=CN-4198  
アレルキャッチャーの仕組み
http://www.carpetshop.jp/images/act2.gif
 
>キャスター付きの重い衣装ボックスや空気清浄機などを動かしやすいものはありますか?
 
クリナはナイロン素材で、パイル密度が高いので、比較的キャスターの動きは良いです。
それに対する耐久性もあります。
 
>5)上記の条件に当てはまる中で、1年中敷きっぱなしになっても大丈夫なものはありますか?
 
ナイロン素材ですが、特に一年中敷いていても問題ないと思われます。
結果
下記ご注文となりました。
N-4201
サイズ265cm×255cm
 数量:1

質問:夏用にカーペットを取り替えたいのですが、何を選んだら良いのでしょうか。暑いので、毛足の短い硬めのカーペットが良いような気がしますが、専門家からアドバイスをお聞きしたい。
答:当店では夏用のカーペットとしてはウール素材のカーペットをおすすめしています。
質問:ウールは冬暖かい反面夏は暑いというイメージがあるのですが。
答:ウールが冬暖かいのは、パイルの中に空気を溜め込む性質があるからです。暖かい空気を溜め込むので夏はよけい暑いというイメージがあるかもしれませんが、夏は暑くて我慢できなくなるとエアコンを使います。エアコンによって冷やされた空気をパイルに溜め込んだ場合、足先はひんやりします。冷たい空気は下に沈むので、特にその傾向が強くなります。
また、ウールは、天然繊維の特徴で、常に呼吸をしていて、湿気を吸ったり吐いたりしています。空気の湿度が高いときは、湿気を取り込みます。湿度が低くなると吸い込んだ湿気を放出しますので、おへやの湿度を適度に保つ役割を果たします。特に梅雨時には最適のカーペットと言えます。
質問:そうするとウールカーペットから選べば良いのですね。高齢の両親の畳部屋に敷く予定なのですが、ウールの中で、おすすめはごのようなものでしょうか。
答:ウールカーペットは他の繊維と比べるとお値段が高くなりますので、どの程度のご予算で考えたらよろしいでしょうか。
質問:そんなに大きなスペースではないので、高級感のあるものが良いと考えています。
答:ウールの唯一の欠点は、敷いた当初に遊び毛が出るということです。予め遊び毛が出ないように対策したものがウールポリッシャーになります。カットパイルで選ぶならこの商品がおすすめです。
その後ウールポリッシャーだけでなく、ビッグループの最高級品等相談されまして、見本を手配することになりました。

質問:新築で、フローリングの上にカーペットを敷き詰めたいのですが、どのようなものが良いのでしょうか。
カーペットを敷く場合と、フローリングのまま生活する場合との違いはなんですか。ホコリやお掃除の点で聞かせてください。

答:お住まいになる状況によっておすすめするカーペットは違ってきます。ご希望も合わせてお聞かせください。
カーペットとフローリングの違いは、空気中のホコリの量です。
フローリングはホコリが床に落ちて上に乗っている状態なので、人が歩くと空気中に舞い上がります。カーペットはパイルがある程度ホコリを保持しますので、人が歩いても舞い上がる量は少ないです。結果的に空気中のホコリの量はフローリングの方が多くなります。人が吸い込むのは空気なので、吸い込むホコリの量も多くなります。生活の中ででるホコリの量が同じならば、健康上はカーペットで生活した方が良いのではないでしょうか。もちろんこまめなお掃除によって、ホコリ自体を取り除くことが一番大切です。

質問:家具等を置くので、年中敷きっぱなしになる場合、どのようなカーペットを使ったら良いのでしょうか。

答:年中使うなら、ウールカーペットをおすすめします。ウールは、パイルの中に空気を溜め込む能力が高いので、冬暖かいのはもちろん、夏でも冷房の冷気を溜め込んでひんやり感を保持します。また、湿気を吸ったり吐いたりしますので、お部屋の湿度を程よく調整します。特に梅雨時のお部屋を快適にする効果が期待できます。さらにホルムアルデヒドやVOCといった有害物質を吸収分解する機能があり、そのような物質に敏感な方の健康を守ります。

質問:主人が少しアトピーで、壁にエコカラットを使う予定です。

答:エコカラットも湿気を吸ったり吐いたりして、湿度調整機能を持った壁材ですが、ウールカーペットを使うことにより相乗効果が生まれます。ウールカーペットの場合、当初は遊び毛が出ますので、遊び毛の出にくい「ウールポリッシャー」がイチオシ商品です。

Post has attachment
答:お子様のそそうも含め、水溶性の汚れが拭き取りやすいのは、撥水加工付きのカーペットがおすすめです。床暖のお部屋に敷く場合は、ホットカーペット対応品にしなければなりません。ただ、ホットカーペット対応で撥水加工付きとなると、日本ベターリビングのガードという商品しかございません。好みでなければ、撥水加工はあきらめて、床暖対応品を優先して絞込みすることになります。加えてパイル長の短いものとなりますと、全厚6mm又は6.5mmタイプになります。

質問:4部屋に敷き詰めたいのですが、できるだけ統一感を持たせたいので、基本的には同じもので決めたい。ただ床暖の部屋とそうでないお部屋が違うカーペットになってもしかたがない。


答:ホットカーペット対応で、全厚6.5mm以下ですとアスシエロ、ニューアスシャリオになります。予算を抑えた場合は、アスシエロ、耐久性のことを考えるならアスシャリオになります。
また、ホットカーペット非対応であれば、サンライム、グレースも候補になります。

質問:色によって汚れが目立たないものはありますか。

答え:やはり濃い色が汚れは目立ちにくいです。

質問:今候補に挙がったもので、濃いグレーやブラウンの色の見本を送ってください。

その後生地見本を送りまして、床暖のお部屋のご注文をいただきました。ASE-88の変形カットです。
Photo
Wait while more posts are being loaded