Profile cover photo
Profile photo
窪田建築設計事務所
3 followers
3 followers
About
Posts

Post has attachment
先月から取り組んでいた低炭素建築物の適合証が先日発行されました。 低炭素建築物とは・・・ 定義が二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物となります。 適合させるには2つの条件がありますが、その前にどこの場所でも受けることが出来わけではありません。 都市計画区域内なのはほとんどだと思いますが、その中もに条件があります。 市街化区域または区域区分が定められていない都市計画区域のうち用途地域が定められている区域 上記のように用途地域が『指定なし』や『無指定』と言われた場合には、低炭素建築物の認定は付けなくなります。…
Add a comment...

Post has attachment
今回は2階にリビングを配置するメリットです。 中々山梨では敷地に余裕があったりなかったり・・・ 車が必須のため敷地はある程度確保しているが、車2台分の駐車スペースも必要不可欠です。 そこで2階にリビングを配置するメリットも出てきます。 2階をリビングにして、耐震性能を向上させる。 なるべくコンパクトにおさめ、LDKを1階全体にさせる場合、2階へLDKを持っていくメリットが出てきます。 木造住宅の場合では、耐震性能を耐力壁の配置によって決めていきます。 ※構造計算の場合はまた別です。…
Add a comment...

Post has attachment
今日は寝室についてです。 少しでも寝室に予算をかけて環境をよくしてもらいたいものです。 どうしても住宅を建てる際には、予算があります。 その予算配分についてですが、予算オーバーした場合寝室の部分の予算を削減することが多いと感じています。 その際に話すことですが、睡眠時間を6時間とすると。 1日の1/4は寝室で過ごすことになります。 住宅を建ててから、40年住むとすると10年間は寝室にいる計算になります。 自分も子供がいますので、子供たちの部屋に予算をかけたいと言う親心も十分に理解できます。…
Add a comment...

Post has attachment
HPにページ追加しました。 『設計事務所のメリットデメリット』です。 メリットは・・・ ・仕様・仕上が決まっていない ・設計監理者と施工者が別になる ・図面による見積で適正価格 ・余分な経費をかけない ・スタッフが皆一級建築士 上記の5項目がメリットだと思います。 デメリットは・・・ ・完成までに時間がかかる ・営業マンがいないので ・住宅展示場がない 上記の3項目がデメリットだと思います。 その他として・・・ ・相性が重要 設計事務所に限定しませんが、やはり住宅を建てる時は、相性が重要だと思います。…
Add a comment...

Post has attachment
今週は構造の勉強会に参加していました。 木構造のことは分かってはいますが、もう少し突っ込んだ部分まで勉強したいと思い、参加をしています。 建築基準法の目的にも書いてあります。 建築物の構造、国民の生命の保護を目的とする。 建築基準法第1条 (目的) この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もつて公共の福祉の増進に資することを目的とする。 建築基準法の一番最初に書いてある大事な部分です。…
Add a comment...

Post has attachment
着々とも民家のリフォーム図面を進めています。 柱・梁の位置を考えながらも計画を進めます。 リフォームで安易に柱が邪魔なので、なしにしたいとよく要望を言われます。 柱を撤去してしまうと、上部の梁を何で支えるのかが重要です。 まず構造を確認して、上部の梁の両サイドが違う柱で支えられているか? 一体になっている梁じゃないとまず柱を無くすのはやめた方が良いです。 もし平屋部分であれば、梁の入れ替えが出来そうならば入れ替える方法もあります。…
Add a comment...

Post has attachment
モルタル外壁メリットデメリットの続きです。 今回無塗装サイディングに現場で塗装した外壁についてです。 無塗装サイディング+塗装のメリット 好きな色味に出来る 現場で色を調合することも多く(工場で作ってくるときもあります。)好きな色にすることができます。 既製品にない自分好みの色に出来ることも特徴です。 劣化しやすいシール部の保護 現場で吹き付けるなど塗装するため、劣化しやすいシール部分も上から塗装します。 シール部は紫外線に弱く、硬くなってきてしまうのを上から塗装するとこで保護できるメリットもあります。…
Add a comment...

Post has attachment
確認済証が発行無事に発行 確認済はすごく重要で、着工する前にはほとんどの場合必要になってきます。 なぜ必要なのか? 建築基準法第6条に規定されています。 内容は… 建築主は、建築物を建築しようとする場合、その計画が建築基準関係規定に適合するものであることについて、確認の申請書を提出して建築主事の確認を受け、確認済証の交付を受けなければならない(一部省略しています。) と決められています。 この確認済証の発行がないと着工は違法になってしまいます。 建築基準法施行令第147条の3の規定当てはまるため…
Add a comment...

Post has attachment
先週末は親戚の関係で、四国まで行ってきました。 四国でも香川ですが、用事を済ませた後に丸亀城へ寄ってきました。 日本一高い石垣の城 と言うことで、上まで上ってきました。 上まで行くにはかなりの急こう配でしたが、子供たちも何とか上ることができました。 石垣が綺麗 何よりも上っている最中に見れる石垣が綺麗でした。 石垣の積み方も数パターンあるようで、もう少し勉強してからだともっと面白かったと思います。 1泊2日で1,400km走行して、月曜日はくたくたでしたが、いい経験でした。  
丸亀城の綺麗な石垣を
丸亀城の綺麗な石垣を
kubota-architect.com
Add a comment...

Post has attachment
今日はお手伝いしていた現場の確認です。 もうずぐ完成と言うことで、現場の確認です。 完了検査前にチェックポイントを現場監督さんと再確認してきました。 完了検査は都市計画区域内では、確認申請を出してその通り建築されたか検査を行います。 現場で検査を受けるだけではなく、資料も確認します。 完了検査は現場を見るだけではなく、監理資料の確認も行います。 地盤調査の状況や躯体・仕上げのF☆☆☆☆なでも確認します。 来週検査予定なので、もう少し時間がありますが、資料整理などを行うにはちょうどいいペースです。…
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded