Profile cover photo
Profile photo
乾康彦
206 followers -
 「治療よりも予防 予防よりも養生」を目指す、鳥取の漢方相談が専門のイヌイ薬局です。
 「治療よりも予防 予防よりも養生」を目指す、鳥取の漢方相談が専門のイヌイ薬局です。

206 followers
About
康彦's posts

Post has attachment
 なにはともあれ、TV出演おめでとうございます。

Post has attachment
秋分の日を過ぎ、これから夜が長くなります。
読書の秋、芸術の秋、食欲の秋の方も秋の夜長をお楽しみください。

七十二侯では、雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)時節となって、雷が鳴り響かなくなります。
上空の空気が冷え込んできたことを言意味しています。
朝夕の冷えには特に注意しながら、なるべく厚着にならないような注意が必要です。徐々にわむさに身体をならしておくと、冬本番での風邪などを予防しやすい身体になると言われています。

秋はまた、「乾燥」の季節でもあります。
「乾燥肌」、「喘息」などで悩まされているなら秋の乾燥に弱い「肺」を綺麗に潤すことが大切です。
詳しくは、ブログ参照下さい。

#喘息 #気管支炎 #乾燥肌 #中医学 #漢方 

Post has attachment
  今日9月15日は、十五夜です。明後日の9月17日は満月です。十五夜といえばお団子ですが、先日「NHKあさイチ」で放送されて大人気の「クコ」についてブログに書きました。
「NHKあさイチ」では28粒を目安に毎日食べるとシミができにくいのでスーパーモデルのミランダカーさんも毎日「クコの実(ゴジベリ)」をコツコツ食べているそうです。
中国では「肝腎要(カンジンカナメ)」の「肝」と「腎」を補うので仙人が食べていたと言われています。
また、インディアンのなかでも勇猛で有名だったジェロニモ率いるアパッチ族の住家も「クコ」の豊富な産地で常食されていたと言われています。
人間の吸収するちからがmaxになる満月にむかって「お団子」ばかりではなくスーパーフード「クコ」に変えてみましょう。
写真は2007年に良質な「クコ」の輸入のため中国は「銀川」に行ったときの画像です。

#NHKあさイチ #クコ #ゴジベリー 

Post has attachment
今日は、暑さが緩み始める「処暑」。
綿が顔を見せ始める「綿柎開(わたのはなしべひらく)」
時期。
また、台風の到来する時期でもありました。
そろそろ、秋に向けて
身体は暖かく
皮膚に潤いを
そんなブログです。
‪#‎綿柎開‬ ‪#‎わたのはなしべひらく‬ ‪#‎処暑‬ ‪#‎二十四節季‬ ‪#‎七十二侯‬ ‪#‎中医学‬

Post has attachment
リオデジャネイロ五輪では、日本選手が大活躍中ですが間もなく閉会を迎えます。まだ暑い夏も、七十二候の「深い霧をまとう蒙霧升降」をすぎました。暑くなると悪化しやすい頭皮湿疹も、改善のしやすい季節になります。が、漢方のおくすりだけに頼るのではなく、まず食事など生活週間の改善が大切ってブログ。

#頭皮湿疹 #脂漏性湿疹 #アトピー食事 #漢方 #中医学 #発物

Post has attachment
今日は満月です。
身の回りの、さまざまなことが円満に包まれやすい一日。
お肌にとっても、様々な悩みを解決しやすい時期です。
アトピー肌のトラブルがおさまったあとの色素沈着、乾燥をはじめさまざまな肌トラブルから美肌を回復するには、豊富なタンパク質、アミノ酸が必要。
そんな時期に手軽に良質のタンパク質、アミノ酸を補給できる
「中国家庭の簡単・卵スープ」がオススメです。スープなので、胃腸に負担をかけることなく素早くアミノ酸を補給できるので、肌荒れの回復ばかりでなく、夏バテの予防、冷え性、低体温の解消にもおすすめの「中国家庭の簡単・卵スープ」レシピです。

満月の時期は身体も吸収するパワーが最高になります。お願い事ともにお楽しみください

#満月 #薬膳 #中医学

Post has attachment
今日は久々に激しい雨に見舞われた鳥取です。これから、秋に向かって、脱毛などの髪のトラブルもふえてきます。が細菌は「頭がかゆい」など頭皮湿疹の相談が増えています。頭皮湿疹はおもに、
脂漏性皮膚炎が原因となっていることが大半なので「脂漏性皮膚炎(湿疹)」のお手当についてのブログを書きました。
頭皮湿疹専用の外用薬のお求めもおおいようですが、やはり
「皮膚は内臓の鏡。」
脂漏性皮膚炎も、カラダのなかからのお手当も考えてみましょう。

‪#‎脂漏性皮膚炎‬ ‪#‎脂漏性湿疹‬ ‪#‎頭皮湿疹‬

Post has attachment
お盆休みで家族や友人で食べたり飲んだりの方も多いと思います。今日は、大切な知人から最近受けた問い合わせから
「寝ていても取れない眩暈」について通医学と薬膳の考え方からのブログ書きました。
飲み過ぎ食べ過ぎ、下痢、便秘などに気を付け乍らお読みください。

‪#‎回転性めまい‬ ‪#‎眩暈‬ ‪#‎中医学‬ ‪#‎薬膳‬

Post has attachment
漢方というと難しい漢字がたくさん出て来るせいか、難解に思われがちですが本来は
ご家族など大切な人の
顔色や、
肌や便の状態、
声の調子、
身体の冷えや熱、コリ、痛み
など「みつめる」ことからはじまましょう。
五感を総動員して、
「見る」「看る」「観る」「診る」「視る」
事です。自分や大切な人の「からだからのサイン」をよく見つめて、「こころやからだの悩み」の原因をみつけます。
根本的な原因をきちんと見つけたら、次のステップは最適なおくすりや、食材を選びます。
私たちが店頭で「からだからのサイン」として大切にしている「舌」を例に、中医学での癒しのプロセスをブログにしました。
まずは、五感を総動員して「見つめる」ことから始めましょう。
http://atopy-druginui.jp/blog/archives/2473
そんな、優しい中医学を
ブログ http://atopy-druginui.jp/blog/
FM鳥取82.5Mhz 1、3火曜ヘルスケアインフォメーション
月間「まごころ通信」
まごころセミナー8月25日鳥取 8月27日代々木上原 
などさまざまな媒体で発信しています。
詳しくはブログ  http://atopy-druginui.jp/blog/archives/2473
参照下さい。
皆さんと、皆さんにとって大切な人の健やかさを守る智慧の中医学を身近にお楽しみください。
‪#‎美肌のための漢方レッスン‬ ‪#‎中医学‬ ‪#‎アトピー #見つめるアトピー

Post has attachment
未来の子供たちのために
 「本当の食事のおいしさ」を大切にしたい思いでオーガニックレストラン110centで中医学のお話をします。
おいしさは、人間にとってカラダにその時必要なものを美味しいと感じる本能です。
そして、カラダが求める食材の意味を中医学的に考えてみましょう。
立秋を過ぎ、そろそろ街角では秋の気配が折にふれて、顔を見せ始める時期になります。
秋は乾燥の季節ですが、乾燥から炎症、赤発、シワ、などさまざまな肌トラブルが引き起こされます。
そんな肌の潤いを維持するのにからだのなかで大切な役割をしているのが、血液や体液を意味する
  「血(ケツ)」
です。

こんにちは、鳥取の漢方薬局で不妊症・生理不順、ダイエット、皮膚病の相談をいただいている国際中医専門員の乾です。
8年間で4万件近くいただいた相談から、気がついたことをこれからのセミナーでお伝えして行きたいと思います。
今回は、乾燥からはじまるシワなどの老化や痒みなどに、お肌に良質な血液を豊富におぎなうことの意味を中医学的にお伝えします。
良質の血液はどうしたら生まれるでしょう?
豊富な血液はどうしたら作れるでしょう?
漢方のおくすりやハーブとともに

食材・生活習慣
などを中医学の見地から考えながらセミナーの中でお話をいたします。
お薬ではなく、お食事で健康を維持したいあなたに、
「治超よりも予防、予防よりも養生」
をモットーに国際中医専門員 乾康彦が40,000件近い漢方相談の経験のなかから、
「おいしく食べながますます健やかに輝く。」
中医学の智慧をお届けします。


ランチメニューは
・食前の一杯(スパークリングorジンジャーエール)
・自然栽培のサラダ
・青魚のカルパッチョ
・牧草牛のグリル
・三年番茶
漢方とイタリアンの融合をお楽しみください!


日時:8月27日土曜日 11時30分~12時30分
  (10時45分~受付)
ランチタイム 12時30分~
ご参加費:食事代こみ5000円。
お申込は
参加ボタンを押していただき
tuiyakuzen@gmail.com
へ①お名前 ②ご住所 ③お電話番号 ④メールアドレス
をお送りください。
折り返しご連絡させて頂きます


講師:乾 康彦
慶応義塾大学理学部数学科卒業
2006年漢方の専門家として中国政府から認められた国際中医師試験(現国際中医専門員)として認定。
不妊症、婦人病、ダイエット、皮膚病の4万件近い相談から、日々の食事や睡眠など生活習慣の大切さを感じ、現在
「治療よりも予防、予防よりも養生」
をこころに刻み店頭での漢方相談、セミナーを開催しています。


株式会社イヌイ代表
登録販売者、国際中医専門員、日本中医薬研究会理事


FM鳥取:
「ヘルスケア・インフォメーション」


電子書籍: 
・あなたの卵巣年齢何歳ですか?
漢方で考えるプロラクチンと二人目不妊の改善    
(乾康彦)


・あなたの卵巣年齢何歳ですか?
漢方で考える不妊症PCOS多嚢胞卵巣症候群
(乾康彦・乾マリコ 共著)


・あなたの卵巣年齢何歳ですか?
漢方で考えるPCOSとダイエット
(乾康彦・勝原陽子 共著)


・くすりに頼らないお子さんのアトピー改善の3ステップ
(乾康彦)


ブログ: http://atopy-druginui.jp/blog/
facebook:https://www.facebook.com/yasuhiko.inui 
twitter:https://twitter.com/inuikanpo


 
シェフ:伊藤雄士
高校卒業後、赤坂の寿司店で5年働いた後 イタリア料理へ転向。その後渡伊し1年6か月本場イタリアで修業を積み帰国後、都内のレストランで料理長を務めた後、代々木上原にosteria ITOをオープン。雑誌やTV等に多数掲載して頂き6年ご愛顧頂きましたが「人の身体は食べた物でできている」という事に気付き、より安全な、より健康な食事が出来るレストランへとコンセプトを変え2014年11月に店名を110Cento Dieci(チェントディエチ)と改名し オーガニックレストランとしてリニューアルオープン。
blog http://s.ameblo.jp/osteria-ito/


参加費は当日の御支払ですがキャンセルポリシーは以下とさせて頂きます。
1週間前までのキャンセル:0%
3日前までのキャンセル:20%
それ以降のキャンセル:100%
Photo
Wait while more posts are being loaded