Profile cover photo
Profile photo
チロの日記
「チロの日記」は人間と同じように家族葬と家族火葬ができます
「チロの日記」は人間と同じように家族葬と家族火葬ができます
About
Posts

我が家に、ニューフェイスが加わったのは昨年の暮れ。逆まつげで目が傷み眼球が腫れて動物病院で逆まつげの手術をしてもらって引き取り手を待つ子猫だった。引き取り手が現れなかったら殺処分なのか?そんな可愛そうなことはあり得ない。と、ムサシと名付け我が家の一員となった。春も近い。もうすぐ去勢手術を控えている雄猫ムサシは弱い視力を決して卑下することなく、先住雌猫のタマに戦いを挑む。
Add a comment...

「運命の糸」という言葉を思い出した。
以前に余命を過ぎて車いすでペットちゃんのお葬式に来られたご主人が他界された。
この世で運命の糸で結ばれた飼い主とペットちゃんは、あの世でも何かしらの糸で結ばれ出会える。
人間の天国と動物の天国は別々だと聞いた事があるけれど、出会える場所があって、体がないから、さすったりじゃれたりはしないけど、ただそばにいてお互いを感じ合う。きっとご主人を待ち迎え、運命の糸に寄せられ出会い、それぞれの天国に向かわれたのではないだろうか。
家族同然だったのだから。
家族以上に一緒だったのだから。

合掌
Add a comment...

「霊なんてあるんでしょうかね?いや、亡くなる4日ほど前にね、長男のところへ家内が来たっていうんですよ。それでね、もういよいよなのかなって長男が帰ってきてね。最期に間に合ったんですけどね。」と問われる方があった。どうなんでしょうね。と答えながら思いを巡らした。きっと昔からこんなことがあって、どうして良いか分からず遺された人達の気持ちが落ち着くように。お葬式は形作られていった。チロが居なくなったあとも、チロがまるで居るような気配をしばらく感じたことがある。私はふすま越しにチロの気配を壊さないようにじっとしていた。まるでペットロスの状態であった私を心配してくれているように思えた。今は仕事に忙しくペットロスから立ち直ったからかチロは幽霊っぽく気配さえも感じさせてくれなくなった。
でも、たまには会いに来て。私が気づかなくても、足元に居て欲しい。
Add a comment...

昨夜眠れずDVDで映画”冬物語”を見た。
人生の役割は神様から決められていて、その役割を終えると人は死んで星になる。
私が飼っていたチロは私の家族を癒し心の支えとして役割を充分に果たして亡くなった。
今夜は星が見えるだろうか?
どの星がチロの星か。見つけることは出来ないけれど、空を仰ぎ見てチロを偲びたい。
Add a comment...

ご主人が車いすで来られた。
「私は、余命は過ぎているんですけど・・・」と力弱く泣かれていた。
辛さが伝わってきた。
なんとお声を掛けるべきか、探しながらも見つからず、ただただ頭を下げた。
Add a comment...

淡路ペット霊園(チロの日記)
2014/04/11 ペット霊園の整地が完成しました。
今から区画を決めていきます。
早い内にご相談頂ければ、大きさや方角など、ご遺族のご意向に沿うことができます。
綺麗な夕陽が見える小高い丘はとても素晴らしいペット専用の墓地です。
また、ペット火葬は約50kgまで受け入れます。
納骨堂は永代供養は10,000円
月々の納骨棚使用料は1,000円
(こちらで火葬をされた場合は半額になります。)
Add a comment...

チロの日記の永代供養は骨の返却に応じることができます。
観音堂では観音様の元に骨壺毎にお納めしております。
一度お納めされても、やはり納骨棚に置き仏壇のように祀ってお参りしたい。また逢いに来たいから。ここに居ると分かっても見えないのは辛いから。というご希望にもお応えしました。
Add a comment...

トイプードルのKちゃん。ご家族が旅行に出かけようとしているところ、置いていかれると察したのか、飛び出して交通事故に遭って亡くなってしまった。3才だった。小学生から高校生の子供達と共にご家族はお別れ式の後、旅行に出発されて2日後に骨を引き取りに来られた。本当にショックが大きくてお気の毒だった。あとは子供達の悲しみの気持ちが早く癒えるようにと願うばかりだ。
Add a comment...

お花に話しかける。
チロの日記ではペットちゃんのお葬式にお花を無料サービスしている。
「今が満開ですごく綺麗ね。明日ぐらいにペットちゃんのお葬式がはいったりして、役にたてると良いね。」などとお花たちに話しかける。そうすると大体次の日に火葬依頼が複数件入ったりして忙しくなったりする。
この度は一週間前から「納骨堂の開眼供養に向けて、みんな綺麗で頑張って枯れないでね。」と話しかけていた。何故だか火葬依頼は一件も入らず、納骨堂のお花達みんなが今日の開眼供養で枯れずに綺麗に咲き、とても役に立ってくれた。

植物に心があるとかは考えずに大人になったけど、幼い時は風に揺れる木を恐れ泣いたものだった。お花に囲まれるとなんだかパワーをもらえる気がするのは確かだ。死期が近づくとお花の美しさに心をひかれると聞いた事がある。私もいづれは土に帰る身。草木が成仏するという話をお上人がされていたが、歳を重ねるにつれ草木に近しい思いを抱くのだろうか。
Add a comment...

淡路ペット霊園・ペット火葬
いわゆる移動火葬ではありません。
50kg台のお子様まで固定火葬炉でおこないます。
永代供養は5000円。他社で火葬されたお子様は10,000円で出来ます。
小高い山から海の見える靜かで落ち着ける空気のきれいな霊園です。
ひとと同じような納得のいくお別れができます。
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded