Profile cover photo
Profile photo
Hirotoshi Furuya
1 follower
1 follower
About
Posts

Post has attachment
明けましておめでとうございます。
明けましておめでとうございます。 仕事が趣味、趣味が仕事の古屋です。ですので、年末年始もずっと仕事をし、時間が空けばFacebookで機材の新情報を探すという日々を過ごしていました。 そして、年始からマスタリングを行っていますが、導入から1ヶ月経過したKii Threeスピーカーについてレビューを書いてみました。 https://www.for-artist.com/blog/nikki/kii-audio-kii-tree%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%8B%E3%82%89%E5%B0%...
Add a comment...

Post has attachment
DMSC Musiker Awards 受賞。。。だからこそ考える、日本の音楽業界。
サウンド・プロデュース、マスタリングのクライアントであり担当アーティストであるドイツのDie Denkazが、本国でDMSC Musiker Awardsに輝きました。 今年彼らがレコード会社と契約し、そして第一弾としてマスタリングを担当させて頂いた”Pfusch am Bau"がヨーロッパチャート7位にランクインし、そしてそのままの勢いでアワードの受賞となりました。 今年の頭に立てた”ヨーロッパでのアワード受賞”というものが現実になり、しかも自分が得意と思えないようなジャンルのマスタリングを担当しての快挙で...
Add a comment...

Post has attachment
elysia alpha compressor 到着
皆様こんにちは。 今日は King of Compressor 、elysiaのalpha compressorを扱います。遂に到着したこの機材ですが、やはりelysiaの本社で1時間ほど触ったくらいではその良さは分かっていませんでした。加えて自らのスタジオですと、様々な機材と比較もしやすいため、何故 alpha compressor なのか?という部分についても、研究が進められるので非常に有用です。 さて、そのalpha compressorの素晴らしさは、 未来感覚溢れる外観からも感じ取ることが出来ますが...
elysia alpha compressor 到着
elysia alpha compressor 到着
hirotoshi-furuya.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
僕がアビーロードスタジオとスターリングスタジオに競り勝てた理由
  皆様こんにちは。 さて、今回は少し挑戦的な題名で始めさせて頂くブログですが、やっと解禁できる内容でも有るので、思い切った題名にさせて頂きました。 上の動画は、ドイツにおける2018ワールドカップの公式曲で、僕がマスタリングを担当しました。元々は演奏しているアーティストの楽曲を担当させてもらい、今年の5月にヨーロッパチャートで7位を獲得し、その付き合いの延長線上で声をかけてもらったという仕事でした。 このDie Denkazというドイツの二人組における「German Rap」というスタイルの楽曲は、グループ...
Add a comment...

Post has attachment
世界と日本の音色の違い
皆様こんにちは。 常に環境は変化しますが、更に最近は刺激の多い毎日で、私自身も大きく夢を育むことが出来ています。 さて、そんな毎日の中ですが、機材や音作りに関するご質問を多々頂戴しますので、今回のブログ記事に交えましてご回答をしていきたいと思います。 今回は、音作りにおける『耳』をどう養うのか?という箇所に照準を当ててみたいと思います。機材を導入する折、またその導入した機材をどういう方向性で扱っていくのか?もしくはそもそも自らのスタジオ内で、どういう音を目指すのか?目指した先に、更に求められるものは何なのか?...
世界と日本の音色の違い
世界と日本の音色の違い
hirotoshi-furuya.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
新しいマスタリングチェインとデジタル環境
やっと形になったマスタリング・チェインの一部 新しいマスタリングチェインが、一部完成しました。 今までも、そしてこれからもそうですが、基本的に僕の姿勢というものは、最先端の技術を追い求め、そして常に更新される新たなサウンドを作り込んで行くことに違いないかと思います。そうした姿勢の中で、機材構築をしていくことも、そのエンジニアのセンスと才能がと最も表現されるところでもあり、その手腕如何で次のステージに進むことが出来るか否かを問われる部分でもあります。音色のベースを何処に置き、そして自らの感性と技術をどういう形で...
Add a comment...

Post has attachment
SPL マスタリングコンソールと共にルーターを発表。
SPLの快進撃が止まりません。 マスタリングコンソールであるDMCを発表した折には、その構想自体を1年前には聞かされており、そして昨年の11月には実機を触る機会も与えられました。その折に思ったことは、新しい機能は追加されているけれども、これであればMaselecの方が上であると感じました。唯一勝るとすればSPLの音でしょうが、幾重にも機材を使い分けるマスタリングエンジニアたちに、音だけで勝負するのは難しいのではないかな・・・などと感じたものです。欲しい機能は圧倒的にMaselecにインストールされており、特に...
Add a comment...

Post has attachment
SPL社がニューリリースした、150dBのダイナミックレンジを誇るマイクプリアンプCrescendoを導入
皆様こんにちは。音楽業界は繁忙期を迎え、物凄く多忙な日々を過ごしております。ヨーロッパに11月終わりに行くはずでしたが、忙しすぎて延期となりました。 しかし、その忙しさを心の底から楽しんでいます。趣味が仕事、仕事が趣味の身ですので、クライアントから音について相談され、それを様々な視点からプロデュースして、最終的には現実の世界に理想の音を持ってくるという作業は、いくらやっても終わりのない世界ですし、僕の天職だと感じています。 僕の場合は日本でエンジニアリングは習っていないし、欧米メーカーと直接のエンドーサー契約...
Add a comment...

Post has attachment
Bettermaker Mastering EQ
皆様こんにちは。 さて、最近はライブレコーディングの部門が立ち上がり、本格的に会場でのレコーディングがスタートしたことで、そちら寄りの機材を相当数導入しています。 そんな合間を縫って、何とか導入できたのがBettermakerがリリースしてきた、Mastering EQです。232P MKⅡで既に実績のある同社ですが、CEOのMarekから聞かされていた、そのフィロソフィーたるやかなりのものでしたので、僕としては大いに期待値を膨らませてこの機材の到着を待っていました。 既に幾つかの作品で使用してみましたが、溜...
Bettermaker Mastering EQ
Bettermaker Mastering EQ
hirotoshi-furuya.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
SPLがリリースしたばかりの Crescendo (マイクプリアンプ)導入
皆様こんにちは。 ブログを再開しまして、意外と皆様から反応を頂戴した次第でして、とても元気が出ました。やはり読んでいて下さる皆様あってのブログですので、こうした発信の場はとても大切だと感じていますし、今後のビジョンを明確化していく意味でも良い場だと改めて認識を新たにいたしました。 さて、ドイツのSPL社がUSで開催されていたAESショーに合わせて、新しくリリースした機材を、早速にうちのスタジオでは運用が始まりました。昨週の真ん中に受け取ったので、正にAESショーのど真ん中で運用が開始できたことは、正にエンドー...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded