今月に入ってから「このファイルを開く方法を選んでください」というポップアップが頻繁に出るようになった。(詳細は下記ページ)
https://plus.google.com/u/0/107527620186812837918/posts/L9cGqjiyqeE

 いろいろやったが解決せずに半ば諦めていたのだが、ふとしたことがきっかけであっさり解決した。

 タスク スケジューラのライブラリーを眺めていると、今月になって登録したスクリプトの存在に気付いた。「empty.exe」を30分おきに繰り返すスクリプトである。
 少しだけ嫌な予感がしたのでスクリプトを「実行」してみると、「このファイルを開く方法を選んでください」というポップアップが出た。これだ…

 調べたところ、タスク スケジューラの不具合ということが判明した。
 下記ページの指示に従い、「スクリプト ファイルを、スペースを含まないパスに配置」したところ解決。
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3046977

 タスク スケジューラへの登録時にスクリプトを「実行」して、確認しなかった自分のミスである。

 下記サイトを参考に「empty.exe」を定期的に繰り返すスクリプトを登録したのだが、「C:\Program Files\empty\」という半角空白を含むパスに置いたのが敗因だった。
http://jutememo.blogspot.jp/2012/01/blog-post_10.html

 それにしても、パスに半角空白を含むのがNGって非常に困る。
Shared publicly