Profile cover photo
Profile photo
ゲッカンタカハシゴー
15 followers -
雑誌「ゲッカンタカハシゴー」
雑誌「ゲッカンタカハシゴー」

15 followers
About
Posts

Post has attachment
二輪免許制度および原付の速度規制に関する警察庁への20の質問と回答
「ゲッカンタカハシゴー」第3ゴー(2015年7月24日発売)で、「2020年にはバイク国内販売100万台」という業界目標を打ち上げている経済産業省に対し、その実現可能性についてインタビュー取材した。2015年6月当時、経産省としては「思うように進んでいない」とのことだったが、その大きな障害と捉えているのは、主に若年新規層の取り込みに際して重要となる、小排気量車の二輪免許制度や規制のあり方だった。 簡単に言ってしまえば、「安い小型二輪車があっても、免許を取りづらいから若い人たちがバイクに乗ろうとしない。原付があ...
Add a comment...

Post has attachment
第4ゴー、3月24日発売です。そして当ページ更新当面休止のお知らせ。
今頃、大日本印刷の精鋭たちが「ったく! 入稿遅ぇんだよ!!」とブーブー言いながらも、素晴らしい速さとクオリティで全力で印刷してくださっていることと思います。そのおかげさまを持ちまして、予定通り3月24日(水)に発売の運びとなりました。 一見過激なタイトルですが、自分たちなりのバイク愛でじっくり煮込んだ1冊になっていると思います。現時点ではオレは通しで読んでいませんが、きっと。間違いなく。 ところでこのブログ、ずいぶん長いこと放置してしまいました。しかも今後もさらに長いこと放置するものと思われます。 だってさ、...
Add a comment...

Post has attachment
第4ゴー、ノロノロと始動
第4ゴー、ノロノロと始動しています。企画も台割(雑誌の設計図)もありませんが、僕たちにはエネルギーがあって、その放散の方向性が概ね見えてきました。真っ赤な溶岩がドロドロと流れ始めた感じかな。こいつを冷やしながら、形を整えていきます。熱くてつらくてやっかいで、だから楽しみです。 つい今しがた、そう ツイート しました。 現状、ご報告できるような「形になっている何か」はありませんが、形にしていく意志はかなり強固なものがあります。 というのは、僕たちはバイクという乗り物に対して、バイクという乗り物を作っている人たち...
Add a comment...

Post has attachment
第4ゴー刊行決定
出るのか! 出ないのか!! ハッキリしないことにかけては天下一品のゲッカンタカハシゴー。「どこが『ゲッカン』なんだ!」という以前の問題として、そもそも不定期刊行というあやふやさです。今風に言うなら、ゆるふわ? そういえばファミレス編集会議において、加藤編集長もオレもなかなかメニューが決まりません。ピンポーンと呼び鈴を押し、店員さんに注文を取りに来てもらっておいて、「あ、いや、ちょっと待ってください。コッチもいいなぁ……。やっぱソッチもいいね……」などと忙しい店員さんをお待たせすることもザラです。 しかし先日、...
Add a comment...

Post has attachment
第3ゴー告知&内容紹介&次号について
ゲッカンの原稿を書き終えてヘロヘロになったところで外ロケが続き、そのまま 鈴鹿サーキット に幽閉され、 鈴鹿8耐 終了後も取材続きで、水曜からはちょっくら渡英と、世の中の動きから完全に途絶しています。皆さんお元気でしょうか?「ゲッカンタカハシゴー・第3ゴー」、いまだに自分の手で実物を持っておらず、本当に実在するのか実感が持てません。 でも、ありがたいことに何人かの方が「買ったよ〜」「読んだよ〜」と ツイッター などで報告してくださったので、どうやら第3ゴーは無事7月24日(金)に発売されたようです。ありがとう...
Add a comment...

Post has attachment
第3ゴー制作完了
「バイクに乗っている限り、いつ、何が起こるか分からない。あなたがどんなに万全の備えを施し、細心の注意を払いながらライディングしていても、ドン! 突然の出来事はいつでも起こり得るのだ。  予期せぬ出来事に直面しても、決して諦めてはいけない。ギリギリの瞬間まで持てる技能と精神力をフルに発揮して、どうにか自分を生かすために、もがかなければいけない」 (第3ゴー「魂のライテク」より) 第3ゴーの制作が終わりました。〆切を越えて大日本印刷の皆さんをお待たせし、さらにギリギリの線を越え、崖から足を踏み外しかけたところ、だ...
Add a comment...

Post has attachment
ガスト7時間半耐久編集会議レポート
6月18日19時30分、小雨舞う埼玉県入間市内にてスタートした“真梅雨の祭典”ガスト7時間半耐久編集会議は、翌19日3時、無事にチェッカーフラッグが振られた。 今回のガス耐には、「ゲッカンタカハシゴー」加藤裕編集長と、ライターの高橋剛が参戦。「ゲッカンタカハシゴー・第3ゴー」の特集テーマに沿いながら、バイクの魅力や面白さについて延々と語りまくった。 ガス耐の話題は、98%バイクについて。 「バイクって、つくづくバッカみてえでくだらねえ乗り物だよねー」 「やっぱ何だかんだ言って危ないしさー」 「だから面白いし、...
Add a comment...

Post has attachment
第3ゴー第1回編集会議、異例の早期開催
第2ゴーが発売されて2週間半。早くも第3ゴーの第1回 編集会議が埼玉県入間市内のガストにて秘密裏に敢行され ました。 出足が著しく遅いことで知られるゲッカンタカハシゴー編 集部としては異例な、極めて早いタイミングでの会議。「 またしてもよからぬコトを画策しているのではないか」と 、関係省庁は警戒を強めています。 GTG編集部の狙いは、ドリンクバー。加藤裕編集長とラ イター高橋剛は、ココア、メロンソーダ、コーラ、コーヒ ーなどをたんまり飲みながら、第2ゴーの反省と、来るべ き第3ゴーに向けての方向性の確認を行っ...
Add a comment...

Post has attachment
ゲッカンタカハシゴ−、本日奇跡の第2ゴー発売!
第1ゴーで早くも休刊かと危惧された「ゲッカンタカハシゴー」の第2ゴーが、本日(4月24日)発売された模様です。信じられない……。近所に本屋さんがないからまだ目視してないし、信じてないでおこう。壮大なドッキリかもしれない。最終的に加藤編集長がオレの前にひざまづいて「コレ……」と指輪を渡してくれるかもしれない。そしてオレは「オーマイガー、オーマイガー!」と泣き崩れながらそれを受け取るんだ。 特集タイトルは「バカを馬鹿にすんなよ」。表紙からして相当バカです。 第1ゴーでもケニー・ロバーツ御大を題材に遊びまくってくれ...
Add a comment...

Post has attachment
RC213V-Sプロトタイプを見た
ついにこの日が来てしまった。私は、あまりにバッテリーの持ちが悪くなってきたのでそろそろ買い換えたい iPhone5 を持ったまま、しばし呆然としていた。画面には「加藤裕」の名と、通話終了の赤いボタン。その赤丸は、私にとって赤信号の点灯そのものであった。 ゲッカンタカハシゴーの加藤編集長からの電話は、いつになく短かった(普段はすげえ長い)。しかし、短いだけに破壊力があり、とりつく島はなかった。 「プルルル、あ、ごう? ゲッカンタカハシゴーのブログ、次いつ書くつもり?」 「へ? あ、いや、何にも考えてませんでした...
RC213V-Sプロトタイプを見た
RC213V-Sプロトタイプを見た
gekkan-takahashi-go.blogspot.com
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded