Profile cover photo
Profile photo
平尾善保
4 followers -
日本とネパールのパルパを心で繋ぎます
日本とネパールのパルパを心で繋ぎます

4 followers
About
Posts

Post has attachment
ゴルカの学校視察
2015年4月のネパール・ゴルカ地震によって、震源地ゴルカの建物は壊滅的な被害を受けました。ゴルカはOKバジさんの所に出かけるときに雇った日本語ガイドのBB(右写真)の家族が住む場所でした。 地震の直後、BBと連絡が取れなくて心配しましたが、家は建物がひとつダメになってしまったのももの、誰も怪我をすることもなく無事だったと後から分かりました。その時の彼の「亡くなってしまった人達も、自分だけが残されてしまった人達もいるんだから。」という言葉が印象的でした。 自分自身も地域へのボランティア活動をしていた彼は、観光...
ゴルカの学校視察
ゴルカの学校視察
dzenjapan.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
ネパール地震の震源地 ゴルカへの道
ゴルカ出身のガイドのBBに会うために地震の震源地だったゴルカへ向かいました。こんな風にみんなで食事をすると外国人が払うのが当たり前にされることが多いのですが、BBは自分で払いました。 私の横がBB、その前が隣村出身のドライバーさん、私の前がBBと同じ村のBBの友達です。 出発前に記念写真です。BBが何を言ったのか言わないのか、みんなまだ緊張してますね。 道すがらのお店です。ごく一般的なネパールの山間部の店の感じです。 BBが自分の家族にお土産を買っています。ここはみかんが名物の地域だそうです。 ネパールの人も...
Add a comment...

Post has attachment
ゴルカの学校視察
2015年4月のネパール・ゴルカ地震によって、震源地ゴルカの建物は壊滅的な被害を受けました。ゴルカはOKバジさんの所に出かけるときに雇った日本語ガイドのBB(右写真)の家族が住む場所でした。 地震の直後、BBと連絡が取れなくて心配しましたが、家は建物がひとつダメになってしまったのももの、誰も怪我をすることもなく無事だったと後から分かりました。その時の彼の「亡くなってしまった人達も、自分だけが残されてしまった人達もいるんだから。」という言葉が印象的でした。 自分自身も地域へのボランティア活動をしていた彼は、観光...
ゴルカの学校視察
ゴルカの学校視察
dzenjapan.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
山の中のコンピューター教室
 OKセンターの朝です。 右は昨日修理したタイヤです。チューブレスと書いてはありますが、中にしっかりチューブが見えます。σ(^_^;) 村に到着すると、既に生徒や村の人達が集まっています。 山の頂上に切り開いた土地に立つ学校です。バレーボールのコートも作られています。 よく、貧しい国ではボールひとつでできるサッカーが盛んだと言われます。確かにサッカーはボールひとつでできるのですが、山間部の平らな土地がほとんどない場所ではなかなか楽しむことができません。その点、バレーボールは校庭の写真にあるように、ポールが2本...
Add a comment...

Post has attachment
ネパール地震の震源地 ゴルカへの道
ゴルカ出身のガイドのBBに会うために地震の震源地だったゴルカへ向かいました。こんな風にみんなで食事をすると外国人が払うのが当たり前にされることが多いのですが、BBは自分で払いました。 私の横がBB、その前が隣村出身のドライバーさん、私の前がBBと同じ村のBBの友達です。 出発前に記念写真です。BBが何を言ったのか言わないのか、みんなまだ緊張してますね。 道すがらのお店です。ごく一般的なネパールの山間部の店の感じです。 BBが自分の家族にお土産を買っています。ここはみかんが名物の地域だそうです。 ネパールの人も...
Add a comment...

Post has attachment
ネパール地震の震源地 ゴルカへの道
ゴルカ出身のガイドのBBに会うために地震の震源地だったゴルカへ向かいました。こんな風にみんなで食事をすると外国人が払うのが当たり前にされることが多いのですが、BBは自分で払いました。 私の横がBB、その前が隣村出身のドライバーさん、私の前がBBと同じ村のBBの友達です。 出発前に記念写真です。BBが何を言ったのか言わないのか、みんなまだ緊張してますね。 道すがらのお店です。ごく一般的なネパールの山間部の店の感じです。 BBが自分の家族にお土産を買っています。ここはみかんが名物の地域だそうです。 ネパールの人も...
Add a comment...

Post has attachment
2017 タンセン巨大水場改修
2015年のネパール地震で、パルパ県の県都タンセンの水場が壊れてしまいました。 1400㍑の水をためることのできる水場で、約250世帯(1000人以上)の住民に水を供給していた水場でした。 しかし、団体の名前で新たに水場を作ってくれるボランティア団体はあるものの、修理にお金を出してくれる団体はほとんどありません。特に大きな水場で修理費が大きな金額になると。 自分たちの活動の証として自分達が作ったんだという形で名前を刻みたい気持ちは分かりますね。でも、実際には住民はかなり困っていたんです。そこで、私達は震災の義...
Add a comment...

Post has attachment
ネパール震災 パルパ県サハルコット郡スケコット村の現状
5月のスケコット村の現状です。 一番左がOKバジさんです。 ネパールの田舎ではほとんどの家が日干しレンガでできています。 私達は学校を作るときには、基本を鉄筋コンクリートで平らな屋根の校舎を造ります。 生徒が増えて、後から二階部分を増築するのにお金が掛からないようにするためです。 当然地震には強いのですが、数校の鉄筋校舎にはヒビが入ってしまったということでした。 幸い私達が建てた5校の校舎にはひとつもヒビの入ったものはありませんでした。 しかし、農民達に鉄筋コンクリートで家を造るほどの金銭的な余裕はなく、ほぼ...
Add a comment...

Post has attachment
校舎引き渡し    2015 ポカラ~カトマンズ
グドゥワコーラでバジさんと別れ、ビビと私はポカラへ。 バジさんは次のボランティア団体の方達を案内するため、タンセンに戻りました。村の人がモーターサイクルで送ってくれるので、私達がジープでお送りするより、その方が早く着くのです。 ポカラに到着すると夕方でした。 到着が予定より一日早くなり、宿を頼んでありませんでしたから、ビビの知り合いのホテルへ。でも、このホテルがなんとも居心地の良いホテルなんです。しかも、私は屋上階の最も良い部屋へ入れて貰えたので快適です。シャワーもいつでも温かいお湯が出ました。 朝起きてみる...
Add a comment...

Post has attachment
校舎引き渡し    2015 タンセン~グドゥワコーラ
 私達 D.ZEN Japanには、M基金とK基金という2つの基金があります。 これは、The Pipe をご覧くださったMさんとKさんが出資してくださった基金で、女子の高等教育を支援するものです。 大学への進学を志していても、女の子の授業料を出してくれる親はそう多くはいません。ネパールは男尊女卑の激しい国で、実は女性の平均寿命が男性の平均寿命を超すのも世界で最も遅かったくらいなのです。それに、授業料は下手をすると農民1人の年収に近かったりします。 こんな国だからこそ、これから女性がもっともっと社会の前面に出...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded