Profile cover photo
Profile photo
木全哲
2 followers
2 followers
About
Posts

Post has attachment
動画にメッセージを追加する

Post has attachment

Post has attachment
年の瀬のFM三重
明けましておめでとうございます。 旧年中、若松プロを支えてくださったみなさま、ありがとうございました。 本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。 さて、年の瀬のFM三重では、2年前の三重県尾鷲市のロケでお世話になった 東紀州フィルムコミッション(当時)の田上孔基さんが出演。 撮影中のあれこれをお話してくださいました。 http://www.fmmie.jp/program/ready/ その模様が、FM三重のサイトにアップされています。 ロケ現場というのは、本当に刹那的で、1つ1つのシーンの撮影が終われば ...

Post has attachment
今年最後の「千年の愉楽」奄美にて
若松孝二の一周忌も終わり、 若松監督の女房役だったカメラマンの辻さんの 初プロデュース作品「かなたの子」がWOWOWで始まり、 若松組の俳優たちも、テレビドラマに舞台に映画に活躍を続け、 新たな作品が次々と世の中の「オギャー」と生まれ、 あるいは、過去の作品との新たな出会いも次々生まれて そうして、月日は流れている。 若松監督のよき理解者であり 小粒の山椒のような味わいを加えてくれる出演者であり ささやかな酒を酌み交わす仲間であった ゲージツ家KUMAさんこと篠原勝之さんが 若松監督と北海道を旅した記憶を辿っ...

Post has attachment
影訊~Festival News~!香港国際映画祭3日目
影訊~Festival News~!香港国際映画祭3日目     香港国際映画祭が発行している、「影訊 Festival News vol.4」に「キャタピラー」が大々的に取り上げられました! 記事のタイトルは「再度来港若松大受歓迎~Wakamatsu Koji's Rapturous Return」です。 このFestival Newsは開催から既に3号が発行されていますが、「キャタピラー」はQ&Aがあった翌朝発行号に掲載されており、早速熱気あふれるQ&Aの様子が詳しくレポートされています。  本日3日は「...

Post has attachment
20日 第60回ベルリン映画祭授賞式
20日、第60回ベルリン映画祭授賞式が行なわれました。 会場は、プレミア上映が行なわれたのと同じBerlinale Palasです。 取材陣、招待客、会場は多くの人であふれ、これから始まる授賞式に期待と興奮で熱気にあふれかえっていました。 19時すぎ、いよいよ授賞式がはじまりました。 ヴェルナー・ヘルツォーク審査委員長を始め、審査員の方々、発表を待つコンペティション部門の監督、俳優、関係者。司会の方が登場し、いよいよ各賞の発表です。会場は一気に緊張につつまれました。 脚本賞、芸術貢献賞、最優秀男優賞と発表され...

Post has attachment
日本映画ペンクラブ試写会
日本映画ペンクラブで、「キャタピラー」の試写が行われました。日本映画ペンクラブは日本の映画評論家、映画記者の方が所属している団体です。 試写会は、補助席も埋まってしまうほどの大盛況でした。上映後には、若松監督が登壇し、挨拶に続きQ&Aが行われました。 撮影から編集、配給まで自分でやるバイタリティー溢れる監督に、「製作資金以外で、一番苦労された事は何ですか?」との質問がありました。監督「撮影中のカエルの鳴き声」とのは意外な答えに、会場は笑いに包まれました。というのも、春先の田圃にはカエルの大合唱が響き渡っており...

Post has attachment
若松監督、パリへ!~FESTIVAL PARIS CINEMA~
若松監督がフランスで開催される、パリシネマの為、7/1にフランスに旅立ちました。 今回のパリシネマでは、「キャタピラー」の他に、若松監督の旧作が上映されます。4日には講演会、そして5日に「キャタピラー」の上映が行われます。  監督の渡仏に先駆け、フランスの大手日刊紙「リベラシオン」ではパリシネマに若松監督が招待されたという記事が大きく掲載されました。 若松監督の旧作、そして「キャタピラー」がフランスの観客の方にどのように受け止められるのか、とても楽しみです。 パリシネマHP http://www.parisc...

Post has attachment
ボランティアのエキストラ募集します!
いよいよ、クランクインへのカウントダウンです。 この秋(11月頃)、関東の山での撮影に出演してくれる エキストラのボランティアさんを募集します。 11月のどこかの週末の1日を使います。 新宿集合、新宿解散の予定です。 学生役:20〜30代の男女 刑事役:20代以上50歳以下の男性 それぞれ数十名を募集しています。 私たちと一緒に、若松監督の「実録・連合赤軍」の制作に関わってみませんか。 関心のある方は、このサイトの メールフォームで、ご連絡先をお知らせください。 詳細が決まりましたら、ご連絡させて頂きます。 ...

Post has attachment
ロケ・セット
11月13日  午前7時、東京・代々木発。快晴。 今日は移動日。監督やスタッフなどが、何人かのグループでバラバラに出発した。高速道路から望む富士山が美しい。 若松監督は、何度も通い慣れた道をひたすら北へ走る。目的地は、宮城県・鬼首(おにこうべ)。その昔、坂上田村麻呂が蝦夷征伐したとき、首をはねられた鬼の首が飛んできた、と言い伝えられる秋田県の県境に近い山里だ。  監督が運転する車が鳴子温泉に近づいたとき、空に虹が現れた。さい先が良い。その後、平成の大合併で大崎市になった旧鳴子町の役場で打ち合わせ。   鬼首の...
Wait while more posts are being loaded