Profile cover photo
Profile photo
西原隆
12 followers
12 followers
About
Posts

Post has attachment
**
TOCは色んな場面で使われるようになり広がっているのは嬉しい。それにたいして、間違っているとか、細かい事を、ごちゃごちゃ言う人は老害で、そんな人をみると嫌になる。ゴールを達成できるならなんでも取り入れたらいんじゃないの。と思いここまでやっている。 けど、たまにどうしても嫌だと思ってしまうことがある。いらっとしてしまうのは 「儲け続けるためにはリストラをしてはならない」というゴールドラットのメッセージというか、信念というか、ゴールを覆してしまうような話し。 この達成困難なゴールを達成するために全てのTOCのツー...

Post has attachment
英語学習の近道
Facebookに書くようになってブログをさっぱり更新しなくなってしまったが、英語学習1年を迎えたのでちょっと書いてみる。 英語学習3ヶ月でのワシントンDCプレゼンは、言いたいことをペラペラに話す事ができ成功したといえる。が、質疑応答はさっぱりわからず。また、他の人がやっているワークショップに参加すると、私の方がもうちょっとうまいような気がしたので、次は英語でワークショップをする事を目標に英語学習を続けている。 本格的に英語学習を始めて1年を経過した。いままで30冊を超える書籍を使って英語学習をしてきたが、か...

Post has attachment

Post has attachment
英語学習一夜漬け方法(3か月でぺらぺらになるぞ)
英語学習一夜漬け。 6月10日ワシントンDCでの発表まであと1ヶ月 学習法色々工夫しているのですが、ここにまとめて晒してみます。 実際に今やっているのは、下記をGoogleネクサス読み上げ機能を使っての学習です。 下記、全く校正していないので長文・乱文ですが、なぜこれらを選んだのか書いておきます。 一応リーン製品開発の進め方みたく書いてみました。   1,英語のリズム練習  20日間で英語の頭に変わる本 中田 憲三 (著)  2,子音と母音 発音練習 UDA式30音でもっと話せる英会話―発音と表現力が同時に急...

Post has attachment
変化への6段階の抵抗6layer buy-in processes
ジョナコースを受けたときは、相当大変でした。ジョナコースとは自分の抱えるテーマについて、ザ・ゴール2TOC思考プロセスで書かれている5種類の図を順次教えてもらい、図を作っていく戦略立案実践コース。私が受けた2004年は、 講師はイレーンフロスト、受講生はお歴々ばかり。私は 入社したてでジョナコースの事務局を兼ねての受講。 コース中自分のテーマに関する図をつくり、1日が終わると毎日食事の場をセットして飲み会。これを連続で8日間実施しました。 私の抱えているテーマに関して図を作っていくと、イレーンフロストに指摘さ...

Post has attachment
アキレス最後の戦い「アジャイル/スクラムvsTOC/CCPM」
最近twitterやFacebookをみていると、CCPMとアジャイルについて議論しているのを見かけますが、 自分の書いている物を引用しているものもあるのでTOC/CCPMについて自分のやってきたことと、アジャイルについて自分が思うことだらだら書いてみます。乱文失礼 今の会社に入った2002年からCCPMのインプリメントを10年やってきました。海外の方から色々教えてもらって、現場で指導してきたのですが、結構大変でした。CCPMの計画の立て方は入念に教わったのですが、私の行く大規模開発環境だと、計画を立てている...

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment
SPIN問題点
ニールラッカム「SPIN式販売戦略」 本ブログに従来から言われている5つの重要場面にたいてい ニールラッカムがどのように考えているかを紹介しました。 非常に説得力のある話しばかりであり、実際の導入事例についても詳細に書かれています。 このようにSPIN式販売戦略は非常に参考...

Post has attachment
Wait while more posts are being loaded