Profile cover photo
Profile photo
Norikazu Yamaguchi
77 followers -
ソーシャル、グローバル、異業種コラボを提唱する音楽プロデューサーです!
ソーシャル、グローバル、異業種コラボを提唱する音楽プロデューサーです!

77 followers
About
Communities and Collections
View all
Posts

Post has attachment
3大メジャーレーベルとMerlinとTuneCoreと〜グローバル視点で音楽ビジネスを俯瞰すると〜
 久しぶりの更新になってしまった。このブログはエンターテック領域を中心に自分が私的に関心をもったトピックを、個人的に書くことにしているので、気楽に書けるはずなのだけれど、責任や締切が無いとなかなか手が付かないものだなと思う。  今日書くことは、半年くらい前から思っていることなので、このタイミングで一旦まとめておこうと思う。   これからのアーティスト、マネージメント、レーベルマネージャーの活動領域、パートナーの組み方に関するビジョンの持ち方にかんする一般論だ。  まず、前提として確認したいことは、音楽ビジネス...
Add a comment...

Post has attachment
「コライトやろうぜ!」と呼びかける理由〜クリエイターが主役の時代に〜タワークリエイティブアカデミーへの期待
 「 音楽業界の感覚を持ち込んだ超実践的なプロ作曲家育成」というテーマで山口ゼミ を始めたのは、2013年1月だからもう5年半になる。今は第21期生で受講生はのべで378人だ。女性比率は3割強、年齢も職業も住んでいるところも本当に多種多様な人たちが集まり、それが強いコミュニティになっているのに驚いている。受講生が仲良くなるのは、副塾長伊藤涼の厳しい指導に耐える「仲間意識」とともに、コーライティングを提唱し、上級コース「山口ゼミexntended」でコーライティングで良い作品を創るためのマインドセットと方法を伝...
Add a comment...

Post has attachment
そろそろ2020年代の音楽の姿をCarve outしよう〜MUSIC HACK DAY TOKYO2018で感じたこと
 日本では 3 年ぶりとなった MUSIC HACK DAY TOKYO2018 をオーガナイズした。音楽好きのエンジニア、デザイナー、そしてテクノロジーに敏感な音楽家などから定員を大きく超える応募があって、申し訳なかったけれど、抽選で絞らざるを得なかった。 MHDTokyo2018発表会の様子   2月2日金曜日 の前夜祭は、海外事情に精通した鈴木貴歩さんにエンターテックの最新状況をセミナーしてもらった後、 DJ 付きでの懇親会。  3日朝からはレコチョクと朝日新聞メディアラボの2会場を使って、音楽のリデザ...
Add a comment...

Post has attachment
Z世代に捧げる2021年以降の日本人のサバイバル術〜デジタル音痴なオトナに騙されないで!
 作秋は自分が主宰するセミナー以外に依頼された講座が7つあった。テーマは音楽ビジネスに関するものだったので、自分の中の引き出し、これまで用意した資料のアレンジで対応するつもりだった。著書の出版依頼「講演の依頼は原則全部受ける」と決めている今の僕は、スケジュール以外のことは深くは考えずに受けている。2週間位前から、資料作りをはじめるのだけれど、一つだけ困った公演があった。順天高校のGlobal Weekという講座だった。  これまでの僕は、既存の音楽ビジネスで頭が固くなった人をほぐすような話をする場面が多かった...
Add a comment...

Post has attachment
独断的音楽ビジネス予測2018:犬は吠えてもデジタルは進む、メゲずに吠えるぜ!
 全然勤勉ではないこのブログだけれど、2012年から毎年元旦に、音楽ビジネスの予測を書いてきた。毎年PVも高く、ご意見なども伺うので、励みになって続けている。  昨年は、1年間の予測は意味が無いと書いた。世界的に音楽、エンタメビジネスのトレンドは7年くらい先までは明確で、周回遅れで走っている感じの日本は、五輪景気に甘えて、構造的な変化が遅れるけれど、方向は同じ。世界のトレンドの後を、ゆっくり追いかけていくことになると思ったからだ。この予測については1年経って、確信を深めるばかりだ。   昨年の元旦のブログ で...
Add a comment...

Post has attachment
アジアデジタルアート大賞展で優秀賞受賞!〜メディアアートとエンターテックの間
 年末に嬉しい報せがあった。「 2017 アジアデジタルアート大賞展 FUKUOKA」 のインタラクティブ部門で優秀賞をいただいた。 TECHS2 で披露した 『 SHOSA/ 所作 〜a rebirth of humonbody』 という作品だ。    僕が生まれて初めてクリエイティブディレクターと表記された作品だ。 音楽プロデューサーとして長年活動してきた中で、「 エンターテック・エバンジェリスト」とも名乗るようになったのは自然な流れだった。日本の音楽業界がデジタル社会への変化に臆病で、業界的にも国際的に...
Add a comment...

Post has attachment
2017年音楽ビジネス重大ニュース〜EnterTech&Global篇〜
<2017年音楽ビジネス重大ニュース〜EnterTech&Global篇> 第1位)QQmusicの台頭〜中国音楽マーケットの「出現」 第2位)Spotifyがブロックチェーン会社を買収。AppleはSHAZAMを傘下に。 第3位)チャンス・ザ・ラッパーのグラミー賞受賞 第4位)スマートスピーカー各社発売 第5位)アリアナ・グランデのコンサート会場でテロ、2週間後に追悼チャリティ・ライブ 圏外)ポストEDM広まる。海外と日本のトレンドのズレ 山口:2017年の重大ニュース。前回は日本の音楽業界ということでやっ...
Add a comment...

Post has attachment
2017年音楽業界 重大ニュース振返り
<2017年重大ニュース〜日本の音楽業界篇> 第1位)チケット二次流通問題、音楽業界の主張が認められる 第2位)SMAP解散、ジャニーズ脱退メンバーの活躍 第3位)安室奈美恵引退+初週ミリオン達成 第4位)逃げ恥・恋ダンス現象 第5位)AbemaTVが注目される 圏外)JASRACが音楽教室から著作権料徴収で物議を醸す 圏外)avexがブルーノ・マーズと契約   今年もブログはたまにしか書けずに、年末になってしまった。1年間の振り返りを、9月に僕が監修して、初の著作 『ミュージシャンが知っておくべきマネジメン...
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
書籍の著者になって良かったこと
 音楽の仕事を始めてもう30年近くなるけれど、自分が書籍を出版するようになんて思ってもいなかった。インターネット上に本名と写真を晒して、日々発言するなんて15年前頃までは絶対に有り得なかった。実際mixi日記もブログもやってなかったし、自分の事務所のアーティストのメイキングのビデオや写真にも写り込まないように気をつけていた。裏方の美学みたいなものもあったし、単純に自意識過剰で恥ずかしがり屋なので、避けていた。  だから、2010年1月からTwitterを始めたことは、人生の最大の事件だった。多分、1月の2日か...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded