Profile cover photo
Profile photo
IVA ビザサービス/ IVA Visa Service
1 follower
1 follower
About
Posts

Post has attachment
《移民法 最新ニュース》
2016年1月より移民法ルールが更新されています。
また今後も変更が予定されています!
主な変更点は以下になります。
1)英国登録旅行者(Registered Traveller)制度が再開
2)2016年4月までに英国ビザ申請料金が変更されます
3)Biometric Resident Permit (BRP)を紛失した場合
4)Tier4ビザ申請(英国内)のオンライン申請が簡素化されます
弊社HPをアップデートしましたので、ご参照ください。

Post has attachment
《移民法 最新ニュース》
2016年度Youth Mobility Scheme(YMS)は2016年1月に開始されます。日本国籍者の定員は1000名です。
申請が許可されると、英国に最長2年間滞在ができ、就労及び就学が可能です。
申請方法:
日本時間2016年1月11日(月)12時 (正午) から2016年1月13日(水)12時 (正午) の間に、EメールをYMS2016-APPOINTMENT@vfshelpline.com宛てに1通のみお送りください。
受付期間終了後に、1000名の申請者が無作為に選ばれます。選ばれた申請者には1月20日(水)に、申請可能通知、予約方法の詳細およびYouth Mobility Schemeビザ申請に必要な書類に関する2通目の自動返信Eメールが送られます。当選した場合のみ、この申請可能通知のEメールを受け取ることができます。
海外在住の日本国籍者も上記の方法でお申し込みください。当選した申請者は在住国での申請が可能です。
2016年度 Youth Mobility Schemeビザを英国内から申請することはできませんので予めご注意ください。
詳しい情報はこちらから↓

Post has attachment

Post has attachment
《移民法 最新ニュース・学生ビザ資金証明》
2015年11月12日より、Tier4学生ビザ資金証明の金額が変更されます。
2015年11月12日から
ロンドン市内:£1,265 per month ×滞在月数
ロンドン市外:£1,015 per month ×滞在月数
証明金額は一ヶ月約£200ポンドほど上がっていますので、9ヶ月以上のビザ申請(ロンドン市内)では約££11,385ポンドほどの証明金額が必要となります。
2015年11月12日以降に申請を予定されている方は、ご留意下さい。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
IVA ビザサービス
email: info@ivavisa.com
Tel: 0207 372 7551
http://www.ivavisa.com/poster01_news.php

Post has attachment
《移民法 ニュース》
英国ビザ申請に必要な英語能力証明テストの変更について
今年4月にUKBAから発表がありました通り、Home Office認定の英語力テスト機関が変更されています。

◎例えば、永住権申請者様の場合◎
英語力証明:ESOL International (Entry3, Preliminary) を保持。
2015年11月5日までは英国ビザ申請にESOL Certificateを使用できますが、11月5日以降にビザ申請される場合はご使用できません。
※11月5日以降にビザ申請をされる場合は、新たに英語テストを受けていただく必要がございます。

2015年11月5日から、以下のESOL試験結果を永住権や市民権申請の英語力証明としてご使用できないことをご留意ください。
● Cambridge English: Key
● Cambridge English: Preliminary
● Cambridge English: First
● Cambridge English: Advanced
● Cambridge English: Proficiency
● Cambridge English: Business Certificates
● Cambridge English: Legal
● Cambridge English: Financial
● Cambridge English: ESOL Skills for Life

※尚、こちらの変更はTier4学生ビザ(degree or higher level) には影響いたしません。
またビザ申請カテゴリ(市民権、永住権、婚姻ビザ、学生ビザ等)によっても必要な試験が異なりますので、ご留意下さい。

ビザ申請への英語力証明に関してご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

IVA ビザサービス
email: info@ivavisa.com
Tel: 0207 372 7551

Post has attachment
《移民法 最新ニュース》
英国に6ヶ月以上滞在する方へのビザプロセスの変更
(※2015年5月31日より変更されております。)

2015年5月31日以降、日本からの英国ビザ申請で、滞在が6ヶ月以上の非EEA国籍者に対して、滞在許可証「バイオメトリックレジデンスパーミット(BRPs)」が発行されています。6ヶ月以上の長期滞在の学生および就労者同様、英国内の家族に帯同する方にも適用されます。

2015年5月31日以降に申請者は、30日間の入国許可を記したステッカーがパスポートに貼られます。続いて英国に入国後10日以内に郵便局にてBRPを受領する必要があります。
ビザ申請に関してのご質問や不明な点がございましたらIVAビザサービスまでお問い合わせください。
Tel: 02++07 372 7551 /Email: info@ivavisa.com

Post has attachment
《移民法 最新ニュース》


Tier1投資家/起業家ビザ:犯罪歴検査の提出について

2015年9月1日より、イギリス国外からTier 1カテゴリ(投資家、起業家ビザ)に申請する場合は、事前に過去10年間の犯罪歴検査を受けその結果を申請書類とともに提出することが義務付けられました。

近年の英国ビザ移民法は頻繁に改正され、どんどん複雑化されておりますので最新の移民法を把握した上で申請を行うことがビザ取得の成功には不可欠です。

 ビザ申請に関してのご質問や不明な点がございましたらIVAビザサービスまでお問い合わせください。

Tel: 02++07 372 7551 /Email: info@ivavisa.com 


詳しい情報はこちらのウェブサイトをご確認ください。↓
http://www.ivavisa.com/

Post has attachment
《英国ビザ申請センター・大阪》
2015年9月1日以降、大阪のビザセンターを利用される申請者の方は、ビザ申請料金とは別途52ポンドの支払いが必要となります。課金は、2015年9月1日の午前0時以降(UK時間)に支払いを行う全ての申請が対象となり、 visa4ukウェブサイト内のビザ申請料支払い時にオンラインにてお支払いただきます。尚、ビザ申請料が免除となるビザを申請される方は、この52ポンドの支払いも免除となります。
visa4ukウェブサイト: https://www.visa4uk.fco.gov.uk/home/welcome

Post has attachment
《移民法 最新ニュース》
2015年8月より英国Tier4学生ビザルールが変更されます。
もうすでに8月初旬からルール変更されていますが、今後も変更されることが発表されています。主な点を下記にご紹介いたします。

2015年8月3日から
• 公立カレッジに通う学生は滞在中の労働禁止。以前は週10時間の労働許可が下りていましたが、こちらのルールは廃止。

• 大学に通う学生は同レベルでのNewコースの受講を許可されるが、Newコースが以前のコースとの繋がりがある場合、または大学側が新コースの受講で生徒のキャリアを強化できると確認した場合のみ可能。

2015年11月12日から

• Tier4学生ビザから英国内でTier2就労ビザやTier5ビザへの切り替えが禁止され、英国外からビザ申請が必要。

• 継続教育の受講できる期間がこれまでの3年から2年に削減。

移民法の変更に伴い今後も変更が予想されます。今回ご紹介したものもほんの一部になりますので、ビザ申請を予定されている方やご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
IVA ビザサービス
email: info@ivavisa.com
Tel: 0207 372 7551

Post has attachment
3月末にTelegraphで英国永住権申請が一度拒否された事に関してのニュースが取り上げられていましたので、ご紹介いたします。

こちらの日本人の方のケースは10年のロングレジデンスでのカテゴリーでの申請となり、その場合、現在の英国移民法において、『英国から合計540日間以上出国してはならない/年間180日以上英国を離れてはならない』という規定を満たす必要がございますが、こちらの方の様に規定に満たないというケースも多々ございます。
実際に弊社でも同様のケースをサポートいたしましたが、正当な理由を申請時にアピールしケースを有利的に進め、無事永住権を取得されたケースの成功例がございます。

ビザ取得が難しいと感じている方でも、諦めずにぜひ一度IVAビザサービスまでご相談ください。

Tel: 0207 372 7551
info@ivavisa.com
Wait while more posts are being loaded