Profile cover photo
Profile photo
宮本拓海
About
Posts

Post has attachment
Photo

Post has attachment
高井戸西の#photosphereのお知らせ

Post has attachment
Google+では東京タヌキ探検隊!と東京コウモリ探検隊!を分けていましたが、統一することにしました。
このページから下記ページに移行します。
今後もよろしくお願いします。

えー、今年は毎回報告していませんが、宮本のコウモリ探索は本格に敵に始まっています。5/3以降は以下の経路を歩きました。
・野川、成城→二子玉川
・神田川、秋葉原→隅田川合流点(気温が低くてコウモリは確認できず)
・目黒川、五反田→中目黒
・丸子川、二子玉川→矢沢川、等々力駅
とまあ、昨年行かなかった場所を中心に歩いております。

さて、今年も本格的なコウモリ探索シーズンの開始です。
昨日、まずは仙川を甲州街道から成城学園まで下りました。大半の区間でアブラコウモリを確認しました。
今年からはバットディテクターを持参していますが、コウモリの姿がはっきり確認できない暗い場所でも鳴き声(超音波)をはっきりととらえることができます。これは便利。
住宅地を歩いていてもバットディテクターは無反応ですが、川ではコウモリの超音波が鳴り響いています。
コウモリよりもうるさいのが鳴く昆虫。帰宅後に調べてみたらクビキリギスのようです。

来週は第6回ニコニコ学会βですが、宮本は参加しません。気がついたら募集締め切りを過ぎていたのでした…(T_T)。

Post has attachment
先日のKoozyt一日CAO就任について同社ブログに掲載されました。
麻布の二之橋でアブラコウモリ観察もできました。

アブラコウモリが活動する気温の下限は15度ぐらいだということは昨年の調査でわかりました。日没時に15度あればアブラコウモリが飛んでいる可能性があるわけです。
そこで観察のヒント。
その日の最高気温が20度以上の場合は、日没時の気温が15度以上となる確率はかなり高いようです。その日の天気予報を調べて、アブラコウモリが飛びそうかどうか前もって判断できるのです。もちろんお天気次第なので必ずしも目撃できるわけではありませんが。
なおこれは春の場合で、秋の場合は最高気温17度以上が目安になります。日没時刻が春と秋ではずれているため(秋の方が日没が早い)、このような差があるわけです。

Post has attachment
来週4/16にクウジット社で講演をします。詳細は下記リンクをご覧ください。昨年の第5回ニコニコ学会β「研究してみたマッドネス」でクウジット賞を受賞した記念講演です。
平日の午後なのでちょっと時間合わせが難しいと思いますが…。

私からも今年最初のアブラコウモリ目撃の報告です。
昨日2014年4月4日(金)、日没時刻過ぎに蚕糸の森公園(杉並区)でアブラコウモリ1頭を目撃しました。直前に雨がぱらついて、こりゃだめかと思ったのですが、雨がやんだらすぐに現れました。
気温は17.3度(気象庁発表のものなので千代田区の気温ですが)。「アブラコウモリが活動するのは15度以上」という目安の通りでした。
Wait while more posts are being loaded