Profile cover photo
Profile photo
くっくる
30 followers -
"ぼくは散歩と雑派がすき"
"ぼくは散歩と雑派がすき"

30 followers
About
くる's posts

Post has attachment
音楽ナードの好きなカレー屋10選 in 東京 (2017・年始バージョン) 前編
皆様、あけましておめでとうございます。お正月はいかがお過ごしでしょうか。 私はほぼ外出をしない完全なる寝正月と化しております。 そんな状態の中、何らかの成果物のようなものをひねり出さなければならない使命感に駆られまして、音楽記事ばかり書いていた私がついにカレーというジャンルに手を出すに至りました。 さて、カレーという食べ物は本当に奥が深いです。音楽と同じくらい深い。そもそもカレーという概念自体が割と曖昧で、その種類や風味、お店のタイプは多岐に渡ります。共通点はスパイスを使っているということくらいでしょうか。で...

Post has attachment
2016年を振り返って(前編)
みなさんいかがお過ごしでしょうか。2016年もあとちょっとで終わりですね。わたしはなかなか充実した1年を過ごしました。とりあえず年の瀬ということでエッセイ形式で個人的な1年を振り返ろうと思います。おお、なんだかすごくブログっぽい記事だ。しかしながら、書き始めたのが31日の午前2時というスタートの遅さもあり、年内に間に合いそうもありません。とりあえず途中まで書いたのでアップします。 1月~3月 ・当時の最寄り駅の船橋法典にインド・ネパール料理屋がオープンする。期待に胸を膨らませてオープン日に行ってみたら料理の提...

Post has attachment
ネオ・サイケデリアのパイオニア - Nick Nicely
皆さんいかがお過ごしですか。なんと9ヶ月ぶりのブログ更新です。ひどい有様ですね。 今回はネオ・サイケデリア界のパイオニアであり、カルト的存在である Nick Nicely をご紹介します。 言葉遊びのような若干ふざけた感じのアーティスト名ですが、実はAriel PinkがR. Stevie Mooreと並んでヒーローと崇めているミュージシャンなのです。しかし"nick nicely ariel pink"と検索しても日本のレコード屋のサイトしかヒットしないので真相は定かではありませんが。一応2008年にAri...

Post has attachment
23歳サラリーマンが選ぶ80年代洋楽ベストソング150
 みなさんいかがお過ごしですか。気づけばもう9月も下旬。4月からサラリーマンになってしまった私もすっかり生活に順応して社会の歯車と化しております。ブログの更新も久方ぶりになってしまったわけですが、今回は「23歳サラリーマンが選ぶ80年代洋楽ベストソング150」というテーマでお届けします。貴重なシルバーウィークを「80年代の楽曲をひたすら聴いてランキングを作る」という超インドアな行為に割いたことで「交友関係に乏しい音楽ナード」感が助長されてしまったのではないかという懸念もありますが、気にしない気にしない。  こ...

Post has attachment
80年代ニュージーランド音楽考―「フライング・ナン・レコーズ」と「ダニーデン・サウンド」
音楽シーンのメインストリームであるアメリカやイギリスから遠く離れた島国ニュージーランド。この地理的なハンディキャップ故にアメリカやイギリスでは生じ得ないような実にユニークな音楽シーンを形成しているニュージーランド(ニュージーランドのロックのことを"Kiwi Rock"と言うらしい)に対して、同じく極東の島国に住む私はある種の親近感のようなものを感じてしまう。ニュージーランドだけでなく70年代におけるドイツのクラウトロックなどにも同じことが言えるわけだが、アメリカ・イギリスの音楽シーンと地理的に距離を置くこと、...

Post has attachment
Mac DemarcoのWhat's in my Bag
 Amoebaという独立系レコードショップがアップしている"What's in My Bag"というシリーズに大好きなMac Demarcoが登場していました。店舗のレコード棚を漁ってアルバムについて語る動画なのですが、そこで興味深い事実が述べられていました。3:00頃の場面なのですが、ブルース・スプリングスティーンの"The River"を棚から見つけてジャケットのモノクロ具合や字体がデマルコのアルバム"2"に似ているという話が出た時に、実は"The River"ではなく細野晴臣の"Hosono House...

Post has attachment
ライブに向けて宅録中…
 一応ほそぼそとミュージシャン的な活動をしている私ですが、先日インスト系企画出演のお誘いを頂きまして、10/05(日曜日)に生まれて初めてソロでライブ出演することになりました。現在宅録しながらどんな曲をやるのか考え中です。 デモ音源をSoundcloudにアップしたので良かったら聴いてみてください。多分こんな感じの曲を演奏する予定です。出演するライブの詳細はツイッターに載せますので、良かったら観に来てください。 逆再生風ディレイやらE-Bowやらを駆使してます。ニューエイジっぽいかな? デモなんで構成がグチャ...

Post has attachment
元ザッパバンドのドラマー、デヴィッド・ローグマン氏のインタビュー
 歴代ザッパバンドドラマーの中で最も地味で人気がないと思われるデヴィッド・ローグマン氏(1980年在籍、『ティンゼルタウン・リベリオン』や『ユー・アーホワット・ユー・イズ』の録音に参加)のインタビューが思いのほか面白かったので、和訳して掲載することにしました。ソース元はザッパやビーフハート、レジデンツ等の情報データベースサイト、 United Mutations の デヴィッド・ローグマン氏のページ に掲載されているインタビュー文です。 ローグマン在籍時の演奏(1980年6月11日 パリ/フランス) Pat ...

Post has attachment
少年犯罪をテーマにした楽曲(Oingo Boingo - Only a Lad と Warren Zevon - Excitable Boy)
今回は少年犯罪をテーマにした2曲を和訳してみました。本当はOnly a Ladだけ和訳する予定だったのですが、歌詞の主題が似ているということでExcitable Boyの方も載せることにしました。 Oingo Boingo - Only a Lad Johnny was bad, even as a child everybody could tell ジョニーはワルガキで有名だった Everyone said if you don't get straight you'll surely go to hel...

Post has attachment
Captain Beefheart - Tropical Hot Dog Night
ビーフハート流ダンスナンバーです Tropical Hot Dog Night トロピカル・ホット・ドッグ・ナイト Like two flamingoes in a fruit fight 果実を争う二羽のフラミンゴのように  Ev’ry colour of day w hirlin’ around at night 1日の全ての色彩が夜に渦巻いている I’m playin’ this music オレはこの音楽を演奏してんだ  So the young girls will come out だから若い娘た...
Wait while more posts are being loaded