木曜日と金曜日に通称デブサミ、Developers Summit 2012に参加した。特定のベンダーや技術にとらわれることなく、広く技術から開発方法論まで話されるこのカンファレンスも今年で10周年だ。関係者の皆様、お疲れ様でした、おめでとうございます、来年からもがんばってください、応援しています。

10周年ということもあり楽しいムードが満載の中、ふと疑問を持ったので、Twitterでつぶやいてしまった。

“素朴な疑問なのですが、 #devsumi の「10年後も世界で通じるエンジニアであるために」って現在すでに世界で通じるエンジニアであるという前提ですね?” https://twitter.com/#!/takoratta/status/170341136370638848

このデブサミの今年のタイトルが「10年後も世界で通じるエンジニアであるために」であり、これはこれでステキなメッセージなんだけれど、疑問に感じたのが「10年後も」っていうことは「今も」すでに世界で通じるエンジニアなんだという前提なのかと。

「日本のエンジニアなんて、ガラパゴスの動物のように、進化はしているかもしれないけど、島から出たら生存競争に生き残れないようなやつらばかりだ。なんだ、このメッセージ、きめぇ」とか思っていたわけではまったくない。純粋に、参加者は「世界」というのをどういうふうに感じているのかを疑問に思ったのだ。

世界で通じるエンジニアっていうのは、技術力だけでなく、(もちろん日本語以外での)コミュニケーション能力からなにから世界で通用することを期待される。スピード感であったり、ダイバーシティであったり。自分の考えを推し進めるにはアサーティブであったりすることも必要だ。私も含め、多くの日本人が苦手なところだろう。

外資にしか勤めていない私が感じる「世界」と参加者の多くがそうであろう日本企業に勤める人が見る「世界」というのはどう違うのかを知りたかった。

Twitterでつぶやいたところ、+Keiji Ariyama さんが素晴らしいコメントを返してくれた。

”実際、世界で通用するかどうかというのは、世界と関わらないとわかんないですよね。 仕事が日本に閉じてるなら、せめてオープンソースプロジェクトにちょっとでも関わればいいのかもと思うのだけど。そう言う話は出るのかしら。” https://twitter.com/#!/keiji_ariyama/status/170350438326079489

そう。世界で通用するかどうかの実感を持つには、世界と関わらないといけない。

オープンソースに関わることとか自分の開発しているものをオープンソース化ことの意義については以前、Google API Expertの誰か(たしか、+Makoto Anjo さん)が教えてくれた事実が面白かった。彼が教えてくれたのは、「コードが公開できるものだったら、是非オープンソースにすべきで、その際多少面倒でも、是非英語で公開すべきだ。日本語で公開した場合でもバグ報告や機能追加要求は来るけれど、英語で公開するとパッチが送られてくる」という事実。

10年後に世界で通じるためには、たとえばつまりこういうことをやっていくっていうことなんだろうと思う。

私の元のツイートは炎上を引き起こすかと思ったら、50以上のリツイートされただけで静かに終わっている。リツイートされたってことは何かを感じたんだろうけれど、是非もっと考えて世界と関わって欲しいなと思う。
Shared publiclyView activity