Profile cover photo
Profile photo
LifeKeeper SIOS
企業の重要な業務アプリケーション環境を保護する、HAクラスターソフトウェアを開発・提供しています
企業の重要な業務アプリケーション環境を保護する、HAクラスターソフトウェアを開発・提供しています
About
Posts

Post has attachment
LifeKeeperブログのリニューアルについて
LifeKeeper ブログを、 2016 年 9 月 28 日より新たにリニューアルしました。 新サイト URL はこちら ⇒  http://sios.jp/bcp/bcblog/ 今後は、ビジネス継続と IT の継続性に関する有意義な情報について、この新ブログサイトを通じて発信していきます。

Post has attachment
Higher Availability DBを目指して、LifeKeeperのチューニングを試してみました。(第4回)
こんにちは サイオステクノロジー 宇野です。 第 2 回、第 3 回でリソース監視、リカバリーの短縮、ノード監視、リカバリーの短縮に取り組んできました。今回はこれまで紹介した以外の方法について考えてみます。 1.      ローカルリカバリーを無効化する事による切り替え処理の短縮 LifeKeeper ではリソース障害発生時、フェイルオーバーによるリカバリーの前に、障害の発生したノードでの復旧 ( ローカルリカバリー ) を試みます。この処理に成功した場合、フェイルオーバーは引き起こさずに、稼働していたアクテ...

Post has attachment
DynamicDR(オンプレto AWS ディザスタリカバリ環境)の実現 (第4回)
こんにちは。 SIOS の高田です。 DynamicDR 第 4 回目 ( 最終回 ) のブログです。 前回の第 3 回目では、サーバーの設定と LifeKeeper を利用した DB サーバーのクラスタ化について記載しました。今回の第 4 回目では、 WordPress の設定と AWS 側の Web サーバー を AMI から起動する設定を行います。 まずは、 WordPress の設定から行います。 1 WordPress の設定 オンプレミスおよび AWS 環境の Web サーバーで WordPres...

Post has attachment
DynamicDR(オンプレto AWS ディザスタリカバリ環境)の実現 (第3回)
こんにちは。 SIOS の高田です。 DynamicDR 第 3 回目のブログです。 前回の第 2 回目では、 VPN の設定とサーバーの配置について記載しました。今回の第 3 回目では、サーバーの設定と LifeKeeper を利用した DB サーバーのクラスタ化について記載します。 まずは、サーバーの設定から行います。 1 サーバーの 設定 1.1      サーバーへのログイン 各サーバーへログインして作業します。 AWS 側のサーバーへのログインは、第 2 回のブログ内の手順でダウンロードしたキーペア...

Post has attachment
DynamicDR(オンプレto AWS ディザスタリカバリ環境)の実現 (第4回)
こんにちは。 SIOS の高田です。 DynamicDR 第 4 回目 ( 最終回 ) のブログです。 前回の第 3 回目では、サーバーの設定と LifeKeeper を利用した DB サーバーのクラスタ化について記載しました。今回の第 4 回目では、 WordPress の設定と AWS 側の Web サーバー を AMI から起動する設定を行います。 まずは、 WordPress の設定から行います。 1 WordPress の設定 オンプレミスおよび AWS 環境の Web サーバーで WordPres...

Post has attachment
Higher Availability DBを目指して、LifeKeeperのチューニングを試してみました。(第3回)
こんにちは サイオステクノロジー 宇野です。 前回は、各リソースの状態をチェックするリソース監視処理に要する時間を測定して、可能な範囲での監視間隔の短縮にチャレンジしてみました。今回は、ノード監視に要する時間を短縮する事にチャレンジしたいと思います。 チャレンジするにあたって使用した環境は、リソース監視処理の短縮でも使用した以下の環境です。 Server : VM(vSphere6) x2 CPU: Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2660 0 @ 2.20GHz (4 core) MemTo...

Post has attachment
DynamicDR(オンプレto AWS ディザスタリカバリ環境)の実現 [第2回]
こんにちは。 SIOS の高田です。 DynamicDR 第 2 回目のブログです。 前回の第 1 回目では、 DynamicDR の概要と全体の構成について記載しました。今回の第 2 回目から実際の作業について記載していきます。今回は VPN およびサーバーの配置を行います。 まずは、 VPN の設定から始めます。 1. VPN の構築、設定 本検証では、オンプレミスと AWS 環境をインターネット VPN で接続して利用します。 VPN ルーターは Yamaha 社の RTX1200 を利用しています。 ...

Post has attachment
Higher Availability DBを目指して、LifeKeeperのチューニングを試してみました。(第2回)
こんにちは サイオステクノロジー 宇野です。 前回は、デバッグオプションを使用したリソース監視処理時間の測定方法を紹介しました。今回はデバッグオプションを有効にして監視処理時間の測定を行ってみます。 LifeKeeper が行う各リソースの状況を確認する監視処理は、初期設定として監視パラメータ( LKCHECKINTERVAL )で設定された値( 120 )秒の間隔で行われます。 LifeKeeper を起動した時間を起点にして、以下の様に 120 秒間隔で各リソースの監視処理 (quickCheck) スク...

Post has attachment
Higher Availability DBを目指して、LifeKeeperのチューニングを試してみました。(第2回)
こんにちは サイオステクノロジー 宇野です。 前回は、デバッグオプションを使用したリソース監視処理時間の測定方法を紹介しました。今回はデバッグオプションを有効にして監視処理時間の測定を行ってみます。 LifeKeeper が行う各リソースの状況を確認する監視処理は、初期設定として監視パラメータ( LKCHECKINTERVAL )で設定された値( 120 )秒の間隔で行われます。 LifeKeeper を起動した時間を起点にして、以下の様に 120 秒間隔で各リソースの監視処理 (quickCheck) スク...

Post has attachment
【認定ストレージ】 日本ヒューレット・パッカード社の3PAR StoreServ 8000を新たに認定!
日本ヒューレット・パッカード社のストレージ 3PAR StoreServ 8000 が新たに LifeKeeper の認定ストレージとなりま した。 検証時の環境情報や、ストレージの構築手順例、 実施したテスト内容を記載しています。 3PAR StoreServ 8000 の検証レポートについては、 関連資料ダウンロードページのホワイトペーパー欄からダウンロー ドしてください。 ・ 3PAR StoreServ 8000  の公開ドキュメント( LifeKeeper を用いた HPE 3PAR StoreSe...
Wait while more posts are being loaded