Profile cover photo
Profile photo
c.b. jim
16 followers
16 followers
About
c.b. jim's posts

Post has attachment
ニュージーランドレンタカーの旅 ① Cardrona Hotel
    ハイキングの次に楽しみだったホテルの話。       ハイキング半分、観光半分。   これは計画段階からそう決めていた。   というかか嫁がそれを望んでいたのでその中でベストプランを練った。       テアナウを後にし一路クイーンズタウンへ向かう。         ヨーロッパ同様、NZは道がまっすぐでドライブには最適だ。        オーストラリアとNZは近いしどうせ似た感じだろって思っていた。   結果は全然違った!   NZはどちらかというとヨーロッパに近い雰囲気だった。    スイスで見たよ...

Post has attachment
ニュージーランドハイキングの旅 ③
  3日目はようやくニュージーランドらしい景色です。             前回小屋での夕食の様子を説明し忘れたので。           小屋では食料の類を販売していないので全て背負っていきます。 (水は小屋やトレイルで補給可能)     現地で食料を買ってミスったら最悪だなと思っていたので   すべて日本からドライフーズを持参。     このビーフシチューがマジでうまい。     過去最高はチラシ寿司(アルファ米)だったけど記録を塗り替えました。                     食堂はこんな感じ...

Post has attachment
ニュージーランドハイキングの旅 ②
翌日も残念ながら曇り時々雨でした。 朝はとにかく寒い。 8時ころ出発と日本ならかなり遅いスタートだったんだけど 他のハイカーはもっと遅い(笑)半数以上はまだベッドの中だった。 夜遅くまで歩けるからゆっくりスタートでも大丈夫なんだろうね。 霧がかかってるけど迷いようがないトレイルなので安心して歩ける 同じ雨なら雲の平最終日(黒部五郎~折立)のほうが断然キツかった。 ラックスモアハットからのトレイルではほとんど人に合わない。 たまーにトレイルランナーが追い越すくらい。     楽しみにしていた稜線歩きだったけど ...

Post has attachment
ニュージーランドハイキングの旅 ①
夢叶ったり まさか海外へハイキングへ出かけるなんて夢にも思わなかった。 でも国内の割と有名なトレイルをクリアするたびに 「もしかして海外トレイルもいけるんじゃね?」 って思い始める。 そう何事も勢いが大事 いやむしろそれが一番大事、勘違いもね(いい意味で) 年末のクソ忙しく長いトンネルを抜けやっとこさ出発の日を迎える。 もちろん準備万端など程遠い状況で。 なんてったって国際免許も出発の前日に取りに行ったくらいだもん、マジで。 まあなんだかんだ言ってなんとかなるもんだね。 コンビニ弁当の方が100倍は旨いと思わ...

Post has attachment
スノーサーフィン始めました
サーフィン熱が冷めやらぬまま冬へ突入 実は夏ごろから気になっていて 去年はスキーで雪山いってたけど今シーズンは両刀使いに。 だって「30㎞ボトムターンの練習ができるよ」 なんて言われた日には試さないわけにはいかない。 単純に上から下まで3kmのコースがあったとしたら10回滑れば30kmですからね サーフィンでそんなことは到底無理。 10秒でも割とロングライドに感じるほどサーフィンは瞬間芸なのです。 まあ始めるには道具が必要なわけで。 お世話になっている世田谷の2DOORS入江さんに 「ビッグフィッシュでしょー...

Post has attachment
第24回 日本山岳耐久レース ハセツネカップ
応援ですが今年もハセツネ行ってきました。 やはりものすごい熱量。 言葉では言い表せない「何か」がここにはあると思います。 限界に挑戦する姿はめちゃくちゃかっこいい。 やっぱハセツネ良いわ!

Post has attachment
303SURFBOAD ZEN
最近また再熱してるサーフィンについて。 ここのところ山へは行かず海ばかり行っております。 もともと飽きっぽい性格なのですが 昨今のULブームに少々うんざりしてる部分もあります。 まあそれは置いといて海の話を。 30代がアウトドアだとすると 20代はサーフィンでした。 その頃のサーフィンっておしゃれというよりスポーツ寄り? 上手いやつ=かっこいいって図式だったと思います。 ケリースレター・ロブマチャド・シェーンドリアンなど テイラースティールのDVDにモロ影響受けていた時代です。 ところが最近はオルタナ系と呼ば...

Post has attachment
家族で雲ノ平へ ③
決意を固め黒部五郎岳へ 雲ノ平を過ぎると下山までに2日は最低でもかかる というかそのまま折立までピストンしても2日かかるか。 そんなこんなで先へ進むことを決断した我々 最終日天候が崩れることはこの時は知るよしもないまま先へと進んだのだった。 あまりの晴天で日焼けが痛くて仕方がない 奥に見えるのが槍ヶ岳。 ここから一気に下りそして一気に登る。 まあでも全行程の中で3日目(雲の平〜黒部五郎小屋)が一番短くてラク。 この日も早めに出たので遊ぶ時間も想定内 渡渉ポイントごとに遊びます。 ほどなくして「三俣小屋」 どう...

Post has attachment
家族で雲の平へ ②
薬師小屋までは極上のトレイル ところどころ現れる木道も非常に歩きやすい。 約束通り渡渉ポイントで娘と川遊び あまりの冷たさに30秒も入ってられない 気温も高かったし汗を流すことに 最高に気持ちい! こんな感じで遊びながら歩かないと子供は嫌になるよね。 30分程度のんびり沢の雰囲気を楽しみつつ タープの完全乾燥もできた。 太郎小屋の弁当をここで食べる。 かの有名なカベッケが原はいつの間にか通過していた。 薬師沢小屋へ到着 子連れハイカーにアドバイス 雲ノ平・黒部五郎岳のルートはとても歩きやすい登山道。 ただ行程...

Post has attachment
家族で雲ノ平へ ①
数年前から憧れていた場所 雲ノ平へ行きたかったけど何かと障害が・・ 行程の長さに加えて登山口となる折立までのアクセスの悪さ。 さらにどうせ行くなら晴天時以外考えられない。 というわけで構想から2年以上かかってしまった。 一週間休んで夏山行けるのってお盆だけだもんね。 まあ今回の夏休みも天気悪けりゃほか(山以外)行くつもりで計画してたけど どうやらお盆中は晴天の予報 嫁に聞いてみたら「別にいいよ」ってことで急遽雲ノ平行き決定 若干リサーチ不足のまま折立へ 長野側から折立までは非常にアクセス悪く(くねくね道) 帰...
Wait while more posts are being loaded