Profile cover photo
Profile photo
京都美顔 四条烏丸サロン (スマートコスメ有限会社)
10 followers
10 followers
About
Posts

花粉症なので外出時にはついついマスク…

この時期はお肌も敏感になるし、

メイクも乗りにくいし、マスクで隠せば

一石二鳥…と思っている方、多いのではないでしょうか?

でも、過敏になっているお肌に使い捨ての

紙のマスクが直接触れることって

もっと刺激になることもあります。

そんな時には、マスクの下でも必ずベースメイクを。

皮膚とマスクが擦れて刺激になるのを

ファンデーションが多少は防いでくれます。

もちろん、マスクの摩擦でベースメイクは

部分的に取れてしまいますが…。

それでもお肌への刺激を少しでも減らすため、

またこの時期からは紫外線も強くなってくるので

毎日のベースメイクは欠かさないようにしたいですね。

Add a comment...

3月も下旬になっているのに

今年はまだ桜が咲き始める気配が

ないですね。

京都美顔伏見サロンのすぐ近くの

世界文化遺産「醍醐寺」は

太閤豊臣秀吉が

贅を尽くした「醍醐の花見」を

行ったことから、桜の見どころとして

とても有名です。

ソメイヨシノはもちろん、しだれ・山桜・

八重桜など種類も豊富で、

見ごたえがあります。

私も桜の季節は「醍醐寺」をよく散歩します。

歩いてすぐですからね。

 毎年、桜の季節に合わせて京都美顔へ

お越しになるお客様もいらっしゃるほど。

桜を見ると、なんだかワクワクしますね。

今年の春も素敵なお客様との

ご縁がありますように。


Add a comment...

この冬一番の大寒波がやってきて、

全国的に平地でも雪が積もる予報が出ていますね。

室内外の温度差が大きく、鼻や頬が真っ赤になって

恥ずかしい...何とかしたい、というご相談を多くお受けしています。


わかっているのに

「顔、赤いよ?」

「鼻が真っ赤じゃん!」

なんて言われるとイチイチ言わないで!と辛い気持ちになりますよね。

「赤ら顔解消エステ」や「美白化粧品」に頼ってみたり

努力されている方も多いですよね。

<a href="http://kyotobigan.com/skin/ruddy-face/index.html">どうして赤くなるのか</a>

をまず理解する必要があります。


もともと敏感肌の方の場合、慢性的に皮膚の一番外側を

守る角質層が薄いか存在しないため、気温の低さを直接受けて

強い刺激として感じます。

お顔には毛細血管が多く走っていますから、拡張を連続させて

慢性的に赤く見える「赤ら顔状態」と見えてしまいます。

これを理解していれば、

「外用薬(塗り薬)を塗って治そう!」

とか

「美白化粧品で白くなろう!」

というのはナンセンスだということがわかりますね。

赤ら顔(赤み)を解消するためには

出来るだけ冷たい外気が直接お肌(角質層)に触れない様に

することが良いでしょう。

ベースメイク(ファンデーションを塗る)ことが大切です。


ここでまた

「私は毎日メイクもしています!なのに赤いです!」

と考える方は多いと思います。

きちんと皮膚のことを考えたスキンケアと

角質層の代わりとなるメイクが

出来ている方はとても少ないですね。


「べたつくのが嫌で、パウダリーファンデしか使いません!」

「ネットのコスメサイトで人気No.1のファンデを使っています!」

「石鹸で落とせる、肌に優しいファンデしか合いません」

コスメ情報が溢れていますから、よくよく気持ちはわかります。



本来、皮膚とは

◆皮膚細胞が死滅し繊維(ケラチン)、
◆線維間物質である水分とそれを保持するNMF(天然保湿因子)
◆皮膚細胞がつくり出した表皮脂質(セラミド=脂質)

で構成されています。

なので、これと同等のファンデーションでメイクすることが大切です。

京都美顔のファンデーションもそうですが、

ファンデーションは普通「水+油脂+粉」で出来ていますから、

肌(角質層)の構成物質とほぼ同様です。

ファンデーションに限らず、化粧品は皮膚に浸透しませんし、

副作用もありません。

普段、当たり前にするメイクも

赤みをカバーするために一所懸命に塗っているメイクも、

「赤みを隠す」というイメージから

「薄い角質層を保護する」という風にとらえて

このベースメイクを継続することが

「赤ら顔解消」の近道です。

Add a comment...

あけましておめでとうございます!
本年も京都美顔をどうぞよろしくお願いいたします。


今年も3日からお手入れを始めております。
成人式の関係で1月8日、9日はご予約が
詰まっておりますが、他の土日や平日は
空いている日時もございます。
カウンセリング、お手入れのご予約お待ちしています!

京都美顔から年賀状が届いた方、
宛名面もご覧ください。
今年もキャンペーンやっています~(^_-)-☆
詳しくは年賀状ご覧くださいね!
Add a comment...

【京都美顔からのお知らせ】


◆お休みします

 2016年12月26日(月)・12月27日(火)

お手入れ・商品発送もお休みします。
ご了承ください。


◆年末年始のお休み

 2016年12月31日(土)~1月3日(火)

ご来店でのお手入れはお休みしますが、
商品発送は年末年始も通常通りですので
ご安心くださいね。
(1月2日・3日については
お手入れ可能な時間もありますので、
ご事情のある方はご相談ください。)
Add a comment...

Post has attachment
3月になり、日差しが暖かく感じられる日も出てきました。
卒業を迎えられる方、学生の方は春休みですね。
京都は大学が多いので、この時期に大学のために京都へ引っ越して来られる方も多くいらっしゃいます。
長引くニキビや目立つ赤み肌の悩みを持っての新生活はつらいですね。
新学期や新生活が始まる前に、京都美顔のスキンケアと肌トラブルをカバーするメイクを習得して、新たな出会いに自信をつけませんか?
メイクだけ、スキンケアだけ、ご相談だけでも大丈夫です。お気軽にご連絡くださいね。
Add a comment...

先週からかなり冷え込んでいますね。
冷えは身体にも良くないですが、お肌にも良くありません。
サロンへお越しの際は、首元・足元暖かくしてお越しくださいね。
Add a comment...

Post has attachment
暖冬と言われていましたが、ここ数日ようやく真冬の冷たい風で「お顔が痛いな~」と思うほど冷え込んでいる京都です。
新陳代謝が悪くなる冬、お顔にできたニキビやニキビ跡は紫色~黒っぽく見えて嫌ですよね。
冷たい風や乾燥した外気から、ニキビの出来やすい敏感なお肌を守るため冬もきちんとベースメイクをしたいですね。
きちんとしたベースメイクを施すことでお肌の乾燥を防ぎ、日中の紫外線からお肌を守るのはもちろん、きになっていたニキビやニキビ跡も目立たなくなり、鏡を見るのが楽しくなりますよ!
乾燥しやすいのにニキビが出来る、あごやおでこ・頬など同じところに繰り返しでき続けるニキビの原因は「お肌の乾燥」が大きな要因です。
体質も大きく関係しますが、スキンケアでしっかり水分・油分を補うことも大切。
繰り返すガンコなニキビ・ニキビ跡を改善したいあなたへ。
京都美顔で「お肌をきれいにする」スキンケアを始めて、笑顔いっぱいの春を目指しませんか?
Add a comment...

旧年中のご愛顧に感謝いたし、本年も皆様のお肌を
美しくするために努力いたします。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年は4日よりお手入れを開始しております。
化粧品のご注文・発送や、お肌についてのご質問、
メール等も休まず対応しておりますから、ご安心くださいませ。

本年も皆様のお肌がより美しく、
幸多き年となりますことをお祈りしております。
Add a comment...

Post has attachment
一昨日のまるで台風のような雨で、京都美顔伏見サロンの前の並木道のトウカエデの葉が一気に落ちました。毎日の掃き掃除は大変ですが、この季節の風物詩みたいなものなので、エクササイズの楽しんで掃いています。
冷たい風がお肌へ与える影響も大きい冬。
赤黒く目立ってしまうニキビ跡、乾燥して赤くなる頬、きれいに保護して「なかったこと」にしたいですね。
ベースメイクで赤みやニキビ跡などのお肌のトラブルがカバーできると、アイメイクやチーク、リップなどのポイントメイクも楽しくなりますよ!
お酒を飲む機会も多い忘年会シーズン、どうしても「お顔が赤くなる」ことがコンプレックスなあなたにも京都美顔の自然色ベースメイクはおすすめです。
何かと慌ただしい年末ですが、新しい年へ向けてお肌のイメージチェンジしてみませんか?
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded