Profile cover photo
Profile photo
一級建築士事務所 株式会社 賢
70 followers -
木造構造計算なら、一級建築士事務所 株式会社 賢にご依頼ください。
木造構造計算なら、一級建築士事務所 株式会社 賢にご依頼ください。

70 followers
About
Posts

Post has attachment
空き家対策特別措置法が2015年5月に施行されてから1年余りが経過し、様々な形で空き家活用法が生み出されて来ましたが、鉄道会社による沿線活性化に空き家を活用する取り組みが始まりましたね。 小田急電鉄が10月3日に始めたのが、家賃の前払いによるリノベーションサービス「安心サブリース」の運用です。これはサブリースを前提に将来の賃料収益を前倒しして家主に支払い、そこからリノベーション費用を捻出する方法です。…
Add a comment...

Post has attachment
マンションポータルサイトのメジャーセブンが毎年行っているマンションを購入する意志がある人に対する「住んでみたい街アンケート」の2016年度版が発表されました。首都圏は相変わらずの恵比寿が1位でしたが、関西圏では西宮北口が初の1位になるなど関西圏はかなり大きく入れ替わっています。 2015年と2016年の順位を発表します。…
Add a comment...

Post has attachment
2013年に政府の策定した「待機児童解消加速プラン」における50万人分の保育の受け皿の確保達成に向けて、税制優遇で保育所整備を加速させる方針を明確にしてきました。現在までに確保できたのが、31.4万人分なので、まだ18.6万人分の保育所が必要になります。 今年4月時点の保育所の利用申込数は昨年比8.6万人増の256万人、待機児童数は、23553人(前年比386人)となっています。特に都市部での待機児童問題が顕著化してきていますので、今回行う税制優遇での巻き返しを狙っています。…
Add a comment...

Post has attachment
先日国交省が発表した「賃貸住宅管理業者登録制度の改正」が9月1日より施行されているが実際にサブリース契約をすることでどのような問題が起こり得るのか?サブリースの4つのデメリットと問題点という形で紹介したいと思います。 サブリースで起こりうる4つの問題を最初に紹介すると 家賃減額請求 中途解約のリスク サブリース会社の破綻 サブリース契約終了後の扱い これらのことが現時点で表面化しているサブリース契約での問題点ですので、1つずつ詳細に説明したいと思います。 ・家賃減額請求…
Add a comment...

Post has attachment
分譲マンションでは当たり前の従前積立金ですが、一戸建て住宅ではそういった取り組みを行っている人は案外少ないのではないでしょうか?しかし一戸建て住宅でも経年劣化はおこるものです。…
Add a comment...

Post has attachment
政府は9月9日に行われた国家戦略特区諮問会議で、国家戦略特区限定としながらも一般住宅に旅行客を有料で泊める民泊を短期滞在客向けにも解禁することを正式に決定しました。同じ住宅に6泊7日以上泊まる客に限る日数要件を、今年の秋にも2泊3日以上に短縮し関連する政令を改正することを決定しました。 これで特区限定とはなるが短期滞在者の民泊利用も認めて、空き家の稼働率を高める効果を期待。空き家所持者の民泊事業への参入を促進し、訪日客の受け入れ拡大につなげる考えのようです。…
Add a comment...

Post has attachment
先日、国土交通省から2015年度の既存住宅売買瑕疵保険の保険証券発行実績(保険契約件数)が発表されました。この既存住宅瑕疵保険制度が創設された2010年以降で最多の7823件だったということで順調の推移している様子が伺えます。…
Add a comment...

Post has attachment
政府が行った2016年第二次補正予算の閣議決定に住宅関連の補正予算が盛り込まれることが決定しました。この補正予算を通じて、省エネリフォームと既存住宅流通の促進、子育て世帯への支援、耐震化の強化などを目指します。 今回の補正予算では子育て世帯への既存住宅取得に最も重きが置かれ、最大65万円もの補助金が支給されることが決定しています。 ・持ち家の省エネリフォームで最大30万円の補助 ・持ち家の省エネリフォーム&耐震改修で最大45万円の補助…
Add a comment...

Post has attachment
この「サブリース借り上げ家賃の減額リスクの説明不足」だんだん大きな問題になってきましたね。実はここ最近の国交省に寄せられる賃借人からの苦情やクレームの内容の4分の1が何とサブリース契約に関するものになっているんです。 そのため国交省は主体となって「賃貸住宅管理業者登録制度」を改正し、サブリース借り上げ家賃の減額リスクの説明徹底化や登録要件の厳格化を行うことを目指しています。現在は2011年に始まった任意の制度の為にこの「賃貸住宅管理業者登録制度」に登録しているのでは全事業者の内の1割程度しかいないんです。…
Add a comment...

Post has attachment
全国宅地建物取引業協会連合会と全国宅地建物取引業保証協会が以前に発刊していた「住まいの購入ガイド」と「住まいの売却ガイド」を改訂して「家本」(いえほん)を発行しました。 この家本には、改正宅地建物取引業法にインスペクションに関する規定が盛りこまれたのでその内容も反映させてあり本編「家本(買うとき・売るとき編)」と別冊の「家本(インスペクション・瑕疵保険編)」の2冊セットで150円で全宅連ホームページで販売されています。 家本(買うとき・売るとき編)の目次は ・マイホーム購入、売却の流れ 購入編…
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded