Profile cover photo
Profile photo
安部吉孝
安部塾塾長(姿勢・身体操作指導者)・舞人
安部塾塾長(姿勢・身体操作指導者)・舞人
About
Posts

Post has attachment
眼球一頭部協調運動(衝動性眼球運動と頭部の動きが協調)
日田の女王から質問があったので予備知識的な解説を。 ■前庭動眼反射 頭が動くときに視点に固定するために頭と反対方向に眼球が動く反射。 例)頭を右に回旋したとき、視線を正面に保つには左右の眼球は左に向く ■視運動性反応 眼球がある方向へ動くときに頭が眼球と同側方向に動く反応。 目標物を追視する際に機能する。 例)眼球を右方向に向けたとき、頭もその動きに合わせて右回旋する こちらを読んでみてください →  .小脳による運動学習・運動制御機構 眼球のサッケードと頭部の動きが協調することが、機能的な動きの基本です。 ...
Add a comment...

Post has attachment
安部塾憲章を制定しました
薬院校開校後、3年半が過ぎました。 これまで起きたさまざまなトラブルの反省から、 安部塾憲章 を制定しました。 ※ 憲章とは ~けんしょう【憲章】① 重大な事柄に関するおきて。根本的な原則に関するきまり。 私自身への戒めも含め、明文化することにしました。 以下、安部塾憲章です。 【序文】 の憲章は、安部塾塾生が健全、且つ社会的ルールを遵守した上で身体操作を研究・実践する喜びと誇りを持ち、その志を共にする他の塾生との絆を深め、そして社会に貢献できる具体的行動をもって安部塾塾生会の団結と存在意義を共有するために...
Add a comment...

Post has attachment
7月の大阪・神戸・薬院・東京の集中講座の御案内~眼筋群→後頭下筋群→刺筋→脊柱起立筋→お腹→全身の流れを意識した内容
7月の大阪・神戸・薬院・東京の集中講座の御案内です。 先月より、体幹の筋力トレーニングとヨガを中心とした内容となっています。 7月の大阪・神戸・東京集中講座 7月12日(木)安部塾大阪集中講座 →  詳細 7月14日(土)安部塾神戸集中講座 →  詳細 7月16日(月・振替休日)安部塾薬院校集中講座 →  詳細 7月20日(金)安部塾東京集中講座 →  詳細 すべてのコマにおいて、眼筋群→後頭下筋群→刺筋→脊柱起立筋→お腹→全身の流れを意識した内容となります。 膝から下からの上行性のつながりは、昨年の冬から今...
Add a comment...

Post has attachment
安部塾新宮校再開&ゲストハウス化に向け準備中
諸事情で、新宮町で活動を再開することになりました。 宿泊研修ができるよう、4名分の宿泊スペースを用意しました。 安部塾薬院校ゲスト宿泊スペース 解説スペースは最小限です。 安部塾新宮校解説スペース 薬院校を開校してからは、新宮での活動が、ほぼ停止していました。 一番の問題は駐車場が確保できないことで、これはまだ解決していません。 とりあえず、関西以北からの薬院校集中講座参加者の宿泊場所の確保をすることにしました。 私自身が遠方に赴いているので、宿泊場所の確保の問題を実感しているからです。 簡易宿泊所レベルです...
Add a comment...

Post has attachment
暗い人に反応しない・近づかない~暗い人が周りからいなくなると自分の力が使えます
インカ帝国跡地 昨日、某所での会話。 相手 「友人が暗くてエネルギー吸われちゃうんですが、どうしたらいいですか?」 私 「どうにもなりません(笑)」 相手 「明るくしてあげたいんです」 私 「なりません(笑)」 相手 「どうしたらいいんですか?」 私 「ほおっておきましょう。暗い人には反応しない方がいいし、近づかないことです」 相手 「それって冷たすぎませんか?」 私 「冷たい人って思われたくないだけでしょ?」 相手 「……」 私 「暗い人が周りからいなくなると明るいですよ(笑)」 以下略 「ほんとのこと」を...
Add a comment...

Post has attachment
脊柱起立筋は、後頭下筋群の言うことを聴く~「よく視る」ことで、動きがよくなる~恐怖反応(不安や恐れ)が動きを壊す~かわいそうだから助けてあげたいというは愛ではなく、ただの劣等感
昨日の塾生講座で、後頭下筋群(大後頭直筋、小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋)の言うことを脊柱起立筋が聴くという解説をしました。 頭の位置を決めているのは後頭下筋群のGPS機能的な(笑)。 後頭下筋群は筋紡錘密度が高い筋肉です。 視覚や前庭覚と統合する固有受容器です。 中枢神経系との感覚運動制御に関与します。 後頭下筋群と脊柱起立筋 下頭斜筋の筋紡錘の数は、手の虫様筋にある筋紡錘の数を一桁多く凌駕しています。 繊細な動きに対しての感受性が高く、眼球運動・頭部位置調整に反射的に関与します。 詳細は、 アナトミートレ...
Add a comment...

Post has attachment
頭の動きに、身体全体の動きがついていく~人は見た方に進む
7月8日(日)の薬院校ミニ講座で、動きについての大切な話をします。 →  詳細 F.M.アレクサンダー先生(1869-1955)の、 「頭と首が動いて、身体全体の動きががついていく」 という考え方について、私なりの解説をします。 後頭下筋群という原初的姿勢制御筋(動作制御筋)があります。 頭と首をつないでいます。 後頭下筋群  プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器系 より 姿勢の傾きや身体バランスについての情報を後頭下筋群が感知して脳に送ります。 脳から姿勢制御・動作制御の調整のための情報が全身に送...
Add a comment...

Post has attachment
助けを求めよう(自分の弱さを受けいれよう)~自立は、依存先を増やすこと 希望は、絶望を分かち合うこと
助けを求める人 pic.twitter.com/6OwtdbBHsc — スルメロック (@surumelock) 2018年7月4日 こちらのリンク先を、お読みください。 →  自立は、依存先を増やすこと 希望は、絶望を分かち合うこと 一般的に「自立」の反対語は「依存」だと勘違いされていますが、人間は物であったり人であったり、さまざまなものに依存しないと生きていけないんですよ。 実は膨大なものに依存しているのに、「私は何にも依存していない」と感じられる状態こそが、“自立”といわれる状態なのだろうと思います。...
Add a comment...

Post has attachment
人は「正しいかどうか?」では動きません~自分の心の問題を、他人を巻き込んで解決しようとしないこと。
「正しさ」と「正しさ」がぶつかれば、争いが起きます。 「戦争は、それぞれの正義のぶつかり合い」です。 自分が正しいと考えていることを、他人に押しつける人がいます。 当然、対人関係は破綻します。 破綻すればするほど、自分の考える「正しさ」を他人にぶつけます。 その結果、自分の破綻に気がつくことができません。 空気が読めない人は、話の流れを追えません。 なので、自分の基準のみでお話をします。 当然、相手は不愉快な気持ちになります。 「こんな人間とは付き合いたくない」と判断されます。 「誰も、あなたの意見なんて求め...
Add a comment...

Post has attachment
薬院校お盆集中講座の御案内/7月8日と16日の薬院校集中講座の御案内
毎年8月11・12・13・14・15日に開催している 薬院校お盆集中講座 の御案内です。 →  詳細 内容は、以下の通りです。 8月11日(土) 手指関節・手関節・肘関節の身体運動学 8月12日(日) 肩関節・肘関節の身体運動学 8月13日(月) ヨガ・アナトミー(解剖と実技)~前屈系 8月14日(火) ヨガ・アナトミー(解剖と実技)~側屈・回旋系 8月15日(水) ヨガ・アナトミー(解剖と実技)~後屈系 前半は、手指~肩の機能運動学の解説をします。 詳細な手の解説をするのは、薬院校開校後初となります。 ホム...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded