Profile cover photo
Profile photo
小林貴虎
12 followers
12 followers
About
貴虎's posts

Post has attachment
天壌無窮の皇運を扶翼すべし
FBに短文を投稿しようかと思ったけど、ここは一発話題の教育勅語を考察してみようか。 12の徳目が素晴らしいから教育勅語は正しいんだという論調は全く問題ないんだが、教育勅語が気に入らないと行っている人達が一番気に入らないのは 「天壌無窮の皇運を扶翼すべし」 ここでしょう? ここを論じることなくしては、議論にならないわけだ。 正面突破しようか。 この一文の前にある 「一旦緩急あれば義勇公に奉じ」と繋げて 「国が危機的状況に陥ったら自らを犠牲にして天皇陛下のために死ね」 と訳して、軍国主義だ〜〜〜とやるわけだ。 「...

Post has attachment
保育所保育指針(案)
国会の場でやれ国旗が国歌がと大騒ぎしてる国会議員がいるみたいだけど、 今回改正される保育所保育指針(案)を読んでみた。 随分色々な箇所が変わってる。 3歳以上の内容が幼稚園の指導要領と全く同じになったこと。 そのぶん3歳児前の内容も分けて書かれ、より細かく指導されている感じ。 実際の運営内容も幼保一体化に向けて整理されてる。 これによって小学校との連携など、過去にはなかった記述が随分加えられているし、就学前教育終了時点での、あるべき子供の成長状態が明確にされてる。 あとは細かなところで、長時間保育を望む親や、...

Post has attachment
ペンキ持ってきてもらう代わりに保育士さんと合コンってwwww
毎月恒例のPPP/PFIスクール。今回で第8回。あと4回でおわりやなぁ〜。 今回は公的不動産の民間活用における不動産証券化の手法に関して国交相の人からの説明があったあと、流山の元市の職員から、彼が携わったという小規模のPPPのあり方に関して事例を交えて紹介があった。 PPPとは、時系列でいけばPFI法のあとから出てくるわけだけども、民間との連携という意味でPFI法に基づかなくても、もう少し広い枠で協力関係ができたらという感じの考え方。 PPP(Private Public Partnership)の略で、民間...

Post has attachment
たかとら新聞第3号
本日の中日新聞の折り込みにたかとら新聞入れさせて頂きました。 政務活動費からの支出ですが経費の関係で、旧津市の中日のみです。漏れた地域の方済みませんm(_ _)m という事でPDF版をダウンロード出来るようにリンクを張っておきます。 たかとら新聞PDF版ダウンロード あわせて内容もここに改めて載せておこうと思います。 以下たかとら新聞より 提案による成果 津市のふるさと納税 津市のふるさと納税は、この制度が始まって以来累積で4044万 円の赤字を出しています。これは津市の人達が他市に寄附している額が、他市の人...

Post has attachment
郷土教育など平成28年第4回定例会報告
少々遅くなりましたが、昨年の12月に行われた最後の定例会に関して報告したいと思います。 因みに、今定例会から中継はUstream録画はYoutubeという事になり、画質が格段に上がったのと、利用が楽になりました。 web中継が行われる前から、今まで採用されていた独自のサーバーを構築した配信システムは前時代的だと反対していたのですが、今回の契約更新時に於いてやっと、4年越しの要望が通った形です。ま、良くなったんでこれ以上文句は言いません。 今回は 津城の石垣の回収に関して Uターン促進事業の今年の成果と今後の対...

Post has attachment
書評:日本の鯨食文化 小松正之著
ブログ随分更新してないし、こう言う内容はFB直よりこっちの方が良いかな、と思って、久しぶりに更新。 日本の鯨食文化 もう少し、 IWCで日本が追い込まれていった状況とか、 反捕鯨国の思惑、戦略とか、 モラトリアムの根拠のなさとか、 日本がどれだけ経済的に不利益を被ってるとか、 実際の鯨の頭数は減ってるのか、増えてるのか、とか、 そんな部分を知りたくて一冊買ってみたんだけど、 そもそもタイトルが「日本の鯨食文化」だから、選ぶ本を間違っている。 文化という切り口で、日本の鯨食の歴史をよく示してある。 一章では鯨食...

Post has attachment
コンセッション方式
第5回PFIスクール受講後の雑感 ちなみに鳥取で震度6の地震があった。 大阪の受講会場も長い横揺れを感じた。 現時点で詳しい事はわからないが、大きな被害になっていなければいいなと思う。 さて、 今回の肝はコンセッション方式とはどうあるべきか。 講師の言葉を借りれば PFIの基本的な考え方は、いかに経費を削減するか。すなわち支出の圧縮である。 一方で コンセッション方式は、公共施設を運営していく上で、いかに民間事業者が利益を計上するか。収入の拡大が主目的である。との事。 大きな話では今年の初めに決まった関西空港...

Post has attachment
和装、PFI、無電柱化、ご当地ナンバー、非常勤の長期休暇、三重短大
平成28年の第3回定例会において行った質問の内容をざくっと報告いたします。 1. 非常勤講師の長期休暇中の収入に関して 津市に勤める小中学校の非常勤講師は、地方公務員であるために副業、つまりバイトをする事は出来ません。一方で夏休みは授業がないため給与が発生しない。 給与もなく、バイトもダメ、で単身の場合どうやって生活していけば良いのでしょう? シングルペアレントのケースが増えてきたり、女性の社会進出という側面から、是正は出来ないか? 同じ非常勤講師でも、県の予算で雇われている人達には副業の制限がないという事も...

Post has attachment

Post has attachment
第3回PPP/PFIスクール
今回は「優先的検討規程」ってのを中心に勉強してきました。 平たく言うと、 ある一定の条件を満たした事業は そもそもPFIでやるべきかどうか検討しないと”あきませんよ”って事を、 実際自治体に実施させるために、その”規程”を作ってね、って通達がお国から降りてきたんです。 人口20万以上の町は、って事なので津市もがっつりそのお仲間に入ってます。 PFIのそもそもは、 改めて書きますが、 Private Finance Initiative の略で、直訳すると民間の資金を活用した事業って事です。 道を作ったり、学校...
Wait while more posts are being loaded