【見逃し注意! もうすぐ終了する展覧会】

「特別展 グレートジャーニー 人類の旅 この星に、生き残るための物語」国立科学博物館

2013年3月16日(土)〜6月9日(日)

〔見どころ〕※展覧会公式ホームページより抜粋

アフリカに生まれた人類が、世界中に拡散していった人類最大の旅路を、イギリス人の考古学者ブライアン・M・フェイガンは「グレートジャーニー」と名付けました。

本展では360万年前の人類が家族で連れ立って歩いた最古の足跡化石をその「グレートジャーニー」の象徴として位置づけています。700万年前の人類誕生から説き起こし、人類が様々な困難を克服しながらどのように地球上に拡散していったのかを紹介します。人間にとって過酷な環境である「極地」(熱帯、高地、極北、乾燥地帯)で人はどうやって生きてきたのか。地球上の様々な環境で今も暮らす人々の生活を紹介することなどにより、その土地ならではの"生きる知恵"と文化を見て、追体験していくことで、「人間の生きていく強さ」を再発見し、そこから自身の未来を考えていきます。
Shared publiclyView activity