Profile cover photo
Profile photo
柴崎卓郎
34 followers -
フリーランスの編集ライター、柴崎卓郎/武藤卓郎です。
フリーランスの編集ライター、柴崎卓郎/武藤卓郎です。

34 followers
About
Posts

Post has attachment
視野の狭さと暴力。
抱えている案件で、ディレクターの視野の狭さに辟易していて、夕食後、泡立つのを隠しきれなくなっていたところ、奥さんがそれを察して、「…私は今日、後輩のミスをしかったら、私に背を向ける否や『…くそ』って言葉吐かれたから」と言う。 …なんだろう。 「奥さん、それでも軽くキレた程度でスルーしたって、すげえたくましいな」と感じた一方で、自分が立たされているポジションの理解とか、それをいかに自分ごとにするのかとか、目標をこなすために個人的な感情を挟む必要があるかとか、要するに「もうちょっと、目の前の人の感情を考えろよ」的...
Add a comment...

Post has attachment
引き返せないこと
取り返しのつかないことに直面した時、なんでこんなことが起こったのかを考えようと、思い出せる場面を1シーンごと振り返り、点検するのだけれど、結果的に行き着くところは数十年前の記憶にぶつかり、さらにその記憶も実はもっと過去に繋がっていて、当事者が生まれた瞬間にまで遡らざるを得なくなる。 その上で、「じゃあ、自分は何をすればよかったのか」と改めて自問自答するものの、すでにこわばっていた体も、考え方も、急にゆるんでしまって、「どの時、どの場所で、彼に対して何をしようが、何も変わっていなかったのではないか」という思いか...
Add a comment...

Post has attachment
KID
思い出すのは、10年以上前、『KING』(講談社)という雑誌の編集者をしていたときの、ハワイ合宿に入る直前のインタビュー。 子どもたちと離れ離れになるのが惜しくて、「一緒にいる直前までいさせて」ということで、日本を発つ最後の家族ランチにご一緒させていただいた。 場所はたしかプラチナ通りのカフェ。 改めて、自分の書いた原稿を読むと、当時のぼくは、 KIDさんの家族への愛情や優しさをいかに表現するかで必死だった。 でも、そんな気持ちにさせてくれるくらい、KIDさんは愛に満ち溢れてる人だった。 だからこそ、いま、と...
KID
KID
blog.butterflytools.com
Add a comment...

Post has attachment
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
毎年「お正月になったら、あれをやって、これをやって…」と計画こそするものの、その10分の1もこなすことができません。 クリスマスに奥さんに買ってもらったルーターとボトルカッターで鉢植えを作りたかったけど、それもできなかったし、溜まりに溜まった経費精算も少しずつ消化しなきゃと思ってたけど、手をつけることすらできなかった。 できたことと言えば、大掃除と御茶美の先生時代の同僚&元生徒たちとの忘年会。いずれにしても、毎年恒例の年末の大仕事という感じ。楽しかったです。 さて、そんなふうにお正月を過ごしていたところ、兄様...
Add a comment...

Post has attachment
トークイベント、出てきました。
 先日、いつもお仕事でご一緒させていただいているクリエイティブ会社の CONCENT さんからのお誘いで、トークイベントに出席させていただいた。  テーマは、取材時における人との距離感について。  一緒に登壇するのが、写真家・ 栗原論 さん(@ 4×5 )だったということもあり、「ライター、編集者、カメラマンと共通するテーマを」と思い、僕の方から提案をさせていただいた次第。    で、イベント直前まで何を話そうか考えていたんだけど、自分が提案しておきながらなんなんだけど、すごく難しいテーマだった。「なんでこん...
Add a comment...

Post has attachment
交錯する1日
先週の金曜日のこと。 めずらしく、朝から夜中まで動き回ったので、メモ程度に書き記し。 ***** まず、最近ずっと考えていた「専門的な仕事」への一歩として、先輩編集者の紹介で湯島にあるとある出版社へ営業に。 前日は知り合いのカメラマンさんと飲んでいて、しかも自分が思っていた以上に酔っぱらい、それをこらえるように深夜までブックをつくっていたので、かなりヘロヘロ状態での営業…となってしまったのだが、行き先は湯島。 10 代のときから十数年、年末になると必ず手伝っていた和菓子屋さんの鏡餅づくりのバイトでよく配達に行...
Add a comment...

Post has attachment
あけおめ、2017。
あけおめ、神田川。 そして、あけおめ、奥さんと銀次郎さん。 今年も何卒よろしくお願いします。
あけおめ、2017。
あけおめ、2017。
blog.butterflytools.com
Add a comment...

Post has attachment
ミルコ・クロコップと編集長のこと。
RIZIN のリングの上で、久々にミルコ・クロコップとヴァンダレイ・シウバが試合をすることになったという。 ミルコの完全復帰とも言える完璧な勝利の後、高田本部長が試合を行う意思を確認すると、ミルコは「…ヤル」とだけ短く答えたのに対し、ヴァンダレイは「ヤッテヤルー」とラテン系のノリ(にもかかわらず棒読み)を見せた。 東欧と南米の温度差 —— 。 これだけでも、思わず胸をぐっと締め付けられる思いがするのである。 ***** ミルコが前にヴァンダレイと戦ったのは、 2006 年の9月のこと(たしか、ミルコの誕生日だ...
Add a comment...

Post has attachment
土足で上がり込む
ここ最近、ようやく自分が望んでいた人の記憶に関する仕事に触れる機会が多くなってきた。 でも、その一方で、自分や今の社会のニーズの物差しだけで、本当に隠れた記憶のようなものをオープンにして良いものなのか迷う瞬間がある。 すでに死んだ人であっても、他人に知られたくないエピソードのひとつやふたつはあるはず、である。それを楽観的な気分に任せて、土足で上がり込むような真似をしていいものなのか。 人と話すときに言葉を選ぶように、記憶と触れ合うときはそれなりの態度と節度が必要だろう。その資格のような何かを、自分は身に付けて...
土足で上がり込む
土足で上がり込む
blog.butterflytools.com
Add a comment...

Post has attachment
久々にブログを更新。
とにかく、両足が痛いです。
問題は、確かにない。
問題は、確かにない。
blog.butterflytools.com
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded