Profile

Cover photo
山本一男(スサノヲ)
Worked at 株式会社ミズホネット
50 followers|139,812 views
AboutPostsPhotosYouTube

Stream

 
 
2015年第4回 語りかぐら in 京都・神話カフェ「満月の花」 2015年10月02日(金)19:00~21:00 京の癒し町家カフェ「満月の花」
 
◆日本神話への誘い~日本の神々に出会う物語~【オオクニヌシの国造りと国譲り】 

葦原中国(日本国)の基礎を作ったオオクニヌシに対して、高天原の神々は国譲りを要求。オオクニヌシは幽界の王となり退く。

-----------------------------------------------------------------------------
◇日時
2015年10月02日(金)19:00~21:00
終了後に同会場で懇親食事会をします。
◇場所
京の癒し町家カフェ「満月の花」
〒600-8072 京都府京都市下京区
綾小路通堺町東入ル綾材木町206-1
075-201-1125
阪急電車「烏丸」駅徒歩3分、地下鉄「四条」駅徒歩5分
◇地図
http://goo.gl/maps/ItFmF
◇料金
¥2,000(+別途月の花ドリンク代 当日支払)
◇定員
10名
◇参加申込み
https://www.facebook.com/events/1611304299087741/

-----------------------------------------------------------------------------
◆「2015年 語りかぐら・なむぢ」の年間スケジュール

4、アマテラスとスサノヲ
2015年7月開催 場所:京都四条烏丸「町家カフェ・月の花」
高天原でのスサノヲの乱暴な行為によってアマテラスは岩戸に身を隠してしまう。困り果てた八百万の神々は解決策を相談し、高天原をスサノヲを追放する。スサノヲは出雲の国へ降り、そこで出会ったクシナダヒメを救うためにスサノヲはヤマタノオロチを退治する。

5、オオクニヌシの国造りと国譲り 
2015年10月開催 場所:京都四条烏丸「町家カフェ・月の花」
葦原中国(日本国)の基礎を作ったオオクニヌシに対して、高天原の神々は国譲りを要求。オオクニヌシは幽界の王となり退く。

6、天孫降臨と日向三代 
2015年12月開催 場所:京都四条烏丸「町家カフェ・月の花」
葦原中国(日本国)の基礎を作ったオオクニヌシに対して、高天原の神々は国譲りを要求。オオクニヌシは幽界の王となり退く。

-----------------------------------------------------------------------------
◆「なむぢ」
 日本各地の神話を「語り」と「音楽」で伝え、日本人としての素晴らしさを再確認することを目的に「なむぢが」デビューしました。
https://www.facebook.com/pages/なむぢ/222044304587164

◆即興演奏 日向真(ひなたしん)
 京都在住。風鈴演奏家。円山公園公認尺八奏者。新熊野神社「申楽」能管奏者。
 いにしえから聖なる山と呼ばれる京都・東山の森に風鈴ハウス「風処(かぜどころ)」を構え、インスピレーションを受けて数多くの楽曲を発表。京都から日本の風鈴ミュージックを世界へ発信している。
 テレビや新聞などで全国的に知られる。
 健康雑誌「壮快」では魔法の音として過去13回紹介。
 日本各地の治療院で利用され支持をうけている。

◆神話の語り部・スサノヲこと山本 一男
 「日本」とは何か?「日本人」とは何か?が知りたくて、日本学、民俗学、宗教民族学などを中心に日本と日本人の原点と基層を調べて早20年が経つ。
 今を生きる多くの人たちの姿を見ると、日本の文化・歴史についてあまり関心が無いようで、多くを外からの情報に翻弄され刹那的に行動しているように見える。このような自らの拠り所を失い根無し草のよ うに漂うさまを見るにつけ、自らのアイデンティティをしっかりと見つめ直し、日本列島の自然と風土の中で作り出してきた日本独自な精神文化と日本人であることとを自覚すること が必要だと感じるようになった。
 また国際化が叫ばれて久しいですが、本当の意味で国際人になるためにも、自らことを自らの国のことをしっかり伝えることが出来て、はじめて国際人だと言えるのだと思う。
 特に日本の伝統・伝承・神話や地域に残る風習・祭り・行事などの背景(背後)のあるものは、豊かな森と水の日本列島という風土が醸し出した古代の人々の世界観(素朴な神々の世界観)の記憶だ。 実は今も地下水脈のようにつながり生き続けているのである。
 私たちは普段、こういう事(古代からの世界観)をまったく意識することなく生活している。しかし気付かなくとも、ほんとうは私たち日本人のものの見方や生き方を規定している「何か」があるのだ。
 こうした私たち日本人の意識の底に眠った記憶とは、太古の昔から今日に至るまで、連綿とつないできた貴重な精神の遺産であり、大自然に宿る日本人の 原風景でもある。
 実は私たち日本人とは、長い時間をかけてこのような古代から日本列島の自然(恵みと災害)とうまく折り合いをつけ、柔らかい関係を結び、共に生きることを選んだ民族が日本人なのだ。
 今一度、こうした日本人の知恵を魂を学んでみよう。
-----------------------------------------------------------------------------
【参加者の感想】
◇なむじさんの神話の語り。次元を超えるかのような、世界観に引き込まれました。神話の流れを聞いて、色々と神様の繋がりに腑に落ちるところがあり、興味深く聞き入りました。素敵な時間をありがとうございます。
◇絶妙な「間」を持たせた山本さんの語りと、幻想的で魂に響く日向さんの音楽・・・そしてクライマックスは衝撃の出雲王朝の秘。むなぢワールドに吸い込まれた時間でした。なんだか村上春樹作品の空気と似たものを感じたのは私だけ?
-----------------------------------------------------------------------------
 ·  Translate
View original post
1
Add a comment...
 
 
2015年第4回 語りかぐら in 京都・神話カフェ「満月の花」

2015年7月31日(金)19:00~21:00 京の癒し町家カフェ「満月の花」
 
◆日本神話への誘い~日本の神々に出会う物語~【アマテラスとスサノヲ】 

高天原でのスサノヲの乱暴な行為によってアマテラスは岩戸に身を隠してしまう。困り果てた八百万の神々は解決策を相談し、高天原をスサノヲを追放する。スサノヲは出雲の国へ降り、そこで出会ったクシナダヒメを救うためにスサノヲはヤマタノオロチを退治する。

-----------------------------------------------------------------------------
◇日時
2015年7月31日(金)19:00~21:00
終了後に同会場で懇親食事会をします。
◇場所
京の癒し町家カフェ「満月の花」
〒600-8072 京都府京都市下京区
綾小路通堺町東入ル綾材木町206-1
075-201-1125
阪急電車「烏丸」駅徒歩3分、地下鉄「四条」駅徒歩5分
◇地図
http://goo.gl/maps/ItFmF
◇料金
¥2,000(+別途月の花ドリンク代 当日支払)
◇定員
10名
◇参加申込み
https://www.facebook.com/events/1611304299087741/

-----------------------------------------------------------------------------
◆「2015年 語りかぐら・なむぢ」の年間スケジュール

4、アマテラスとスサノヲ
2015年7月開催 場所:京都四条烏丸「町家カフェ・月の花」
高天原でのスサノヲの乱暴な行為によってアマテラスは岩戸に身を隠してしまう。困り果てた八百万の神々は解決策を相談し、高天原をスサノヲを追放する。スサノヲは出雲の国へ降り、そこで出会ったクシナダヒメを救うためにスサノヲはヤマタノオロチを退治する。

5、オオクニヌシの国造りと国譲り 
2015年10月開催 場所:京都四条烏丸「町家カフェ・月の花」
葦原中国(日本国)の基礎を作ったオオクニヌシに対して、高天原の神々は国譲りを要求。オオクニヌシは幽界の王となり退く。

6、天孫降臨と日向三代 
2015年12月開催 場所:京都四条烏丸「町家カフェ・月の花」
葦原中国(日本国)の基礎を作ったオオクニヌシに対して、高天原の神々は国譲りを要求。オオクニヌシは幽界の王となり退く。

-----------------------------------------------------------------------------
◆「なむぢ」
 日本各地の神話を「語り」と「音楽」で伝え、日本人としての素晴らしさを再確認することを目的に「なむぢが」デビューしました。
https://www.facebook.com/pages/なむぢ/222044304587164

◆即興演奏 日向真(ひなたしん)
 京都在住。風鈴演奏家。おとだま制作・奏者。
 いにしえから聖なる山と呼ばれる京都・東山の森に風鈴ハウス「風処(かぜどころ)」を構え、インスピレーションを受けて数多くの楽曲を発表。京都から日本の風鈴ミュージックを世界へ発信している。
 テレビや新聞などで全国的に知られる。
 健康雑誌「壮快」では魔法の音として過去13回紹介。
 日本各地の治療院で利用され支持をうけている。

◆神話の語り部・スサノヲこと山本 一男
 「日本」とは何か?「日本人」とは何か?が知りたくて、日本学、民俗学、宗教民族学などを中心に日本と日本人の原点と基層を調べて早20年が経つ。
 今を生きる多くの人たちの姿を見ると、日本の文化・歴史についてあまり関心が無いようで、多くを外からの情報に翻弄され刹那的に行動しているように見える。このような自らの拠り所を失い根無し草のよ うに漂うさまを見るにつけ、自らのアイデンティティをしっかりと見つめ直し、日本列島の自然と風土の中で作り出してきた日本独自な精神文化と日本人であることとを自覚すること が必要だと感じるようになった。
 また国際化が叫ばれて久しいですが、本当の意味で国際人になるためにも、自らことを自らの国のことをしっかり伝えることが出来て、はじめて国際人だと言えるのだと思う。
 特に日本の伝統・伝承・神話や地域に残る風習・祭り・行事などの背景(背後)のあるものは、豊かな森と水の日本列島という風土が醸し出した古代の人々の世界観(素朴な神々の世界観)の記憶だ。 実は今も地下水脈のようにつながり生き続けているのである。
 私たちは普段、こういう事(古代からの世界観)をまったく意識することなく生活している。しかし気付かなくとも、ほんとうは私たち日本人のものの見方や生き方を規定している「何か」があるのだ。
 こうした私たち日本人の意識の底に眠った記憶とは、太古の昔から今日に至るまで、連綿とつないできた貴重な精神の遺産であり、大自然に宿る日本人の 原風景でもある。
 実は私たち日本人とは、長い時間をかけてこのような古代から日本列島の自然(恵みと災害)とうまく折り合いをつけ、柔らかい関係を結び、共に生きることを選んだ民族が日本人なのだ。
 今一度、こうした日本人の知恵を魂を学んでみよう。
-----------------------------------------------------------------------------
【参加者の感想】
◇なむじさんの神話の語り。次元を超えるかのような、世界観に引き込まれました。神話の流れを聞いて、色々と神様の繋がりに腑に落ちるところがあり、興味深く聞き入りました。素敵な時間をありがとうございます。
◇絶妙な「間」を持たせた山本さんの語りと、幻想的で魂に響く日向さんの音楽・・・そしてクライマックスは衝撃の出雲王朝の秘。むなぢワールドに吸い込まれた時間でした。なんだか村上春樹作品の空気と似たものを感じたのは私だけ?
-----------------------------------------------------------------------------
 ·  Translate
View original post
1
Add a comment...
 
2015年第4回 語りかぐら in 京都・神話カフェ「満月の花」
https://www.facebook.com/events/1611304299087741/

2015年7月31日(金)19:00~21:00 京の癒し町家カフェ「満月の花」
 
◆日本神話への誘い~日本の神々に出会う物語~【アマテラスとスサノヲ】 

高天原でのスサノヲの乱暴な行為によってアマテラスは岩戸に身を隠してしまう。困り果てた八百万の神々は解決策を相談し、高天原をスサノヲを追放する。スサノヲは出雲の国へ降り、そこで出会ったクシナダヒメを救うためにスサノヲはヤマタノオロチを退治する。

-----------------------------------------------------------------------------
◇日時
2015年7月31日(金)19:00~21:00
終了後に同会場で懇親食事会をします。
◇場所
京の癒し町家カフェ「満月の花」
〒600-8072 京都府京都市下京区
綾小路通堺町東入ル綾材木町206-1
075-201-1125
阪急電車「烏丸」駅徒歩3分、地下鉄「四条」駅徒歩5分
◇地図
http://goo.gl/maps/ItFmF
◇料金
¥2,000(+別途月の花ドリンク代 当日支払)
◇定員
10名
◇参加申込み
https://www.facebook.com/events/1611304299087741/

-----------------------------------------------------------------------------
◆「2015年 語りかぐら・なむぢ」の年間スケジュール

4、アマテラスとスサノヲ
2015年7月開催 場所:京都四条烏丸「町家カフェ・月の花」
高天原でのスサノヲの乱暴な行為によってアマテラスは岩戸に身を隠してしまう。困り果てた八百万の神々は解決策を相談し、高天原をスサノヲを追放する。スサノヲは出雲の国へ降り、そこで出会ったクシナダヒメを救うためにスサノヲはヤマタノオロチを退治する。

5、オオクニヌシの国造りと国譲り 
2015年10月開催 場所:京都四条烏丸「町家カフェ・月の花」
葦原中国(日本国)の基礎を作ったオオクニヌシに対して、高天原の神々は国譲りを要求。オオクニヌシは幽界の王となり退く。

6、天孫降臨と日向三代 
2015年12月開催 場所:京都四条烏丸「町家カフェ・月の花」
葦原中国(日本国)の基礎を作ったオオクニヌシに対して、高天原の神々は国譲りを要求。オオクニヌシは幽界の王となり退く。

-----------------------------------------------------------------------------
◆「なむぢ」
 日本各地の神話を「語り」と「音楽」で伝え、日本人としての素晴らしさを再確認することを目的に「なむぢが」デビューしました。
https://www.facebook.com/pages/なむぢ/222044304587164

◆即興演奏 日向真(ひなたしん)
 京都在住。風鈴演奏家。おとだま制作・奏者。
 いにしえから聖なる山と呼ばれる京都・東山の森に風鈴ハウス「風処(かぜどころ)」を構え、インスピレーションを受けて数多くの楽曲を発表。京都から日本の風鈴ミュージックを世界へ発信している。
 テレビや新聞などで全国的に知られる。
 健康雑誌「壮快」では魔法の音として過去13回紹介。
 日本各地の治療院で利用され支持をうけている。

◆神話の語り部・スサノヲこと山本 一男
 「日本」とは何か?「日本人」とは何か?が知りたくて、日本学、民俗学、宗教民族学などを中心に日本と日本人の原点と基層を調べて早20年が経つ。
 今を生きる多くの人たちの姿を見ると、日本の文化・歴史についてあまり関心が無いようで、多くを外からの情報に翻弄され刹那的に行動しているように見える。このような自らの拠り所を失い根無し草のよ うに漂うさまを見るにつけ、自らのアイデンティティをしっかりと見つめ直し、日本列島の自然と風土の中で作り出してきた日本独自な精神文化と日本人であることとを自覚すること が必要だと感じるようになった。
 また国際化が叫ばれて久しいですが、本当の意味で国際人になるためにも、自らことを自らの国のことをしっかり伝えることが出来て、はじめて国際人だと言えるのだと思う。
 特に日本の伝統・伝承・神話や地域に残る風習・祭り・行事などの背景(背後)のあるものは、豊かな森と水の日本列島という風土が醸し出した古代の人々の世界観(素朴な神々の世界観)の記憶だ。 実は今も地下水脈のようにつながり生き続けているのである。
 私たちは普段、こういう事(古代からの世界観)をまったく意識することなく生活している。しかし気付かなくとも、ほんとうは私たち日本人のものの見方や生き方を規定している「何か」があるのだ。
 こうした私たち日本人の意識の底に眠った記憶とは、太古の昔から今日に至るまで、連綿とつないできた貴重な精神の遺産であり、大自然に宿る日本人の 原風景でもある。
 実は私たち日本人とは、長い時間をかけてこのような古代から日本列島の自然(恵みと災害)とうまく折り合いをつけ、柔らかい関係を結び、共に生きることを選んだ民族が日本人なのだ。
 今一度、こうした日本人の知恵を魂を学んでみよう。
-----------------------------------------------------------------------------
【参加者の感想】
◇なむじさんの神話の語り。次元を超えるかのような、世界観に引き込まれました。神話の流れを聞いて、色々と神様の繋がりに腑に落ちるところがあり、興味深く聞き入りました。素敵な時間をありがとうございます。
◇絶妙な「間」を持たせた山本さんの語りと、幻想的で魂に響く日向さんの音楽・・・そしてクライマックスは衝撃の出雲王朝の秘。むなぢワールドに吸い込まれた時間でした。なんだか村上春樹作品の空気と似たものを感じたのは私だけ?
-----------------------------------------------------------------------------
 ·  Translate
2
2
Add a comment...
 
■ほっこり書画(七福神編)~心温まり癒される書画を描いてみませんか~

日々の仕事や家庭が忙しいと、時間が無くなり心にゆとりが持てなくなります。ちょっとした時間にでも、心に響く言葉と心がほっこりする絵で、心が癒される「書画」を描いてみませんか?

筆ペンで描く書と仏画「ほっこり書画(七福神編)」の講習会を開催します。

仕事や家事が終わった後、京の癒し町家カフェ「満月の花」にお越しください。書画の楽しみを身に付けると、人生がちょっと豊かになります。

-----------------------------------------------------------------------------
◇第1部 七福神について
七福神それぞれのお姿や役割を分かりやすくご紹介します。
講師:和魂プロデューサー・スサノヲ(山本一男)

◇第2部 ほっこり書画(七福神編)を描く
実際に筆ペンで紙に書と絵を描きます。書きたい文書と描きたい仏様を選び、ご自身でトライしてもらいます。
講師:癒しと書画工房「てのひら」代表 横山利子

◇準備するもの
筆ペン(黒)1本、筆ペン(薄墨)1本
※お持ちで無いようでしたら実費で購入も可能です。
※紙や他の色の筆ペンはこちらで用意しています。

-----------------------------------------------------------------------------
◇日時
2015年9月10日(木)19:00~21:00
◇場所
京の癒し町家カフェ「満月の花」
〒600-8072 京都府京都市下京区
綾小路通堺町東入ル綾材木町206-1
075-201-1125
阪急電車「烏丸」駅徒歩3分、地下鉄「四条」駅徒歩5分
◇地図
http://goo.gl/maps/ItFmF
◇料金
¥5,000(当日支払)
◇定員
6名

-----------------------------------------------------------------------------
 ·  Translate
ほっこり書画(七福神編)~心温まり癒される書画を描いてみませんか~
Thu, September 10, 2015, 6:00 AM
満月の花 〒600-8072 京都府京都市 下京区綾小路通り堺町東入ル綾材木町206-1

2
1
Add a comment...
 
海外から日本を訪れる人たちが「せっかく日本に行くのだから体験してみたい」と思っている事とは何なのでしょうか?住み慣れてしまうと当たり前になり過ぎて、なかなか気づかない日本の良さやおもしろい点が私たちの身近にたくさんあるはず。今回は日本を訪れ
1
Add a comment...
 
特別編として、多くの人が文章を書く際に悩みがちな「漢字とひらがなの使い分け方」をお送りします。漢字の多い文章は、単に読みづらいだけでなく、堅苦しさや仰々(ぎょうぎょう)しさが感じられます。読みづらい漢字はひらがなで表記し、ストレスなく読める文章を目指しましょう。
1
Add a comment...
 
2015年第5回 語りかぐら in 京都・神話カフェ「満月の花」 2015年10月02日(金)19:00~21:00 京の癒し町家カフェ「満月の花」
 
◆日本神話への誘い~日本の神々に出会う物語~【オオクニヌシの国造りと国譲り】 

葦原中国(日本国)の基礎を作ったオオクニヌシに対して、高天原の神々は国譲りを要求。オオクニヌシは幽界の王となり退く。

-----------------------------------------------------------------------------
◇日時
2015年10月02日(金)19:00~21:00
終了後に同会場で懇親食事会をします。
◇場所
京の癒し町家カフェ「満月の花」
〒600-8072 京都府京都市下京区
綾小路通堺町東入ル綾材木町206-1
075-201-1125
阪急電車「烏丸」駅徒歩3分、地下鉄「四条」駅徒歩5分
◇地図
http://goo.gl/maps/ItFmF
◇料金
¥2,000(+別途月の花ドリンク代 当日支払)
◇定員
10名
◇参加申込み
https://www.facebook.com/events/1611304299087741/

-----------------------------------------------------------------------------
◆「2015年 語りかぐら・なむぢ」の年間スケジュール

4、アマテラスとスサノヲ
2015年7月開催 場所:京都四条烏丸「町家カフェ・月の花」
高天原でのスサノヲの乱暴な行為によってアマテラスは岩戸に身を隠してしまう。困り果てた八百万の神々は解決策を相談し、高天原をスサノヲを追放する。スサノヲは出雲の国へ降り、そこで出会ったクシナダヒメを救うためにスサノヲはヤマタノオロチを退治する。

5、オオクニヌシの国造りと国譲り 
2015年10月開催 場所:京都四条烏丸「町家カフェ・月の花」
葦原中国(日本国)の基礎を作ったオオクニヌシに対して、高天原の神々は国譲りを要求。オオクニヌシは幽界の王となり退く。

6、天孫降臨と日向三代 
2015年12月開催 場所:京都四条烏丸「町家カフェ・月の花」
葦原中国(日本国)の基礎を作ったオオクニヌシに対して、高天原の神々は国譲りを要求。オオクニヌシは幽界の王となり退く。

-----------------------------------------------------------------------------
◆「なむぢ」
 日本各地の神話を「語り」と「音楽」で伝え、日本人としての素晴らしさを再確認することを目的に「なむぢが」デビューしました。
https://www.facebook.com/pages/なむぢ/222044304587164

◆即興演奏 日向真(ひなたしん)
 京都在住。風鈴演奏家。円山公園公認尺八奏者。新熊野神社「申楽」能管奏者。
 いにしえから聖なる山と呼ばれる京都・東山の森に風鈴ハウス「風処(かぜどころ)」を構え、インスピレーションを受けて数多くの楽曲を発表。京都から日本の風鈴ミュージックを世界へ発信している。
 テレビや新聞などで全国的に知られる。
 健康雑誌「壮快」では魔法の音として過去13回紹介。
 日本各地の治療院で利用され支持をうけている。

◆神話の語り部・スサノヲこと山本 一男
 「日本」とは何か?「日本人」とは何か?が知りたくて、日本学、民俗学、宗教民族学などを中心に日本と日本人の原点と基層を調べて早20年が経つ。
 今を生きる多くの人たちの姿を見ると、日本の文化・歴史についてあまり関心が無いようで、多くを外からの情報に翻弄され刹那的に行動しているように見える。このような自らの拠り所を失い根無し草のよ うに漂うさまを見るにつけ、自らのアイデンティティをしっかりと見つめ直し、日本列島の自然と風土の中で作り出してきた日本独自な精神文化と日本人であることとを自覚すること が必要だと感じるようになった。
 また国際化が叫ばれて久しいですが、本当の意味で国際人になるためにも、自らことを自らの国のことをしっかり伝えることが出来て、はじめて国際人だと言えるのだと思う。
 特に日本の伝統・伝承・神話や地域に残る風習・祭り・行事などの背景(背後)のあるものは、豊かな森と水の日本列島という風土が醸し出した古代の人々の世界観(素朴な神々の世界観)の記憶だ。 実は今も地下水脈のようにつながり生き続けているのである。
 私たちは普段、こういう事(古代からの世界観)をまったく意識することなく生活している。しかし気付かなくとも、ほんとうは私たち日本人のものの見方や生き方を規定している「何か」があるのだ。
 こうした私たち日本人の意識の底に眠った記憶とは、太古の昔から今日に至るまで、連綿とつないできた貴重な精神の遺産であり、大自然に宿る日本人の 原風景でもある。
 実は私たち日本人とは、長い時間をかけてこのような古代から日本列島の自然(恵みと災害)とうまく折り合いをつけ、柔らかい関係を結び、共に生きることを選んだ民族が日本人なのだ。
 今一度、こうした日本人の知恵を魂を学んでみよう。
-----------------------------------------------------------------------------
【参加者の感想】
◇なむじさんの神話の語り。次元を超えるかのような、世界観に引き込まれました。神話の流れを聞いて、色々と神様の繋がりに腑に落ちるところがあり、興味深く聞き入りました。素敵な時間をありがとうございます。
◇絶妙な「間」を持たせた山本さんの語りと、幻想的で魂に響く日向さんの音楽・・・そしてクライマックスは衝撃の出雲王朝の秘。むなぢワールドに吸い込まれた時間でした。なんだか村上春樹作品の空気と似たものを感じたのは私だけ?
-----------------------------------------------------------------------------
 ·  Translate
1
1
Add a comment...
 
 
2015年第4回 語りかぐら in 京都・神話カフェ「満月の花」

2015年7月31日(金)19:00~21:00 京の癒し町家カフェ「満月の花」
 
◆日本神話への誘い~日本の神々に出会う物語~【アマテラスとスサノヲ】 

高天原でのスサノヲの乱暴な行為によってアマテラスは岩戸に身を隠してしまう。困り果てた八百万の神々は解決策を相談し、高天原をスサノヲを追放する。スサノヲは出雲の国へ降り、そこで出会ったクシナダヒメを救うためにスサノヲはヤマタノオロチを退治する。

-----------------------------------------------------------------------------
◇日時
2015年7月31日(金)19:00~21:00
終了後に同会場で懇親食事会をします。
◇場所
京の癒し町家カフェ「満月の花」
〒600-8072 京都府京都市下京区
綾小路通堺町東入ル綾材木町206-1
075-201-1125
阪急電車「烏丸」駅徒歩3分、地下鉄「四条」駅徒歩5分
◇地図
http://goo.gl/maps/ItFmF
◇料金
¥2,000(+別途月の花ドリンク代 当日支払)
◇定員
10名
◇参加申込み
https://www.facebook.com/events/1611304299087741/

-----------------------------------------------------------------------------
◆「2015年 語りかぐら・なむぢ」の年間スケジュール

4、アマテラスとスサノヲ
2015年7月開催 場所:京都四条烏丸「町家カフェ・月の花」
高天原でのスサノヲの乱暴な行為によってアマテラスは岩戸に身を隠してしまう。困り果てた八百万の神々は解決策を相談し、高天原をスサノヲを追放する。スサノヲは出雲の国へ降り、そこで出会ったクシナダヒメを救うためにスサノヲはヤマタノオロチを退治する。

5、オオクニヌシの国造りと国譲り 
2015年10月開催 場所:京都四条烏丸「町家カフェ・月の花」
葦原中国(日本国)の基礎を作ったオオクニヌシに対して、高天原の神々は国譲りを要求。オオクニヌシは幽界の王となり退く。

6、天孫降臨と日向三代 
2015年12月開催 場所:京都四条烏丸「町家カフェ・月の花」
葦原中国(日本国)の基礎を作ったオオクニヌシに対して、高天原の神々は国譲りを要求。オオクニヌシは幽界の王となり退く。

-----------------------------------------------------------------------------
◆「なむぢ」
 日本各地の神話を「語り」と「音楽」で伝え、日本人としての素晴らしさを再確認することを目的に「なむぢが」デビューしました。
https://www.facebook.com/pages/なむぢ/222044304587164

◆即興演奏 日向真(ひなたしん)
 京都在住。風鈴演奏家。おとだま制作・奏者。
 いにしえから聖なる山と呼ばれる京都・東山の森に風鈴ハウス「風処(かぜどころ)」を構え、インスピレーションを受けて数多くの楽曲を発表。京都から日本の風鈴ミュージックを世界へ発信している。
 テレビや新聞などで全国的に知られる。
 健康雑誌「壮快」では魔法の音として過去13回紹介。
 日本各地の治療院で利用され支持をうけている。

◆神話の語り部・スサノヲこと山本 一男
 「日本」とは何か?「日本人」とは何か?が知りたくて、日本学、民俗学、宗教民族学などを中心に日本と日本人の原点と基層を調べて早20年が経つ。
 今を生きる多くの人たちの姿を見ると、日本の文化・歴史についてあまり関心が無いようで、多くを外からの情報に翻弄され刹那的に行動しているように見える。このような自らの拠り所を失い根無し草のよ うに漂うさまを見るにつけ、自らのアイデンティティをしっかりと見つめ直し、日本列島の自然と風土の中で作り出してきた日本独自な精神文化と日本人であることとを自覚すること が必要だと感じるようになった。
 また国際化が叫ばれて久しいですが、本当の意味で国際人になるためにも、自らことを自らの国のことをしっかり伝えることが出来て、はじめて国際人だと言えるのだと思う。
 特に日本の伝統・伝承・神話や地域に残る風習・祭り・行事などの背景(背後)のあるものは、豊かな森と水の日本列島という風土が醸し出した古代の人々の世界観(素朴な神々の世界観)の記憶だ。 実は今も地下水脈のようにつながり生き続けているのである。
 私たちは普段、こういう事(古代からの世界観)をまったく意識することなく生活している。しかし気付かなくとも、ほんとうは私たち日本人のものの見方や生き方を規定している「何か」があるのだ。
 こうした私たち日本人の意識の底に眠った記憶とは、太古の昔から今日に至るまで、連綿とつないできた貴重な精神の遺産であり、大自然に宿る日本人の 原風景でもある。
 実は私たち日本人とは、長い時間をかけてこのような古代から日本列島の自然(恵みと災害)とうまく折り合いをつけ、柔らかい関係を結び、共に生きることを選んだ民族が日本人なのだ。
 今一度、こうした日本人の知恵を魂を学んでみよう。
-----------------------------------------------------------------------------
【参加者の感想】
◇なむじさんの神話の語り。次元を超えるかのような、世界観に引き込まれました。神話の流れを聞いて、色々と神様の繋がりに腑に落ちるところがあり、興味深く聞き入りました。素敵な時間をありがとうございます。
◇絶妙な「間」を持たせた山本さんの語りと、幻想的で魂に響く日向さんの音楽・・・そしてクライマックスは衝撃の出雲王朝の秘。むなぢワールドに吸い込まれた時間でした。なんだか村上春樹作品の空気と似たものを感じたのは私だけ?
-----------------------------------------------------------------------------
 ·  Translate
View original post
1
Add a comment...
 
 
■ほっこり書画(七福神編)~心温まり癒される書画を描いてみませんか~

日々の仕事や家庭が忙しいと、時間が無くなり心にゆとりが持てなくなります。ちょっとした時間にでも、心に響く言葉と心がほっこりする絵で、心が癒される「書画」を描いてみませんか?

筆ペンで描く書と仏画「ほっこり書画(七福神編)」の講習会を開催します。

仕事や家事が終わった後、京の癒し町家カフェ「満月の花」にお越しください。書画の楽しみを身に付けると、人生がちょっと豊かになります。

-----------------------------------------------------------------------------
◇第1部 七福神について
七福神それぞれのお姿や役割を分かりやすくご紹介します。
講師:和魂プロデューサー・スサノヲ(山本一男)

◇第2部 ほっこり書画(七福神編)を描く
実際に筆ペンで紙に書と絵を描きます。書きたい文書と描きたい仏様を選び、ご自身でトライしてもらいます。
講師:癒しと書画工房「てのひら」代表 横山利子

◇準備するもの
筆ペン(黒)1本、筆ペン(薄墨)1本
※お持ちで無いようでしたら実費で購入も可能です。
※紙や他の色の筆ペンはこちらで用意しています。

-----------------------------------------------------------------------------
◇日時
2015年7月30日(木)19:00~22:00
◇場所
京の癒し町家カフェ「満月の花」
〒600-8072 京都府京都市下京区
綾小路通堺町東入ル綾材木町206-1
075-201-1125
阪急電車「烏丸」駅徒歩3分、地下鉄「四条」駅徒歩5分
◇地図
http://goo.gl/maps/ItFmF
◇料金
¥5,000(当日支払)
◇定員
6名

-----------------------------------------------------------------------------
 ·  Translate
ほっこり書画(七福神編)~心温まり癒される書画を描いてみませんか~
Thu, September 10, 2015, 6:00 AM
満月の花 〒600-8072 京都府京都市 下京区綾小路通り堺町東入ル綾材木町206-1

View original post
1
Add a comment...
 
■ほっこり書画(七福神編)~心温まり癒される書画を描いてみませんか~

日々の仕事や家庭が忙しいと、時間が無くなり心にゆとりが持てなくなります。ちょっとした時間にでも、心に響く言葉と心がほっこりする絵で、心が癒される「書画」を描いてみませんか?

筆ペンで描く書と仏画「ほっこり書画(七福神編)」の講習会を開催します。

仕事や家事が終わった後、京の癒し町家カフェ「満月の花」にお越しください。書画の楽しみを身に付けると、人生がちょっと豊かになります。

-----------------------------------------------------------------------------
◇第1部 七福神について
七福神それぞれのお姿や役割を分かりやすくご紹介します。
講師:和魂プロデューサー・スサノヲ(山本一男)

◇第2部 ほっこり書画(七福神編)を描く
実際に筆ペンで紙に書と絵を描きます。書きたい文書と描きたい仏様を選び、ご自身でトライしてもらいます。
講師:癒しと書画工房「てのひら」代表 横山利子

◇準備するもの
筆ペン(黒)1本、筆ペン(薄墨)1本
※お持ちで無いようでしたら実費で購入も可能です。
※紙や他の色の筆ペンはこちらで用意しています。

-----------------------------------------------------------------------------
◇日時
2015年9月10日(木)19:00~21:00
◇場所
京の癒し町家カフェ「満月の花」
〒600-8072 京都府京都市下京区
綾小路通堺町東入ル綾材木町206-1
075-201-1125
阪急電車「烏丸」駅徒歩3分、地下鉄「四条」駅徒歩5分
◇地図
http://goo.gl/maps/ItFmF
◇料金
¥5,000(当日支払)
◇定員
6名

-----------------------------------------------------------------------------
 ·  Translate
ほっこり書画(七福神編)~心温まり癒される書画を描いてみませんか~
Thu, September 10, 2015, 6:00 AM
満月の花 〒600-8072 京都府京都市 下京区綾小路通り堺町東入ル綾材木町206-1

1
Add a comment...
 
 新人営業のD太君と先輩SEのM子さんは、建設会社のG社を訪問中。IT担当のZ課長とAさんに提案したモバイルシステムが受注できそうな気配で、D太君は一安心。そして、話題はコード・フォーX(CfX)に移行しました。CfXは、地域の「困った」をITの力で解決しようという思いを持った市民が設立。その動きは全国に広がり、CfXの活動に新しいビジネスを生み出す可能性を感じるIT企業が、関心を寄せています。
1
Add a comment...
 
Google社は、モバイル対応をしているサイトを検索結果で優先するアルゴリズム「モバイル・ゲドン」を4月21日に導入することを発表しました。もしまだモバイル版のホームページを持っていない場合は、これを機会にモバイルサイトを作成しましょう。ここでは、モバイル版サイト作成時に押さえるべきポイントを紹介します。
1
Add a comment...
Work
Occupation
地域の魅力を高め、地域を元気にし、地域を幸せにするIT/Webプロデューサー・スサノヲ
Employment
  • 株式会社ミズホネット
    代表取締役
Links
Contributor to
Story
Tagline
地域の魅力を高め、地域を元気にし、地域を幸せにするIT/Webプロデューサー・スサノヲ
Introduction
地域の魅力を高め、地域を元気にし、地域を幸せにするIT/Webプロデューサー

■メッセージ 
時代は、モノの追及から心の安らぎや豊かさへと価値観や生き方が変わろうとしています。今までのような効率や経済性を追い求め巨大化していく「グローバリゼーション」から、足元を見つめゆっくりと生きていゆく「ローカリゼーション」の時代なろうとしています。 
私たちは知らないうちに巨大な文明システム(社会・経済システム)に巻き込まれ、本当の生き方や幸せな生き方ができなくなっているのではないでしょうか。人が幸せになるには、今住んでいる地域と人々が幸せにしていくことから始まります。 
私と私が運営するミズホネットは、ITやWebの技術を最大限に活かし、各地域にある資源(人、文化、歴史など)を魅力的に元気に活力あるものにすることで、地域に住む人々が本当に幸せになるお手伝いをしていきたいと思っています。

【ミズホネットの各事業部案内】

■中小企業が元気になり地域が幸せになるWeb活用支援
ミズホネットは、地域で頑張る中小企業を元気にし地域のみんなが幸せになるために、事業が元気になる企画プロデュース、事業の価値を伝わるWebサイトの制作、業務を効率的にするシステムの構築で応援します。
・ビジネスを加速的に元気にする「SmartWeb+SmartBusiness」
・リーフレット「SmartWeb+SmartBusiness」 MizuhoNet.biz
・月額ホームページ制作・プロデュースラボ
・ブログ「ビジネスを加速的に元気にするWebコンサルタント」
・facebook: http://goo.gl/tYXON


■自転車で地域観光を魅力的にするWeb活用支援
画一的な観光やお仕着せの観光・レジャーの時代はもう終わりました。もっとゆっくりと自分らしい観光やレジャーが求められています。それは自転車・サイクリングを活かした観光・レジャーの楽しみ方です。ミズホネットは地域の魅力を創造し情報発信し、元気あるものにするための企画プロデュース、情報発信サイトの制作、モバイルシステムの構築で応援をします。
・Webサイト 「自転車大好きマップ 全国版」
 ・Blog 「人生を豊かに素敵にするサイクリングライフ」
 ・Facebook LLP(有限責任事業組合)自転車ライフプロジェクト
 ・リーフレット LLP(有限責任事業組合)自転車ライフプロジェクト


■神社の魅力を高め地域に誇りを持てるWeb活用支援
モノの豊かさから心の豊かさへ価値観が変わろうとしています。元々各地域には神社を中心に魅力的な景観や歴史・文化などがありました。ミズホネットは各地域にある神社とその周辺の魅力を高めて、そこに住む人々が自らのの地域に対し誇りと自信を持てるよう、企画プロデュース、情報発信サイトの構築、システムの構築などで応援します。

・Webサイト 神社専門ホームページ制作「神社Web制作工房」
・リーフレット 神社専門ホームページ制作「神社Web制作工房」
・Blog 神社専門ホームページ制作「神社Web制作工房」
・facebook 神社専門ホームページ制作「神社Web制作工房」
・関西テレビで放映されました。
・朝日新聞に掲載されました。

Bragging rights
日本神話・日本古代史など日本学の研究
Basic Information
Gender
Male
Other names
スサノヲ