Profile cover photo
Profile photo
田辺志保
11 followers -
フュージョン株式会社 取締役 田辺志保
フュージョン株式会社 取締役 田辺志保

11 followers
About
Posts

Post has attachment
幸せへの道
柔道バカの息子が、勉強に目覚めた。今まで部活で遅く帰宅・風呂・飯の後は倒れるように爆睡の息子が、毎日机に向かっている。あまりの変化に家内と「どうした?」である。 進学はおろか進級も不安な息子に「勉強しろ!」と散々言ってきたが「うーす!」の生返事だけだったので、今さら親の苦言が功を奏したとは到底思えない。 原因を尋ねても「別に」としか返ってこない。まあ、やる気が出たので「ほっとけ」だ。応えは全て自分に返ってくるのだから、親は静観するだけである。 世の親が「この子はやればできるんです」は無意味な言葉だ。やらないか...
幸せへの道
幸せへの道
tanabeshiho.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
あいつは、気が利く。
学校でもビジネス界でも、地頭が良く、高いスキルと知見をもつ優秀な方は数多くいる。しかし、優秀=活躍かとなると、必ずしもそうでない。実は、周りから人気も信頼もあり、大活躍する共通点は「あの人は気が利く」と評価される人である。 「気が利く」とは、心配り・思いやり・配慮・気遣いなどで、これは、好い奴・優しい・好感から信用などの反応を与え、否定する方はいない。具体的に、気が利く人の7つのポイントを挙げてみる。 まず①「挨拶と感謝」を大切にするので気持ちが良い。常に全体をみて②「場を読む」ので正確な状況判断ができ③「先...
あいつは、気が利く。
あいつは、気が利く。
tanabeshiho.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
素敵な夫婦の決め手は
最近、休日に家内と過ごす時間が増えた。結婚当初は、糸の切れた凧状態で育児も家内任せ。時間と気持ちに余裕ができ、子どもが小学生の頃は家族との時間が急拡大。最近は子どもが留守で、結果的に家内と過ごす。そして次なるステージは夫婦2人での過ごし方だ。 数年後に子どもが自立したら、夫婦で円満に?余生を過ごすことになる。今から家内との接し方を改める必要がありそうだ。そのためにも、現在の課題と対策を考えた。 課題1.体力の格差:圧倒的に家内が健康で元気。亭主は体力向上が急務。 課題2.過ごし方の共有:夫婦での共同行事と自分...
素敵な夫婦の決め手は
素敵な夫婦の決め手は
tanabeshiho.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
安田学園柔道部その⑤ 悔いなき一年一念であれ!
重量級が揃っていた3年生引退に伴い、安田柔道部は夏合宿で増量を目指したが、現状は軽・中量級の多いメンバー構成となる。個人戦は各階級での上位を目指すが、団体戦は強豪校は重量級を揃えるので、相手との体重差が大きいと不利になるが、仕方ない。 安田は66Kから始まり、最重量の息子で100K級。まだまだ力不足が、強豪の上背もある100K超級が相手だと苦戦する場面が多い。柔道の真骨頂に「小男が大男を見事に投げ飛ばす!」は爽快ではあるが、余程、実力に差がなければ、あまりお目にかかれない。 選手は、かける技を磨く以外、どう組...
Add a comment...

Post has attachment
素晴らしき日曜日
我が家のひかりケーブルに「黒澤明」シリーズが再登場。改めて作品を眺め「七人の侍」「赤ひげ」など代表作は感慨深いが、結構知らない作品があることにも気づいた。 その中の一つ「素晴らしき日曜日」1947年(東宝)を初めて鑑賞した。敗戦直後の東京を舞台に、貧しさに立ち向かう恋人の姿を描いた作品である。この黒澤の初期作品の評価は賛否両論分かれるらしい。それも肯定派と否定派が同じシーンで分かれるのが興味深い。 焼け野原が残る昭和22年。人々は貧しく不便を我慢しながら生きていた時代。お金はないが楽しいデートの筈だった恋人同...
素晴らしき日曜日
素晴らしき日曜日
tanabeshiho.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
こんな人になりたい。
9月6日の北海道大地震は、本社が札幌の弊社にとって大事件であった。幸い社員は無事だったが、停電等の問題解決に追われて、改めて危機管理体制を再考する機会となった。 天災の完璧な予測は不可能だが、人災は「先手の予防と後手の治療」も対応できる。それには組織内でやる事と、個人の成長の為にも人格・精神、倫理観の醸成が大切である。 最近マスコミを賑わした2つの事件から、人災の有り様と、自己変革の肝要を実感した。 一つは、歴史に生まれた歴史の男、アマチュア協会の終身会長。二つ目は、世間への恩返しとボランティア活動をする一環...
こんな人になりたい。
こんな人になりたい。
tanabeshiho.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
脂肪で太るな!
ようやく9月。残暑厳しいが食欲不振で夏バテ気味の方は、秋の味覚シーズンで体調を戻したいところだ。ところが、我が家は猛暑だろうが「食欲の嵐」は吹き荒れていた。 私はこの10年、糖尿病以来、高血圧、高脂血症対策でカロリーには気を配るが、加齢による体力低下による基礎代謝の減少は考慮してない。運動不足で筋肉が減り、下腹部は出るし、休日は4時に目覚める。寝るにも体力を使うので、年寄りの早起きは仕方ないか。 息子は、お盆休みの最中は「柔道合宿」であった。朝昼晩、どんぶり飯3杯と豚丼か牛丼の夜食がノルマ。これ軽量級の選手に...
脂肪で太るな!
脂肪で太るな!
tanabeshiho.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
安田学園柔道部 その④ 夏。柔道も熱いぞ!
この夏「全国高校野球・甲子園大会」は100回記念で大変な盛上がりだ。地元や贔屓の高校は目が離せない。実は、高校柔道にも九柔連と西日本新聞社主管の全国最大の団体戦「金鷲旗きんしゅうき大会」がある。今年で第92回目となる有名な大会だが、関係者以外あまり知られていない。原因の一つに、野球と柔道では競技人口が違うことがある。 高校生のスポーツ競技者数を調べると、1位野球17万人、2位サッカー17万人、3位バスケ16万人、陸上11万人、バトミントン10.6万、テニス10.6万と続く。サッカーと双璧だがまだ野球人口がトッ...
Add a comment...

Post has attachment
還暦さんは元気!
東京は連日30℃越えで、さすがにバテバテである。埼玉熊谷は41.1℃を記録したらしい。カリフォルニアの50℃は想像もつかないが、街全体がサウナ状態である。そして西日本集中豪雨は心が痛い。広島の友人とは連絡を絶やせないが、早い復興を祈るばかりである。 この猛暑は、日本の経済成長率を0.2%押し上げるとか、7,000億の経済効果とも言われている。確かに、飲料・食品、クーラー・扇風機の家電、日焼け防止商品など新たな需要は計り知れない。一方、縮小分野は建設の屋外工事数、屋外施設の集客、医療費と温水器などらしい。医療費...
還暦さんは元気!
還暦さんは元気!
tanabeshiho.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
安田柔道ものがたり③ 本気ふたたび。
安田学園柔道部は、今のところ思うような結果が出せていない。インハイ団体戦では優勝した国士舘に負け、個人戦共に全国大会への道は途絶えた。先日は「国体・東京予選」に出場権をもつ面々は、各階級の代表を賭けて出場した。 安田柔道部主将の金野選手は、前回惜敗した国士舘の選手に一本勝ちで優勝。秋の国体への中堅枠(90K)を獲得した。彼の想いと努力を知るだけに、皆が歓喜した。 国体は、各都道府県の代表選手の団体戦。東京都は先鋒・次鋒が足立学園、中堅が安田学園、副将・大将が国士舘の最強のメンバーで、福井での国体に乗り込むこと...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded