Profile cover photo
Profile photo
株式会社リピート
37 followers -
東京秋葉原のwebデザイン事務所
東京秋葉原のwebデザイン事務所

37 followers
About
株式会社リピート's posts

東京私学教育研究所「ソーシャルメディア~炎上から生徒と教職員を守る~」で講演します
http://www.repeat.co.jp/wp303/archives/1678

Post has attachment
今朝の東京新聞朝刊オピニオン欄「談論誘発」に「ネットの炎上防げ」として前澤の書いた原稿が掲載されています。
機会がございましたらお読みいただければ幸いです
Photo

Post has attachment
Googleアカウントをハッキングされないために
2012?10 by admin | 0 comments

Googleアカウントがハッキングされる投稿を多く見かけます。
簡単な2段階認証登録をしておくだけで、パスワードを知っているだけではログインできなくなります。
2段階認証登録をしておくと、新しいPC等でログインする際には、登録した携帯に別途送られるコードを、パスワードに加えて入力する必要があるので、私の携帯を持っていない第三者はログインが出来なくなります。

だいたいIDが公開されているメールアドレスなんですから、総当たりでアタックしてもすぐ解読されると思います。

twitterやfaceook、Yahoo!アカウントとパスワードを共通にしている「あなた」!気をつけてください。

Post has attachment
学校広報ソーシャルメディア活用勉強会(略称:GKB48またはGKB)とは

Post has attachment

Post has attachment
Changing an application, and working and going in any way, does not eat on a its mind.
 Even if fine, it is high-resolution and can expand.
 I want the service arranged on one screen.
 It consists of a main window and two or more subwindows, and the double-clicked contents are displayed mainly. It is a full screen by double click about the main.
Of course, it is responsive design by which a layout will be changed if it is made to rotate. Design. It can construct by html5.
My image is such.
Isn’t there any person needed?
Photo

Post has attachment
facebook利用状況を調べ直してみました。参考まで 2012/5/10
Facebookユーザー数: 8,583,580アカウント(年齢入力者のみ)
国内人口: 83,090,200 人 (総務省 統計局平成20年)
人口に対する割合 10.3%

2011年12月データより、39%増の850万人となっています。
特に22歳人口は48%増加し、人口比27.4%、37万ユーザーを数えました。
全人口比で10.3%と1割を超えています。
http://www.repeat.co.jp/wp303/archives/1153

Post has attachment
Facebookが友人に勝手に招待するのをやめさせる
http://www.repeat.co.jp/wp303/archives/1146

Post has attachment
特別養護老人ホーム 公益社団法人 全国老人福祉施設協議会が運営するJS-JOB介護・福祉の求人サイト介護スタッフ、介護福祉士、看護職員を求人している施設検索結果一覧を掲載しています。特養、デイサービスなど.
http://www.js-job.jp/list.php?gyosyu%5B%5D=0

Post has attachment
聖学院大学5/12(土)オープンキャンパス開催日時 5/12(土)10:00~15:00  入退場自由・予約不要
こども心理学科 「地域の暮しとこころのケア」 
人々のこころに寄り添い、ケアをする時、いろいろな手法が考えられるが、生まれ育った地域やそこでの暮しとの結びつきについても考慮する必要がある。近年、「介護民族学」という用語も出てきているようだが、そうした視点で、どのようなケアが可能かを考えてみる。
http://www.seigakuin.net/blog_my_top/blog_id=1
Wait while more posts are being loaded