Profile cover photo
Profile photo
橘右近
4 followers -
声優ノベル作家
声優ノベル作家

4 followers
About
Posts

Post has attachment
多分私は、ちょいエロなストーリーを書くのが一番合ってると思う。 |小説ならではの表現と『騙し』──下ネタよりの短編でそれを解説します。

文字だけの世界だからこそ出来る表現。   僕は誰? 1.7月2日 相野たける  僕のクラスに、ひときわ存在感を放つ女子がいた。  とはいっても、騒がしいわけでもとびきり美人というわけでもない。どちらかというと大人しく、友達の話を静かに微笑みながら聞いているタイプだ。体育の授業でいい成績を残すわけでも芸術面に長けているわけでもない。あらゆる面で平均的な女の子だった。  だけど、同じクラスの女子たちとは異質の雰囲気を醸し出していた。授業中にふと窓の外を眺める横顔が、物憂げでどこか儚くもある。…
Add a comment...

Post has attachment
時と場合によりますが、答えを必ず見せる必要があるか?というと、小説の場合はその限りでないことが多いです。   ■作家にとって書く意味は必要だけど、その答えまでを見せる必要はない

ブロガーを長いことやってると、小説の中に「この作品を書く意味」を入れないとマズいのではないか? 読まれないのではないか? と思うことが多い。 けれど、そんなん取っ払って「自分のために」書く小説があってもいい。 まず、自分のために書く。 そうしないと「読まれること」を意識するあまり書きたいことが書けなくなってしまう。 すると今度は書いててつまらなくなってくる。   作家にとって「書いててつまらない」なんて状態は致命傷を負うようなもの。 書きたいことがあったはずなのに。…
Add a comment...

Post has attachment
私には、超素敵で愛すべき親友がいます。 もうかれこれ20年以上の付き合いで、未だにメールなどではなく手書きの文通をしています。   そう。当サイトをご覧の方にはおわかりいただけるかと思いますが、相方の桜左近ちゃんです。   私が自分のために小説を書き始めた頃から、完成しては勝手に贈りつけるということを20年以上も続けています。 左近ちゃんも小説をプレゼントしてくれるのですが、彼女のスゴいところはそれだけではありません。 本を贈った次の手紙には、必ず感想を書いてくれるのです。  …
Add a comment...

Post has attachment

Post has attachment
前回のストーリーで出された謎解きの答えがパスワードになっています! カタカナをローマ字に変えて入力してください。 例)アンケート⇒anke-to 前回をお読みでない方は、オープニングからどうぞ|https://ucon-tachibana-actor-life.com/99-7/

There is no excerpt because this is a protected post.
SCENE1-2|R(30)階 0:23:56 樫倉晟
SCENE1-2|R(30)階 0:23:56 樫倉晟
ucon-tachibana-actor-life.com
Add a comment...

Post has attachment
アドベンチャー風ノベル始動!! サウンドノベルとしてゲーム制作ツールを使った方がいいか悩んだけど、ダウンロードする手間はやっぱりいらないと思ってweb上で完結できるようにしました。 ■SCENE1|27階 0:00:09 樫倉晟 #サウンドノベル #アドベンチャー風ノベル

 気付くとそこはホテルの一室だった。  オープニングで流れた音声が終わりの言葉を告げた後、白い光に包まれた。その強さに目を閉じた晟せいが次に見た光景がこの部屋だった。音声が言った通り、一緒にゲームに参加したはずの二人の姿はない。  開けられたカーテンから光が射し込んでいることから日中であることはわかった。その他には、誰かが眠っていたであろう乱れたベッドと、ゴミとして捨てていった空のペットボトルと雑誌がサイドテーブルの上に無造作に置かれている。…
SCENE1|27階 0:00:09 樫倉晟
SCENE1|27階 0:00:09 樫倉晟
ucon-tachibana-actor-life.com
Add a comment...

Post has attachment
ゼルダの伝説を作った人たちは天才だ。飽きさせない方法はまさにマーティングに活かせる! #ゼルダの伝説

ファミコン世代なら一度はきいたことがあるのではないでしょうか「ゼルダの伝説」 この「ゼルダ」シリーズのですね、任天堂switchから発売されている『ブレス・オブ・ザ・ワイルド』は、もう、クッソおもしろいんです。 音楽すら「聞き飽きた」状態にさせないその作りに感服します。 で、何がすごいってグラフィックの綺麗さもさることながら、ゲーム全体の流れというかシステムがうまいのなんのって。 アクションRPGなので(と言っていいと思う)、主人公の『できること』がどんどん増えていく楽しさは言うまでもありません。…
Add a comment...

Post has attachment
2018年8月 このサイトをただのweb小説サイトから、読者さんや作家さんが参加できるコミュニティ型の『文章力をアップさせるサイト』に移行しようと思い、先月の下旬からずっとパソコンに向き合い、プラグインを入れたり参考書買ったり何だりかんだり……正直、プログラマーでもなんでもない私には高すぎる壁でした。 なので、できるところは自分でやり、妥協するところはして、サイトからの収益が上がったらプロに頼むことにしました。 プログラミングの勉強はやってみたいのですが、それよりも先にやりたいことが私にはある!!…
Add a comment...

Post has attachment
小説をマーケティングと考えたら、面白いように執筆までの過程が進む。 #小説の書き方 #マーケティング

今、執筆ツール「Nola」を使って、せっせか読者さんの棚卸しをしていますが、やっぱりいいですね。 読者設定のところで、読者さんの「好き」と「嫌い」の項目もあるといいなと思いました! 特に「嫌い」は個性が出るので、その要素が性格であれば敵キャラにして主人公と対峙させるのがベスト。 私はファンタジー小説にして「男女共にどんどん成長していくストーリー」をテーマに書きたいと思っています。…
Add a comment...

Post has attachment
なんというか、小説もマーケティングだよね #マーケティング

マーケティングとは、ものすんごくシンプルに言うと「どうしたら相手が喜ぶか?」「どうやったら相手に好きになってもらえるか?」です。 おお、ガチで男性が得意とするところですね。 小説のテーマ(=伝えたいこと)は確かにあるのですが、マーケティングとしてはそれだけじゃだめだと思うんです。 あれですよ、いくらタメになるからといっても自分の話ばかり聞かせてもだめじゃないですか。「たまには私の話も聞いてよ」と拗ねられちゃいます。 「あなたはこの話、どう思う?」と聞いてあげないと意思疎通なんてできませんよね。…
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded