Profile cover photo
Profile photo
橘右近
4 followers -
声優ノベル作家
声優ノベル作家

4 followers
About
Posts

Post has attachment
2018年8月 このサイトをただのweb小説サイトから、読者さんや作家さんが参加できるコミュニティ型の『文章力をアップさせるサイト』に移行しようと思い、先月の下旬からずっとパソコンに向き合い、プラグインを入れたり参考書買ったり何だりかんだり……正直、プログラマーでもなんでもない私には高すぎる壁でした。 なので、できるところは自分でやり、妥協するところはして、サイトからの収益が上がったらプロに頼むことにしました。 プログラミングの勉強はやってみたいのですが、それよりも先にやりたいことが私にはある!!…
Add a comment...

Post has attachment
小説をマーケティングと考えたら、面白いように執筆までの過程が進む。 #小説の書き方 #マーケティング

今、執筆ツール「Nola」を使って、せっせか読者さんの棚卸しをしていますが、やっぱりいいですね。 読者設定のところで、読者さんの「好き」と「嫌い」の項目もあるといいなと思いました! 特に「嫌い」は個性が出るので、その要素が性格であれば敵キャラにして主人公と対峙させるのがベスト。 私はファンタジー小説にして「男女共にどんどん成長していくストーリー」をテーマに書きたいと思っています。…
Add a comment...

Post has attachment
なんというか、小説もマーケティングだよね #マーケティング

マーケティングとは、ものすんごくシンプルに言うと「どうしたら相手が喜ぶか?」「どうやったら相手に好きになってもらえるか?」です。 おお、ガチで男性が得意とするところですね。 小説のテーマ(=伝えたいこと)は確かにあるのですが、マーケティングとしてはそれだけじゃだめだと思うんです。 あれですよ、いくらタメになるからといっても自分の話ばかり聞かせてもだめじゃないですか。「たまには私の話も聞いてよ」と拗ねられちゃいます。 「あなたはこの話、どう思う?」と聞いてあげないと意思疎通なんてできませんよね。…
Add a comment...

Post has attachment
男性に対しては状況判断できることや事実、理などを書いてあげると楽しめる #小説の書き方

昨日書いた「なぜ男性は女性の描くライトノベルが苦手なのか?」に、その『答え』を書くのをうっかり忘れてしまったので、こちらに書きます。 私なりの答えは、男性にとって『感情』というものはあやふやで不確かなものでしかないからです。 女性にとっては『絶対・信じられるもの』ですので、ここからもう違うんですよね。 縦社会が成り立ち、体力的にも試練としても非常に厳しい男性社会で生き抜くためには、感情や感覚を鈍くさせる必要があるんです。…
Add a comment...

Post has attachment
なぜ男性は女性が描くライトノベルが苦手なのか? #小説の書き方

タイトルのような男女の差違を小説の書き方でも表現していこうかな?と思ってます。 例となる超短編を書いて見せたり、そのポイントをお話したり。 実際に見てもらった方が早いと思うので、サクッとオープン。   男性は事実の描写を多くし、女性は感情を中心に書く ⚫『猛暑』を表現 ■男性主人公: うだるような外気の熱に無意識に自動販売機を探した。50m先にあるオアシスを見つけるが、ほとんどの飲料水に『売り切れ』のランプが赤く光っていた。 ■女性主人公:…
Add a comment...

Post has attachment
第5話 ありがとう #恋愛小説

 どうしても、ここから先が書けなかった。  彩ちゃんに教えてもらった通り、会話文をメインに書き、その間に『地の文』を入れた。キャラ設定は既に実際の人物がいるので省いた。テーマは『浮気』。浮気をやめて欲しいからっていう気持ちが一番先にあった。  だけど話している内にどんどんと自分を知るということが楽しくなり、自分の気持ちの変化を書き綴ろうと思った。  それが、ここにきてパタリと途絶えた。…
第5話 ありがとう
第5話 ありがとう
ucon-tachibana-actor-life.com
Add a comment...

Post has attachment
執筆ツール「Nola」の紹介記事を書いた側としての意見を言います。 #Nola #執筆ツール #体験者

先日、小説家専用の執筆ツール「Nola」の体験記事のまとめを公開しました。 その告知をSNSでもし、お友達から「Nola」についての情報を頂きました。 小説執筆ツール「Nola」規約の問題点まとめ「改変等」「pixivからのコピペ」「講評」「削除権限」 – Togetter お恥ずかしい話ですが、利用規約はさらっとしか読んでおらず、問題となっている点においても「そうなんだ」くらいにしか思いませんでした。 完全にそこは私の落ち度です。 紹介するならば、しっかりと確認すべきでした。申し訳ございません。…
Add a comment...

Post has attachment
第4話 彼の浮気が許せない私と許せる彼女 #恋愛小説

 それは、ふと思ったことだった。本当に、何を考えていたわけでもなく、言葉にして思い浮かべていたわけでもなく、不意に口から零れ落ちていった──そんな感覚だった。 「有羽たちは彼に浮気されたらどうする?」  突然の質問に二人は顔を見合わせるが、嫌な顔一つせずに少しだけそのことについて頭を巡らせていた。先に彩ちゃんが答える。 「想像でしかないけど、許せないと思うわ。別れるかどうかはわからないわね」 「だよね。よかったー。彩ちゃんも一緒で」…
Add a comment...

Post has attachment
初心者向け小説の書き方|ノベルのヒント 今までの記事のまとめですが、少しずつ修正していきます! #小説の書き方

※こちらは随時、更新・修正を繰り返していきます。 書き方のヒント 隠されたものにこそ、エロさがある 演技をすることも好きな私の小説の書き方は一味違う 文章に個性を出すということを下ネタで例えてみた 小説のストーリー設定は「まずゴールを作れ!」それからアイディアは色んな方法で書きとめよ! 小説のネタに困ったら、自分の経験の1つをストーリーにしてしまえばいい 小説も男性に見せるか女性に見せるかで、書き方は変わる 三人称で書く小説の地の文が説明文のようになってしまう!どうしたらいい?    …
Add a comment...

Post has attachment
第3話 私が書きたいこと #小説の書き方 #恋愛小説

「今さ、何が一番モヤモヤした?」  不意に尋ねられ、私は今までの会話で感じたことを思い出す。  シュウが有羽のことを好きでもないのに手を出そうとするのも「えー」と思ったし、誰でもいいってことにも驚いた。そして……それが私にも当てはまるんじゃないかって思って……そうだったら嫌だなっていうのと、そうかもしれない可能性が高くて……怖かった。 「あ、ストップ。男の人は誰でもいいわけじゃないからね。そこんとこ誤解しちゃうと、シュウでもかわいそう」 「え?違うの?」 「うん。シュウもそこまで酷くないし。多分」…
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded