Profile cover photo
Profile photo
田中英和
25 followers -
ダンスは苦手です。
ダンスは苦手です。

25 followers
About
英和's interests
英和's posts

iPadひとつで会社運営「PDFをJPEGに変換」

Microsoft ExcelやWord、Googleスプレッドシートなどで作成した文書を、画像JPEGファイルに変換したいということがあります。SNSなどにアップロードしたいようなときです。

iPad Pro(というよりiOS)ではPDFファイルへの変換は標準的な機能としていろんなアプリで利用できます。たとえば、Googleスプレッドシートの書類を共有アイコンからGoodReaderのようなアプリにコピーするとPDFファイルに変換されます。同様にWordアプリでプリントメニューから別のアプリで開くとPDFに変換されて別アプリに引き継がれます。

ですので、文書をJPEGに変換したい場合には、一旦PDFに変換した後、JPEGに変換します。
JPEGに変換する方法はPDFを開いた状態でスクリーンショットを取ります。
PDFをJPEGに変換する機能を持ったアプリもあるようですが、有料のものしかありませんし、それだけのためにさらに別アプリを利用するのも手間に感じられるので、スクリーンショットを利用しています。

スクリーンショットを取った後は、写真アプリにスクリーンショットが保存されていますので、必要があればトリミングなど編集して利用します。文字などを書き足したり、見せたくない部分を塗りつぶしたりしたい場合は、写真アプリにはそうした機能がないので、そうしたことができる別アプリに移して加工します。写真アプリで共有アイコンを利用すれば別アプリに引き継げます。私は、前にPDFの編集アプリとして書いたGoodReaderにはそうした機能がありますので利用しています。

PCでいうファイル管理機能(Windowsのエクスプローラー、MacのFinderのようなもの)が、iPad Proにはないからでしょうか、iPad Proをいろいろに利用していると「共有アイコン」を多用することに気づきます。アプリによって、「エクスポート」「コピーを送信」「別アプリで開く」などと異なる呼ばれ方(アプリ上で表示)をしているので見つけにくいのですが、利用回数を重ねて覚えると便利に感じられるようになります。


iPadひとつで会社運営「WEBページのPDF化」

オンラインで物品やサービスを購入すると領収書がWEBページに表示されて提供されることがあります。
私が利用している範囲では、G Suite、Amazon.co.jp、JAL、OCNなどの会社がこの方法を取っています。

この領収書を印刷したり、Googleドライブに保存したりできるように、iPadでPDFファイルにするにはどうすればよいでしょうか。
WebブラウザSafariにPDF形式の領収書が表示されるのであれば、以前説明した通り、上部に表示される「"◯○○"で開く」をタップして取り扱いたいアプリを選択すれば可能です。
そうでなく、SafariにWEBページとして領収書が表示されている場合は、このようにします。

1. Safariの上部にある共有アイコンをタップして「PDFをiBooksに保存」を選択します。
2. Appleの電子書籍リーダー・iBooksアプリに切り替わり、WEBページがPDFに変換されてiBooksアプリ内に表示されます。

ここから別のアプリにこのPDFファイルを引き渡すには以下の作業を続けます。
3. iBoosアプリでPDFファイルを開きます。
4. 右上にある共有アイコンをタップし「メール」を選択すると、PDFファイルが添付された状態でメールの新規作成画面が表示されます。
5. 自分宛にメールを送信します。Evernoteのように自分専用のアドレスに送信すると自動的に保存される機能があるサービスを利用している場合は直接送信してもよいでしょう。
6. 自分宛に届いたメールを開き、添付されたPDFファイルをタップし、右上の共有アイコンから、任意のアプリを選択することで引き渡すことができます。Gmailアプリであれば、共有アイコン内ではなく、PDFのプレビュー画面にGoogleドライブに追加するアイコンがありますので使用することができます。

簡略に書くと「Safari→iBooks→メール送信→Gmail→Googleドライブ」となります。
iBooksアプリを挟む分、面倒ですが、仕方ないようです。


iPadひとつで会社運営「実験後に」

PCを使わずiPadだけで暮らしていけるかの実験を、一旦終えます。
私の担っている仕事はこれまでに実験してきたことができれば十分まかなえそうです。実験を終えて、iPad Proひとつで暮らしていく自信がつきました。研究、開発といった技術的に何かを作り出したり、大量のデータを取り扱うのにPCは必要でしょうが、こうしたオフィスでの事務作業にはもはやPCは不要な気がしています。iPadやタブレット端末のビジネス現場への導入というとこれまでは店舗で使う店頭端末や、外回りの営業担当者が使うような、特定の用途で使うことを想定されていたように思います。私の実験では、これまでPCが担ってきような汎用的に使える情報端末としてiPadは使えるということが分かりました。本当になんでもできてしまうので特定用途だけの利用では勿体無いような気がします。iPadを使うことを前提として業務フローを見直す時期にきているのかもしれません。

実験を通して四六時中iPad Proを使用し続けた結果、もはやPCでやるよりもiPad Proでやったほうが早いように思います。思えばiPad Proでのそうした作業が面倒だと感じていたのは、「こうしたい」と頭に思いついても「えーっとどうするんだっけ」と即座に思いつかないからだったようです。今ではほとんど考えることなく「こうしたい」と思った瞬間から手が動き始めます。そうするとホームボタンに指を乗せると瞬時に使い始められるiPad Proはストレスがありません。不思議なもので、たまにPCを触っても妙に動作が遅く感じられて(というよりも、思考と身体とPCの動きのリズムが合わない感覚がして)、iPad Proに戻りたくなるのです。

運用上も基本的に保存すべきデータはストレージサービスにアップロードしておくので、万が一iPad Proが故障してもiPad Proの中には消えてはならないデータはありません。アプリをインストールし直したりログインし直したりする手間はかかりますが、復旧は容易です。

私はたまたまiPad Proを使いましたが、たぶんAndroidタブレットでも同じことができそうです。そして、iPhoneをはじめとするスマートホンでも可能です。まさにTravelin’ Light、Livin’ Lightです。カフェなどでPC使っている人をみかけると重々しく、仰々しく感じるようになりました。

これまでの一連の記事もすべてiPad ProとPagesアプリで書きました。Smart Keyboardとソフトウェアキーボードの半々くらいです。場所もさまざまです。文字入力だけであればソフトウェアキーボードを使って書くのが快適です。純正のSmart Coverを利用してiPad Proを角度を浅く傾けて置いて使うのが気に入っています。

今後は、iOS対応した会計ソフトを使ってみることと、iPad Proの12.9インチの新しいモデルが出たら使ってみたいと考えています。

PCを使わなくなる日が来るなんて想像もしていませんでしたが、こんなに急に来るものなのですね。いや、私が気付いていなかっただけで、もう来ていたんですね。

これで実験を終わります。(でももうちょっと続きます)


iPadひとつで会社運営「ExcelとPDFファイルの編集」

PCを使わずiPad Proだけで暮らしていけるか、仕事がこなせるかの実験をしています。

今回はExcelとPDFの編集です。

Excelファイルの編集
仕事でよくあるのが先方からExcel形式の書式が送られてきて、それに入力して返送することです。あるいは役所関係の手続きで、役所のホームページにExcelファイルの書式が用意されていて、ダウンロードして入力したり、印刷して利用する場合です。役所関係の手続きは、基本的に印刷にして署名捺印して提出することになりますので、最終形態は紙になるのが特徴です。
定期的に提出するような書類はExcel形式で入力しておくと、次回は変更すべき箇所だけ内容を直せばよく、入力が楽になるので便利です。
Excelの編集には、Microsoft Excelアプリを利用します。かなり再現性が高いのでiPadだからレイアウトが崩れるといったことはほとんどありません。ただし、用意されているExcelファイルの形式が古いバージョンのタイプ(.xlsxではなく.xlsの場合など)だとiPad ProのExcelアプリでは読み込めない場合がありま
す。この場合、PCのExcelで変換してからiPadで利用するか、あきらめてこのあとに説明するPDFの編集にするしかありません。

PDFファイルの編集
役所関係のの書式は、PDF形式で提供されていることも多いです。そこで書式のPDFファイルをiPad Proのアプリで開き、文字などを記入することで書類を作成することもできます。アプリは「GoodReader」を利用します。
GoodReader以外の各種アプリからPDFファイルをGoodReaderにコピーする方法は既にやったことがあります。各種アプリの共有アイコンから「GoodReader」を選択するとコピーすることができます。また、Googleドライブなどのストレージサービスに存在するPDFファイルであれば、GoodReaderの「Connect」から指定してコピーすることができます。
GoodReaderにコピーしたらPDFファイルを開きます。左部にテキストや手描き線、図形などを書き加えるメニューアイコンが並んでいますので、好きなものを選んで記入します。
iPad Proを使用するならオススメなのがApple Pencilで手書きすることです。まさに紙にペンで書いているような感覚です。誤記しても消しゴムツールで消して修正できるので便利ですし、定期的に使用する場合にも変更箇所だけ綺麗に書き変えることができます。紙の場合、手書きだとすべて書き直しですが、デジタルデータの手書きならではの便利さといえるでしょう。

これで定められた書類の作成ができるようになりました。


iPadひとつで会社運営「FAX送信」

PCを使わずiPad Proだけで暮らしていけるか、仕事がこなせるかの実験をしています。

今回はFAX送信です。FAX機は持っていません。メールにファイル添付ができますからFAXを受信する機会がないからです。
しかし、FAXでしか受け付けてくれない手続きや、FAXを送ったほうが早く済む手続きがあり、たまにPCからFAX送信することがあります。たとえばハローワークの求人の継続手続きや、定期健康診断の補助申請の写しを健診機関に送らなければならない場合です。窓口に出向いたり郵便で送るよりも簡便に済みます。

これまでPCでは、WEBサービスとして提供されているWEBブラウザで利用できる「HELLOFAX」というFAX送信サービスを利用していました。同じサービスをiPad ProのSafariアプリから使えるか試してみたところ、PDFファイルの送信はできたものの届いたFAXを見るとPDFファイルのテキストが欠落してしまっており、使えないことが分かりました。試してはいないのですが、PDFをJPEGに変換したものを使えば、おそらくHELLOFAXでも送信できると思われます。複数ページをFAX送信する場合に手間がかかるので別の方法をとることにします。

そこでiPadからFAX送信可能なアプリを探し、「FAX.de FreeFax International」というアプリを見つけました。試しに送信してみたところ、テキストが欠落することなく送信することができました。アプリですのでSafariで行うよりも操作はやりやすいです。「FAX.de FreeFax International」は1日1ページまで無料で利用できます。それ以上の頻度で送信したい、それ以上の枚数を送信したい場合には、プリペイドで50ページ分1400円を支払えば利用することができます。1枚28円ですから、コンビニエンスストアのFAX送信サービスよりも割安ですし、何より店頭に出向く必要がないのが便利です。

これでFAX送信ができるようになりました。


iPadひとつで会社運営「印刷とスキャン」

PCを使わずiPad Proだけで暮らしていけるか、仕事がこなせるかの実験をしています。

今回は印刷とスキャンです。シチュエーションとしては次の3つが想定できます。
1. 自宅やオフィスで行う
2. ホテルなどのビジネスセンターで行う
3. コンビニエンスストアで行う

自宅やオフィスで行う
iPad Pro(iOS)から直接印刷やスキャンができる機器を用意する必要があります。Canonのインクジェットプリンターとスキャナーの複合機がいいようです。iPad ProにCanonのアプリをインストールすればiPad Proから直接印刷やスキャンを行うことができます。
残念ながら保有している機器は対応しておらず、現在はできません。できるだけ紙の取り扱いはしないようにしているのでそれほど頻度は高くないのですが、必要な場合にはPCを使用する必要がありそうです。購入して機器を入れ替えるのも一案ですが、使える機器を処分するのももったいないので。。。

ホテルなどのビジネスセンターで行う
出張先のホテルにはビジネスセンターがあり、共用のプリンターやスキャナー機能をもつ複合機を使用することができます。また、私は日本各地、世界の主要都市に設置されているオフィス機能を使用できるサービスを利用しており、それらの場所にも共用の複合機が設置されています。
そうした場所ではUSBメモリを介してそれらを使用します。PDFファイルを保存したUSBメモリを複合機のUSB端子に差し込むと、USBメモリ内のPDFファイルを複合機で印刷することができます。また、複合機でスキャンしたデータをUSBメモリに保存することができます。
iPad ProにはUSB端子がなく、Lightning端子があるだけです。そこで、Lightning端子とUSB端子の両方をもつLightningメモリという商品が使用します。いくつかのメーカーから発売されているようですが、私が使用しているのはTracnscendの「JetDrive Go」というメモリです。iPad Proからデータを読み書きする場合はLightning端子を使用し、複合機からデータを読み書きする場合にはUSB端子を使用して、ビジネスセンターの複合機で印刷とスキャンを行うことができます。iPad Proでは「JetDrive Go」というアプリを使用しますが、他のアプリとの連携も問題ありません。
なお、Lightningメモリの商品の中には、取り扱えるデータは音楽・画像、動画データのみといった制限があるものもあるようですので注意が必要です。PDF、JPEGは必須ですし、Microsoft Office形式が取り扱えると尚良いでしょう。

コンビニエンスストアで行う
コンビニエンスストアの店頭にはマルチコピー機と呼ばれている複合機が設置されており、プリンターやスキャナーとして使用することができます。
セブンイレブンでは、セブンイレブン専用のアプリ「セブン−イレブン マルチコピー」を使用することでLightningメモリを介さず、iPad Proで直接印刷やスキャンを行うことができるので便利です。
その他のコンビニエンスストアでは、ビジネスセンターと同じようにLightningメモリを介して店頭の複合機で印刷やスキャンを行います。印刷に限ってはSHARP製のアプリ「ネットワークプリント」を使用することで、Lightningメモリなしに印刷することができます。アカウント作成が必要ですが、ネットワークプリントは印刷したいデータをアップロードし、店頭のマルチコピー機がデータをダウンロードして印刷する方式なので、自宅やオフィスであらかじめデータをアップロードしておくことができますので、使い方によっては便利です。

これでiPad Proで印刷、スキャンができるようになりました。


iPadひとつで会社運営「WordでPDF書類の作成」

PCを使わずiPad Proだけで暮らしていけるか、仕事がこなせるかの実験をしています。

今回は特定の作業ではなく、Microsoft WordアプリでPDF書類を作成できるかの実験です。
必要な作業手順はこうです。
1. Microsoft Wordで2つ以上の書類を作成し、PDF形式のファイルにする。
2. GoodReaderで、複数のPDFファイルを結合する。
3. GoodReaderで、PDFファイルを編集(ページ削除、ページ入替)する。
4. GoodReaderで、PDFファイルをGoogleドライブにアップロードする。

使用するアプリは下記の通りです。
Microsoft Word
GoodReader
Googleドライブ

Microsoft WordファイルをPDFに変換
Microsoft Wordアプリを使用して書類を作成します。既存のファイルを元に別の書類を作成する場合は、ファイルを開いた後、左上のファイルメニューから「複製保存」でコピーし、既存ファイルに上書きしないようにします。
書類が作成できたら、左上のファイルメニューから「プリント」→「別のアプリで開く」をタップして、「GoodReaderにコピー」を選択します。GoodReaderアプリに切り替わり、PDFファイルが表示されますので、確認しファイルを閉じます。
Microsoft Wordアプリに戻り、別の書類を作成し、同様にPDFファイルをGoodReaderアプリにコピーします。
たんにPDFファイルに変換するだけであればGoodReaderアプリではなく、iFilesアプリを選択しても構いません。この後PDFファイルの編集を行うため、ここではGoodReaderアプリを使用します。

GoodReaderでPDFを結合
GoodReaderアプリで結合したいPDFファイルの1つを開きます。画面のどこかを軽くタップしてメニューを表示させます。下部に並んだメニューアイコンから、四角形が縦横2つずつに並んだページ編集アイコンをタップします。
右下の「Append」をタップし、結合したいPDFファイルを選択し「Append」をタップします。画面で選択したファイルのページが追加されるのを確認します。右上の「Save」をタップして結合された状態を保存します。

GoodReaderでPDFをページ編集
GoodReaderアプリにはファイルを結合する機能のほか、不要なページを削除する機能や、ページの順序を入れ替えるページ編集機能があります。
GoodReaderアプリでPDFファイルを開き、さきほどAppend機能の使用した時のように、ページ編集可能な状態にします。
削除したいページを選択状態にし、下部のメニューアイコンで「Delete」をタップすると、ページを削除することができます。
単ページを移動させたい場合は、そのページを長押しタップするとページが浮いた状態になるので、タップした指を画面から離さず、移動先のページ位置にそのままドラッグします。
複数ページを移動させたい場合は、ページを選択状態にし、下部のメニューアイコンで「Move」をタップすると、移動先指定ページ(「Move Here」ボタンがあります)が表示されます。その位置でよければ「Move Here」ボタンをタップします。移動先の位置を変えたい場合は、移動先指定ページをドラッグして任意の位置に置きます。そこで「Move Here」ボタンをタップします。
GoodReaderアプリからファイルをGoogleドライブにアップロード
ファイルに対してアップロード操作をする前にあらかじめアップロードしたいストレージサービスをGoodReaderアプリに追加しておく必要があります。上部の「Connect」をタップし、中ほどの「Connect to Servers」の右横にある「Add」ボタンをタップして、任意のストレージサービスを追加します。私の場合はGoogleドライブを追加してあります。
GoodReaderアプリでアップロードしたいファイルを長押しタップし、選択状態にします。複数ファイルをアップロードしたい場合は続けてファイル名をタップして選択状態にします。
右部の機能一覧から「Upload」を選択します。アップロード先のストレージサービスを選択し、保存したいストレージ内のフォルダを選び、下の「Upload」をタップするとアップロードが開始されます。

これで作業手順はすべてできました。

ここまでできれば、あとは応用で、さまざまなアプリ間でファイルを受け渡し、作業した後、圧縮したり、メールに添付して送信したり、クラウド上のストレージにアップロードできることが分かります。ファイル形式もMicrosoft Officeの各形式、PDF、ZIPが扱えれば問題ないはずです。

この後は、印刷、スキャナー取り込みなどの実験を進めていきます。


iPadひとつで会社運営「ZIP圧縮」

PCを使わずiPad Proだけで暮らしていけるか、仕事がこなせるかの実験をしています。

今回はB社への請求処理ができるかの実験です。
必要な作業手順はこうです。
1. Googleスプレッドシートで書類を作成し、PDF形式のファイルにする。
2. Microsoft Wordで書類を作成する。Word形式のファイルのまま。
3. SafariでWEBサービスを使用して請求書を作成し、PDF形式のファイルにする。
4. 上記1、2、3で作成したファイルをZIP形式に圧縮する。
5. ZIP形式のファイルをメールに添付して送信する。
6. 上記1、2、3のファイルをGoogleドライブに保存する。

使用するアプリは下記の通りです。
Googleドライブ
iFiles
Googleスプレッドシート
Microsoft Word
Safari

GoogleスプレッドシートをPDFに変換
Googleスプレッドシートアプリを使用して書類を作成します。ファイルを開いた状態で右上のメニューアイコンをタップし「共有とエクスポート」→「コピーを送信」を選択します。ファイル形式の選択でPDFを選び、OKをタップします。PDFの準備ができ上がるまで待ち、エクスポート先にiFilesを選択します。iFilesアプリに切り替わり、PDFファイルが表示されますので、確認しファイルを閉じます。
iFilesはPDFファイルのページ編集(不要なページを削除したり、複数のPDFファイルを結合することなど)ができないので、そうした編集が必要な場合はGoodReaderアプリを使用します。

Microsoft Wordファイルで書類を作成
Microsoft Wordアプリを使用して書類を作成します。ファイルを閉じた状態(Wordアプリ内のファイル一覧の状態)で、ファイル名の右にあるメニューアイコンをタップし「共有」→「コピーを送信」→「別のアプリケーションで送信する」を選択します。「iFilesで読み込む」を選択します。
iFilesアプリに切り替わり、Wordファイルが表示されますので、確認しファイルを閉じます。

Safariで表示したPDFファイルをiFilesにコピー
前の記事で説明しましたので省略します。

複数ファイルをZIPファイルに圧縮
iFilesアプリで右上の「Edit」をタップします。ファイル名の左に丸い選択マークが表示されます。ZIP形式に圧縮したいファイルをすべて選択します。下部に表示されている操作オプションにある「Zip」をタップすると、選択したファイルが圧縮され「Archive」というZIPファイルが作成されます。右上の「Done」をタップして終了します。
必要に応じて、ファイル名の長押しして「Rename」をタップし、ファイル名を変更します。

iFilesアプリからZIPファイルを添付したメールを送信
前に書いたPDFファイルの添付と同じです。
iFilesアプリでZIPファイル名を長押しタップします。操作オプションが吹き出し表示されますので「Open In」をタップし、Gmailを選択します。
iFilesアプリ上でGmailの新規メール作成画面が表示されます。本文下部に選択したZIPファイルが添付されていることが確認できます。宛先、件名、本文を入力し、右上の送信マークをタップするとメールが送信されます。

iFilesアプリからファイルをGoogleドライブにアップロード
前に書いた手順と同じですので簡単に書きます。
iFilesアプリ右上の「Edit」からアップロードしたいファイルを選択し、下部の「Upload」をタップして、アップロード先を指定します。

これで作業手順はすべてできました。



iPadひとつで会社運営「ZIP復元、PDFのメール添付とGoogleドライブ保存」

PCを使わずiPad Proだけで暮らしていけるか、仕事がこなせるかの実験をしています。

今回はA社への請求処理ができるかの実験です。
必要な作業手順はこうです。
メールに添付されたパスワード付きZIPファイルを復元し、PDFファイルを取り出す。
取り出したPDFファイルの内容に基づいて、WEBサービスの請求書作成システムを利用して請求書を作成し、PDF形式で請求書を出力する。
PDF形式の請求書をメールに添付して送信する。
使用した2つのPDFファイル(メール添付されてきたファイルと作成した請求書ファイル)をGoogleドライブに保存する。

使用するアプリは下記の通りです。
Gmail
iFiles
Safari
Googleドライブ

GmailからiFilesへZIPファイルのコピー
Gmailアプリで添付のZIPファイルをタップすると復元はされず、ファイル名やファイルサイズが一面グレーの画面に表示されます。右上に共有アイコンがありますのでタップし「iFilesで読み込む」を選択します。画面が切り替わり、iFilesアプリ上に添付ファイルが表示されていることを確認します。ZIPファイルのファイル名が日本語の場合、日本語部分が文字化けしていることがありますが、復元後のファイル名は元の日本語が文字化けすることなく表示されます。

ZIPファイルの復元
iFilesアプリでZIPファイルを選択し、ファイル名の右に表示されているジッパーを模した青いマークをタップします。パスワードがかかっている場合はパスワード入力を求められますので入力します。同じ場所に復元後のファイルやフォルダが表示されれば復元が完了です。
iFilesアプリ内でPDFファイルを開いて内容を閲覧することができます。

Safariで表示したPDFファイルをiFilesにコピー
Safariアプリで請求書作成サービスにアクセスします。私は「MakeLeaps」を使用しています。
MakeLeapsにログインして、請求書を作成します。iPad Proでもフルブラウザですので、PCでやっていたのと同じ手順で作成することができます。
請求書を作成したら、MakeLeapsの機能にある「PDF」ボタンまたは「PDFダウンロード」ボタンをタップします。Safariアプリの画面に請求書のPDFファイルが表示されます。表示後すぐ、あるいは画面をタップすると、左上に「その他...」、右上に「”◯◯◯”で開く」と表示後されます。◯◯◯の部分は最近使用したアプリ名なのですが、これがiFilesであればそのまま「”iFiles”で開く」をタップします。そうでなければ「その他...」をタップして「iFilesで読む込む」を選択します。
iFilesアプリに切り替わり、iFilesアプリでPDFファイルが表示されます。左上の×マークをタップして閉じると一覧にSafariアプリから読み込んだPDFファイルが表示されています。

iFilesアプリからPDFファイルを添付したメールを送信
iFilesアプリでPDFファイル名を長押しタップします。操作オプションが吹き出し表示されますので「Open In」をタップし、Gmailを選択します。
iFilesアプリ上でGmailの新規メール作成画面が表示されます。本文下部に選択したPDFファイルが添付されていることが確認できます。宛先、件名、本文を入力し、右上の送信マークをタップするとメールが送信されます。
添付しようとするファイル名が全角文字を含んでいる場合、文字化けする恐れがありますのでiFilesアプリであらかじめファイル名を半角文字のみに変更しておきます。ファイル名の長押しタップで「Rename」をタップすることで変更できます。

iFilesアプリからファイルをGoogleドライブにアップロード
ファイルに対してアップロード操作をする前にあらかじめアップロードしたいストレージサービスをiFilesアプリに追加しておく必要があります。左上のDashboardエリアの左上の「+」をタップして、任意のストレージサービスを追加します。私の場合はGoogleドライブを追加してあります。
iFilesアプリで右上の「Edit」をタップします。ファイル名の左に丸い選択マークが表示されます。アップロードしたいファイルをすべて選択します。下部に表示されている操作オプションにある「Upload」をタップしてアップロード先のストレージサービスを選択し、保存したいストレージ内のフォルダを選び、右下の「ThisFolder」をタップするとアップロードが開始されます。

これで作業手順はすべてできました。
iFilesアプリのかわりにGoodReaderアプリを使用しても同じことができるはずです。ZIPファイルの復元時の文字化け防止のために、私はiFilesアプリを使用しています。
GoogleドライブにアップロードしてからGmailアプリでメール作成すると、メールにはファイルの実体が添付されずファイルへのリンクが付加されるだけです。外部サイトへのアクセスを制限しているような相手先にファイルを添付する際には注意が必要です。
保存が必要なファイルはGoogleドライブにアップロードして管理します。iFilesアプリはあくまで作業用であり、ひと通りの作業が完了したらダウンロードしたり取り扱ったりしたiFilesアプリ内にあるファイルは削除しておきます。


iPadひとつで会社運営「実験前に」

PCを使わずiPadだけで暮らしていけるかの実験を始めようと思います。暮らすと言い表すのにはひと通りの仕事がこなせるかという意味が含まれています。

私は小さな会社を運営しています。私自身が総務、経理、営業事務といった間接業務を担っています。だいたいの作業はWebブラウザとExcel、Wordがあればこなせますが、会社の顧問税理士事務所指定の会計ソフトだけはPCにインストールするアプリケーションソフトウェアなので、それがあるかぎりPCなしでは仕事を完結させることができませんでした。ところが先日の担当税理士さんとの面談で、iOSに対応した会計ソフトを使うことができるかもしれないという説明を聞き、PCを使うことなくiPadだけで暮らしていくという実験を始めてみることにしました。だいたいはできるだろうと思いますが、本当にできるかどうか検証したわけではありませんので。
肝心の会計ソフトの切り替えはもう少し先ですので、その作業だけはPCを使いますが、そのほかは仕事、私用を問わずiPadだけでなんとかしてみる、という実験です。

実験の内容をお話する前に、なぜiPadだけで暮らしていきたいのかといった話をしておきましょう。

iPadは最初のモデルが出てすぐに入手しました。PCでもないスマートフォンでもない新しいデバイスを触る楽しさは十分に味わいましたが、実用性という点では、メール、カレンダー、動画鑑賞、電子書籍などひと通りの機能を試した後は常用するにはいたりませんでした。その原因は、片手で持つには辛い重さもありますが、やはりPCでしかできない作業があり、iPadで入力しても最終的にはPCにデータを移す必要があるので、それならば最初からPCで作業するほうが便利だったからです。PCでしかできないことがある以上、出張や旅行にはPCを持っていかざるを得ません。PCとiPadを両方持ち出すほどのメリットがiPadにはありませんでした。

その後、より小さく軽いタブレットが出たのでいくつか試しました。e-InkのKindle、GoogleのAndroid端末であるNexus 7、そしてiPad miniも使ってみました。いずれも私にとって電子書籍リーダーとしては優秀でしたが、それ以外の用途で常用するには至りませんでした。電子書籍を読まない(読む時間がなかったり、紙の本を読んだりする)時期になると持ち出すこともなく、電源を入れることもなくなります。こうしたデバイスは日々ちょこちょこ使って便利なもので、ひさしぶりに電源を入れようとして充電が必要だったり、システムやアプリのアップデートで待たされたりすると、もういいやという気分になります。しばらくするとスマートフォン(私の場合それはiPhone)とPCしか使わなくなります。

外出は身軽にしたいので、持ち運ぶ情報端末はiPhoneだけで済ませたいところですが、仕事上必要であればPCを持っていかざるをえません。個人的な旅行にも、特に海外旅行などはPCがあると何かと便利ですし、安心です。仕事では出張が多く、個人的にも旅行が好きなので、PCを持ち運ぶ生活が続いていました。そうした際にいくらラップトップ型の軽量マシンとはいえ、1kg近い重量のPCは荷物の負担になります。案外、ACアダプタは重くかさばるものです。

そんななかで、iPad Proの発表を耳にしました。最初に発売されたモデルはサイズが12.9インチといささか大きく、購入して利用することはないだろうと思いましたが、Apple Pencilには興味をそそられました。以前使っていたiPadやAndroidタブレットでも丸いゴムのようなペン先のスタイラスペンを試したことがありますが、使い続けようとは思いませんでした。店頭で試したApple Pencilは使ってみようと思わせるものでした。ペン先が細く硬くよい書き心地です。実際の線の描画精度は、iOS標準のメモアプリに限っては違和感なく書くことができました。9.7インチのiPadがApple Pencilに対応したら買って使ってみてもいいかなと思いました。

そうしたら、本当にというか大方の予想通りというか、9.7インチのiPad Proが発売されました。購入の最後のひと押しとなったのは地味ですがApple SIM内蔵です。これは12.9インチのiPad Proには搭載されていません。次の12.9インチモデルでは内蔵されるでしょうけど、今のところ9.7インチのiPad Proだけの機能です。セルラーモデルには、通常のnanoSIMトレイのほかにApple SIMが内蔵されており、日本国内ではSIMトレイに装着したSIMを利用して通信し、海外では内蔵のApple SIMを利用して現地の通信会社の通信網が使えるというわけです。海外の空港などで現地のSIMを調達してもいいのですが、SIMの購入と小さなピンを必要とするSIMの差し替えが面倒です。国内キャリアが提供する海外でのデータ通信サービスを使えば、SIMの差し替えは不要なのですが、国内ではMVNOの割安なSIMを利用する場合、そもそもMVNOには海外でのデータ通信サービスがありません。そのために国内でキャリア(MNO)のSIMを使うのは利用頻度を考えると経済的ではありません。というわけで、iPad Pro 9.7インチのSIMフリーセルラーモデルを購入しました。私にとってひさしぶりのタブレット、初代iPad miniぶりのiPadです。

iPad Proを使い始めて驚いたのは、いろいろアプリが出揃っていることです。それほど凝った使い方はしませんが、ごく自然に使えるようになっているんだなあと感じました。仕事ではG Suite(旧Google Apps for Work)、私用はiCloudと使い分け、それらの利用に必要なアプリはGoogle、Appleが用意してくれているので困ることはありません。G Suiteにはスプレッドシート機能がありExcelの代替に十分使えます。メールのやり取りやiPadのWEBブラウザSafariで利用する各種WEBサービスもPCのWEBブラウザと同じように使うことができます。気がつけば、PCを開くことなく1日の作業を終えていることもありました。冒頭にも書いた通り、会計ソフトを使わなければ、そして、紙へのプリントアウトが必要なければ、iPadだけで済んでしまうのです。それも使いにくいタブレットを無理矢理使っているといった印象は皆無でごく自然に使えるのです。仕事以外でも、SNS、iBooks、Apple Music、YouTube、dマガジンといった娯楽系のアプリを多用するようになり、いつのまにかiPad Proは片時も手放せない存在となっていました。

出張の予定が入りました。これまでであればiPad Proは置いておき、PCを持って出かけるところです。しかし、出張中に必要になりそうな作業はiPad Proでこなせることが分かっていれば、PCを持たずにiPad Proを持って出かけようと思うようになりました。いえ、なんとかしてiPad Proを持っていけないかと考えるようになったのです。もっと積極的にiPad Proを持っていきたいと。実際、何度かの出張と個人的な旅行にiPad Proを持参しました。PCは持たずに。困るような事態は起きませんでした。iPhoneとACアダプタ、ケーブルが兼用できるのも便利です。今では旅行バッグには、複数のUSB端子を持つACアダプタ1つと、Lightningケーブル2本が入れっぱなしにしてあります。電話とSMS以外はiPhoneとiPadの両方で同じことができるので、バッテリーの残量を気にすることもなくなりました。モバイルバッテリーも持たなくなりました。いろいろスッキリさせることができました。

そうなると欲が出るもので、自分の生活からPCを無くすことができないものか、iPad Proだけにできないかと考えるようになりました。環境や仕事のやり方を根本的に見直し始めたのです。

そこへ冒頭の会計ソフトの話です。PCへのインストールが必須だった会計ソフトがiOSだけで運用できるというのです。これまでにも税理士さんには相談していました。せめて仕訳入力だけでもいいのでiOSで処理できないものかと、その時には「できると宣伝されている会計ソフトをいくつか試しているが実用に耐えるものがない」ということだったのです。その税理士さんが「これならいける」と言うのですから問題なさそうです。

一番の難関と思われた会計ソフトの障壁はなくなりました。あとは、会計ソフト以外の自分に必要な作業がiPad Proだけでまかなえるのか、検証しなければなりません。現時点ではやはりファイルの扱いやファイル形式の変換に不安が募ります。PCでの作業(操作)と同じようにiPadでやろうとしているので、やり方がパッと思いつかず不安に感じているのだろうと思います。もしくは、やり慣れたPCでの操作とは異なる手順を踏まねばならず、それがことさらに面倒に感じるのかもしれません。しかし、(紙と鉛筆ではなく)PCを使い始めた時のこと、(マウスではなく)キーボードショートカットの操作を覚え始めた時のこと、(折りたたみ式の携帯電話ではなく)スマートフォンを使い始めた時のことを思い出せば、やり方を覚えて、無意識に操作できるようになれば、そのような不安は一体なんだったのかと思う日がくるのではないかと楽観的に取り組んでみようと思います。

うまくいけば、iPadだけで暮らすということが実現します。iPadが目指したポストPCのコンピューティングのあり方のひとつを先取りすることになるのかもしれません。いま私が担っているようなことはPCではなくiPadでいいのだと、iPadひとつあれば、会社を運営する実務くらいは問題なくこなせる未来に、すでに私たちは生きているのだと言えることになるでしょう。

では実験を始めます。

Wait while more posts are being loaded