Profile cover photo
Profile photo
miki okoba
2,410 followers
2,410 followers
About
Communities and Collections
View all
Posts

Post has attachment

Post has shared content
ぼくのしゃしんにっき / さかざきこうのすけ
http://islandgallery.jp/14730
 
会  期 2017年7月28日[金]-31日[月]
     28日(金)・31日(月) 11:00-19:00
     29日(土)・30日(日) 11:00-17:30
会  場 +Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
入場無料 会期中無休
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
Photo
Photo
2017/07/19
2 Photos - View album

Post has attachment
HONDAの車のCMで、霧に包まれた東京の映像が超かっこよくて好きなんですが、音楽もイカスなぁと思ってググったら、Suchmosというグループの「STAY TUNE」という曲でした。
昨日の夕方はそんなCMの映像と音楽を思い起こすような夕景でした。霧が出た~と思い、カメラを持ってまたベランダに出た時は、晴れたままザンザン降りの雨がっΣ(゚Д゚)
パキッと澄んだ空気の東京夜景もきれいだけど、霧に包まれた大都市がとてもミステリアスで、不思議な気持ちになります。ふわっとまるで幻想の世界を見ているようで、これもまた良いなぁと想うのです。
Photo

Post has shared content
Giovanni Piliarvu 写真展 Isole
http://islandgallery.jp/14536

遠い島、古い島。島の風はいにしえの話を語って、岩肌を刻んで波を動かす。
シチリアとサルデーニャの静かな物語が風景の上に舞い降りると、
古代の地中海の薫りが漂う。
その薫りはそこで過ごした瞬間と結ばれている。
その場所は空からの光と色で刻まれている。
その空は地中海の一番大きな二つの島を上から見つめている。
遥か遠い昔から。 / +Giovanni Piliarvu

◆◆◆

ジョバンニが生まれ育ったサルデーニャ島は、イタリアでも屈指の美しさを誇るのだと自ら語る。古い歴史と大自然が織りなす壮大な風景と対話をしながら、一枚一枚丁寧に写し撮られた作品は、まるで映画の一場面のようだ。出品作品はサルデーニャ島を中心に、イタリア各地の美しい風景写真を25点展示販売いたします。

Giovanni Piliarvu 写真展 Isole
会  期 2017年6月16日(金)-25日(日) 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 +Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


作家在廊日
6月
__16日(金) 終日
__17日(土) 11-13時 18-19時
__18日(日) 終日
__19日(月) 16-19時
__20日(火) 14-19時
__21日(水) 17-19時
__23日(金) 終日
__24日(土) 11-13時 18-19時
__25日(日) 終日
Photo

Post has shared content
16日から開催です。ジョバンニさんの在廊日もチェックして下さいね。
Giovanni Piliarvu 写真展 Isole
http://islandgallery.jp/14536

遠い島、古い島。島の風はいにしえの話を語って、岩肌を刻んで波を動かす。
シチリアとサルデーニャの静かな物語が風景の上に舞い降りると、
古代の地中海の薫りが漂う。
その薫りはそこで過ごした瞬間と結ばれている。
その場所は空からの光と色で刻まれている。
その空は地中海の一番大きな二つの島を上から見つめている。
遥か遠い昔から。 / +Giovanni Piliarvu

◆◆◆

ジョバンニが生まれ育ったサルデーニャ島は、イタリアでも屈指の美しさを誇るのだと自ら語る。古い歴史と大自然が織りなす壮大な風景と対話をしながら、一枚一枚丁寧に写し撮られた作品は、まるで映画の一場面のようだ。出品作品はサルデーニャ島を中心に、イタリア各地の美しい風景写真を25点展示販売いたします。

Giovanni Piliarvu 写真展 Isole
会  期 2017年6月16日(金)-25日(日) 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 +Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


作家在廊日
6月
__16日(金) 終日
__17日(土) 11-13時 18-19時
__18日(日) 終日
__19日(月) 16-19時
__20日(火) 14-19時
__21日(水) 17-19時
__23日(金) 終日
__24日(土) 11-13時 18-19時
__25日(日) 終日

Photo

Post has shared content
あと2日となりました。作家と作品に会いにいらして下さい。
彩色写真画家 安斉紗織
http://islandgallery.jp/14611

モデルさんではありません。美しすぎる彩色写真画家 安斉紗織です。いやぁ、この『美しすぎる』と言う枕詞もどうかと思いましたが、ちょっと使用してみました。

4回目の個展もあと2日。明日の日曜日までになりました。もちろん終日作家在廊しています。どうぞお見逃しなく!!


安斉紗織 彩色写真画展『さくら』
会  期 2017年6月3日[土]-11日[日]
入場無料 会期中無休 / OPEN 11:00-19:00
会  場 +Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity

アフタヌーンティータイム
毎日 15:00-17:00

美味しいお飲物とスイーツをご用意しております。午後のひと時をゆったりとおしゃべりを楽しみながら、ご一緒できれば嬉しいです。みなさまのご来廊を心よりお待ちしております。/ Saori Anzai
Photo

Post has shared content
安斉紗織 / 夢桜
http://islandgallery.jp/14591

前ポストからのつづきです。

さて彩色写真画 安斉紗織は、なぜカラー写真をわざわざモノクロにして、再度カラー化をするのか?

実は彼女の撮影してきた元の写真は、完璧なデータとして記録されている。ですから、そのままプリントをしても十分ギャラリーに展示できるクオリティなのだ。写真家としても相当な腕前だ。
安斉紗織は幼いころより美術に親しみ、美大では油絵をはじめデザイン、そして写真学も勉強をしている。そしてフィルムからの現像もやっていたというから、今となっては貴重な体験をしたことになる。
暗室作業は撮影と同じくらい、作品の仕上がりを左右する重要な工程だから、自ずと個性も出てくる。もちろんこの時はモノクロの現像だ。もっとも現代はPhotoshopやLightroomでのデジタル現像になったが、個性がここで出て来るのは言うまでもない。
さて、そんなバックグラウンドから察するに、モノクロプリントされた作品に絵筆を取ることは、ある意味自然な流れだったのかもしれない。更に付け加えると、Island Galleryのスタッフ時代に、10年以上も沖縄の天才版画家 名嘉睦稔の手彩色木版画を目の当たりにし、制作風景も間近で見ることが出来たことは、大きな影響があったのは確実だろう。
そして初めて彩色した作品を名嘉睦稔さんに見ていただいた時、この技法に名前を付けようという事で『彩色写真画』と命名してくれたのでした。

さぁ、いよいよ本題ですが、安斉紗織はなぜこのスタイルに魅せられたのか。

そのままではあまりにも生々しい写真は、一旦モノクロに変換することによってリセットされ、彩色することによって、彼女の心の中のリアルな世界観を表現しているのだろうと思う。 / +HIDEO ISHIJIMA

会期は6月11日(日)までです。
是非とも実物を見て体感してください。


安斉紗織 彩色写真画展『さくら』
会  期 2017年6月3日[土]-11日[日]
入場無料 会期中無休 / OPEN 11:00-19:00
会  場 +Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity

アフタヌーンティータイム
毎日 15:00-17:00

美味しいお飲物とスイーツをご用意しております。午後のひと時をゆったりとおしゃべりを楽しみながら、ご一緒できれば嬉しいです。みなさまのご来廊を心よりお待ちしております。/ Saori Anzai

Photo

Post has shared content
今日も全日在廊されてます♪
彩色写真画家 安斉紗織『さくら展』開催中
http://islandgallery.jp/14578

Island Galleryのスタッフとして10年、そして後半は店長として頑張っていた安斉紗織 +Saori Anzai。2015年9月、彩色写真画家として初個展を開催してから早2年。4回目の個展『さくら』が始まっている。土日は大勢の方に来廊いただきました。回を増すごとに着実に進化をしている彩色写真画を、ぜひ実物で体感してください。 / +HIDEO ISHIJIMA
 
 
安斉紗織 彩色写真画展『さくら』
会  期 2017年6月3日[土]-11日[日]
入場無料 会期中無休 / OPEN 11:00-19:00
会  場 +Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity

アフタヌーンティータイム
毎日 15:00-17:00

美味しいお飲物とスイーツをご用意しております。午後のひと時をゆったりとおしゃべりを楽しみながら、ご一緒できれば嬉しいです。みなさまのご来廊を心よりお待ちしております。
Photo

Post has attachment
初夏の陽気が続いて、空気も乾燥していて過ごしやすいですね。
昨日の東京の夕焼けはとてもきれいでしたね。雲が低く垂れ込めて不思議な夕焼けで、久しぶりにベランダでの撮影をやっちまいました。
Photo

Post has attachment
蔦温泉近くの沼です。
有名な蔦沼に行く途中の小さな沼。新緑がとてもフレッシュで見てるだけで若返りそうなそんな妄想を抱ける場所でした。
Photo
Wait while more posts are being loaded