Profile cover photo
Profile photo
Yoshihiro Murakami
197 followers
197 followers
About
Posts

Post has attachment
ニュートンが別冊『脳のしくみ(仮)』を12月に再編集して出版する。収録予定の「知能のついてのウソ・ホント」の記事の読み直し。そういえば、日本の心理学の知能研究は壊滅的状況だったが、やはり「IQってホントは何なんだ?」(日経BP, 2007年)でお仕舞いかな。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
JMT Northbound 2017 (3) --- BishopからYosemiteへ
昨年のJMTは一部を雑誌に書くかもしれないので放置。今年のJMTも、いろいろ忙しかったので、放置していた。いくつか重要な出来事があったので、防備録として記述しておく。 全部の写真はここ 8/7 バスでNorth Lakeへの分岐、9:10。林道を辿り、North LakeのTrailheadが10:15。登りなので遅い。Loch Leven湖でlunch、Pass は15:40と遅くなった。ただ、下りはなだらかで、速く歩けた。トレイルが二つに分かれるが、どうせ合流する。小高いトレイルを進み、6時頃、わずかな水...
Add a comment...

Post has attachment
JMT Northbound 2017 (2) --- Bishop滞在記
 昨年のJMTは一部を雑誌に書くかもしれないので放置。今年のJMTも、いろいろ忙しかったので、放置していた。いくつか重要な出来事があったので、防備録として記述しておく。 全部の写真はここ 7/30--8/4  Bishop南外れのSuper 8に滞在。普通レベルのモーテルだが、Webではベッド二つのモーテルが見当たらず、ここしか予約できなかった。左の脹ら脛は腫れて内出血していた。筋断裂らしい。回復は速いが、South Lake - Muir Pass - North Lakeは無理。足の状態も悪いが、Muir...
Add a comment...

Post has attachment
JMT Northbound 2017 (1) --- Horseshoe Meadow からBishopへ
昨年のJMTは一部を雑誌に書くかもしれないので放置。今年のJMTも、いろいろ忙しかったので、放置していた。いくつか重要な出来事があったので、防備録として記述しておく。 全部の写真はここ 今年は30年ぶりの大雪で、河川の増水が心配だった。アメリカ人は続々とJMTをキャンセルしていた。ただ、7月下旬なので、用心すれば大丈夫と判断した。渡渉しない迂回ルートの地図も持参した。  LAXへ出発、到着は7/16、知人にREI経由でホテルに連れて行ってもらった。宿はUnion Station近くのMetro Plaza H...
Add a comment...

Post has attachment
汗の生理メカニズムについて、詳しく説明した本。内容が難しく、読むのに退屈した。ただ、こんな内容を出版するとは、さすがちくま新書。あまり内容は覚えていないが、いくつか、メモしておく。暑熱順化は一過性で、2週間で成立、3週間で消失という。それで、毎年、暑さの中で、順化トレーニングしないといけないようだ。したたり落ちる汗は意味のない汗で、皮膚表面から蒸発する汗が体熱を効果的に取る。たくさん汗をかけばよいというものではない。高齢者は上半身に汗をかく。女性は熱生産量が少ないので、汗も少ない。成人男性では40度のお湯に首まで浸かると、10分で0.3-0.5度上昇する。ぬるい湯に長く浸からないと、暖まらないらしい。この本は、熱痙攣が大量の汗によってナトリウムが不足する可能性があるというが、血中ナトリウム濃度は低下しないとも書いてある。これは、熱痙攣の中枢説を支持するデータでもある。最近は中枢説が優勢になっている。ちょっと保守的に記述されている印象を受けた。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
福島原発事故に対する危機意識や不安の調査のメタ分析。117研究から19研究を選び、5研究を加えた24の調査が対象。図のようにカウンセリングなどの介入で不安は低減したらしい。しかし、分析対象はコーホート研究ではなく、横断的な調査研究で、各調査時点で被験者が異なるので、因果関係は確認できない。それと、不安は一項目の段階尺度での評定が過半数なので、不安の内容はよく分からない。http://www.mdpi.com/1660-4601/14/11/1306
Photo
Add a comment...

Post has attachment
結構、面白く読んだ。参考になることが3点。

1.初期人類の食料として、樹木サバンナの果樹、豆科植物、イネ科植物があった。同時に、ヒヒなどが食べるヤムイモも地下に多く、タンザニアでは1平方キロあたり40トン、中央アフリカでは100~600kgのイモがあるという。競合する動物はイノシシとデバネズミのみ。初期人類は堀棒で効果的に掘り起こし、ニッチを確立した。広い範囲を移動するために二足歩行が発達した。---初期人類が肉をたくさん食べていたという証拠はなく、Born to Runは誤り。Born to Walkが正しい。

2.ホモ・サピエンスの社会では世界中どこでも女が料理をする。チンパンジーも食物処理はメスが上手。初期人類でも火を使い、イモ類を消化しやすい状態にして子供に与えた方が生存確率が高まる。ホモ・サピエンスは男の方が大きく、一夫多妻の傾向が残っているが、食物処理技術で、女の力が強くなり、食料を守るために、特定の男をボディガードとするようになった。つまり、一夫一妻が支配的になった。

3.かなり昔から分かっていることだが、熱帯サバンナの「狩猟採集」民の食料は、植物性が60-70%、動物性が30-40%。大きな動物を仕留められるようになったのは、高度な道具が発明されてから。

Photo
Add a comment...

Post has attachment

論文の結論部分

野菜、果物、全粒粉、マメ類をたくさん食べ、低脂肪乳を摂ると、脂質がほどほどの低カロリーダイエットになり、体重の増加を防ぎ、減量や維持に効果がある。それに充実感や満足感が伴う。効果が早いし、簡単で、費用もかからない。

The conclusion of this article

A diet high in vegetables, fruits, complex CHOs (whole grains and legumes), and low-fat dairy is a moderate-fat,low-calorie diet that prevents weight gain, results in weight loss and weight maintenance. It is associated with fullness and satiety. It reduces risk of chronic disease. It is fast, convenient, and inexpensive.

-----------------

流行のダイエット法を詳しく科学的に検討したレビュー論文。2001年と論文としてはやや古いが、エビデンス・ベースのガイドラインを提案している。エビデンス・レベルはRCT(ランダム化比較試験)でデータが豊富な場合をA、RCTでデータが限られる場合をB、ランダム化されていない観察研究をCとしている。当然、科学的確かさは、A、B、Cの順になる。以下(A), (B), (C)で示す。

取り上げたダイエットは、

Fat CHO Protein ( % kcal )
High-fat(高脂質)、low-CHO(低炭水化物) 55-65 <20 25-30
balanced nutrient(バランス栄養) 20-30 22-60 15-20
Low- and very low-fat(低、超低脂質VLF) <10-19 >65 10-20



(A)低カロリーなら、どのダイエットでも体重が減少する。三大栄養素の組成に無関係。


High-Fat,low-CHO diets(ケトン食)

(C)過体重の人がこのダイエットを行うと食事量が減り、体重が減少する。
(C)短期的には体内の水分が減少する。ケトン食を止めると元に戻る。
(C)このダイエットは栄養学的に不適切である。ビタミンE, A, チアミン(酵素)、B6, カルシウム、マグネシウム、鉄、カリウム、食物繊維が不足する。このダイエットが体重減少に有効という科学的エビデンスはない。
(C)このダイエットで体重が減る場合、血中の脂質、グルコース、インスリン、血圧が下がる。


Low- and very low-fat diets

(A)過体重の人が、低脂質・高炭水化物ダイエットを行うと、食事量が減り、体重が減少する。
(B)過体重の人がVLFダイエットで体重が減るのはライフスタイルの変化(食事量の減少、運動量の増加)による。
(B)VLFダイエットはビタミンE, B12, 亜鉛が不足する。


Low-calorie diets

(A)体重は3~12ヵ月で8%減る。
(A) 低カロリー・低脂質ダイエットとすると、低脂質ダイエット 単独よりも体重が多く減少する。低脂質ダイエットだけでは体重が減らない。

balanced diets

(A)過体重の人が自由に食べるバランス・ダイエットを行うと、体重が減少する。食事量が減る。
(B)moderate-fatの balanced dietsは栄養学的に適切である。
(A)moderate-fatの balanced dietsはLDL-コレステロール、プラズマTG、HDL/TCの比を改善する(最近の研究ではLDLが悪玉でないので、このエビデンスの持つ意味は不明)
(A)moderate-fatの balanced dietsは血圧を下げる


論文の結論部分

野菜、果物、全粒粉、マメ類をたくさん食べ、低脂肪乳を摂ると、脂質がほどほどの低カロリーダイエットになり、体重の増加を防ぎ、減量や維持に効果がある。それに充実感や満足感が伴う。効果が早いし、簡単で、費用もかからない。


A diet high in vegetables, fruits, complex CHOs (whole grains and legumes), and low-fat dairy is a moderate-fat,low-calorie diet that prevents weight gain, results in weight loss and weight maintenance. It is associated with fullness and satiety. It reduces risk of chronic disease. It is fast, convenient, and inexpensive.


https://pdfs.semanticscholar.org/a321/b9adfff93d0df1eace2afaab0fa1e1309797.pdf



Add a comment...

Post has attachment
「WILDERNESS No.7」に1ページエッセイを書かせて貰った。ハイキング・スタイルは色々。有名な人の真似をせず、自分のスタイルを確立しましょうという内容。I wrote a short essay, in which I maintained there were many hiking styles, and we should determine our style without following famous hikers.
Photo
Add a comment...

Post has attachment
PhotoPhotoPhotoPhotoPhoto
JMT Northbound 2017
246 Photos - View album
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded