Profile cover photo
Profile photo
セジュール・ア・パリ
1 follower
1 follower
About
セジュール・ア・パリ's posts

Post has attachment
春の兆しが少しずつ見えてきたパリからこんにちは! さて、久々に食事以外の夜遊びを楽しんできました。バレンタインの日に、女二人でオペラ・ガルニエです(笑)! と言ってもこちらはフランス、肩身が狭いわけでもなく、普通の日と同じ、普通に二人で一杯飲んで腹ごしらえをしてからオペラ座へ。 今回は英国ロイヤルバレエ団常任振付師でもあるWayne McGregor(ウェイン・マクレガー)のコンテポラリーバレエ「Tree of Codes」。…

Post has attachment
最寄りメトロ「St-Germain des Prés」徒歩1分、パリ左岸中心地サンジェルマン界隈に佇む高級レジデンスに新装アパルトマンをご用意いたしました。…

Post has attachment
2月に入り日も少しずつ長くなってきましたが、まだまだ冬。 というわけで、外出=食事になってしまい、食事ネタが続き申し訳ありません。 ですが、今回はちょっと変わったお料理をご紹介! みなさん、エチオピア料理を食べたことがありますか? パリではちょこちょこ見かけるものの、そこまでポピュラーではありませんが、なんとスーパーフードの代表格、キヌアを超える栄養価を持つとも言われる「テフ」が主食とつい最近知り、久々に行ってきました。 こちら、5区のムフタール通りと交差する小道にある「Les saveurs…

Post has attachment
2月に入り日も少しずつ長くなってきましたが、まだまだ冬。 というわけで、外出=食事になってしまい、食事ネタが続き申し訳ありません。 ですが、今回はちょっと変わったお料理をご紹介! みなさん、エチオピア料理を食べたことがありますか? パリではちょこちょこ見かけるものの、そこまでポピュラーではありませんが、なんとスーパーフードの代表格、キヌアを超える栄養価を持つとも言われる「テフ」が主食とつい最近知り、久々に行ってきました。 こちら、5区のムフタール通りと交差する小道にある「Les saveurs…

Post has attachment
Operaまで地下鉄で11分、17区高級住宅街に佇むアパルトマン。 内装はインテリアデザイナーによって改装され、モダンで使いやすい間取りです。 セントラルヒーティング、給湯システムを採用していますので、4人で宿泊してもお湯の枯渇の心配がなく、 夏場はプライベート・テラスで優雅なひとときをお過ごしいただけます。

Post has attachment
冬のソルドも終了間近、だいぶ寒さも和らいだし散歩がてら最終値下げ商品の掘り出し物探しを・・・ と思いつつも膝が痛くてショッピングは控え中の寂しい日々。 放っておけば治るだろうと思っていたらかれこれ1ヶ月が経過したので、同じく膝を悪くしていた知人の勧めで日本でも行ったことのないChiropraxie(カイロプラクティック)へ行ってきました!…

Post has attachment
さて冬のソルドの値引きも最終段階となり、1月も終盤に差し掛かりました。 暖冬かと思っていたらここに来てめっきり寒くなったパリ、冬ものが今更ながらですが結構売れているのではないでしょうか。 そんな寒いパリですが、今朝は晴天! パンテオン近くのとあるブティックに用があったのでしっかり着込んで白い息を吐きながら歩いて行きましたが、セール中というのになんと開店は10時半から。…

Post has attachment
特に新年ネタがないので、しつこくクリスマスネタ絡みのネタで申し訳ありませんが、パリ土産として喜ばれること間違いなし!と思ったクリスマスプレゼントをご紹介いたします。 相手の趣味がわかっていないとなんとも頭の痛いプレゼント選び。お土産もそうですが、せっかくなら喜んでもらえるものを贈りたいですよね。 というわけで、私は人からもらって嬉しかったプレゼントを「これ、いただき!」と真似して別の人に贈ったりします。…

Post has attachment
Bonne Année ! 新年明けましておめでとうございます。 皆さま、良い年末年始を過ごされましたか? Noël(ノエル)の休暇が大事なフランスでは、ノエルと新年の祝日Nouvel An(ヌーヴェル・アン)が終われば、暦通り1月2日が仕事始め。 今年は祝日である1日が日曜日となってしまったため、いつも以上にそっけない感じですが、学校などは12月17日からノエル休暇。日本に比べるとやっぱり長いですよね。…

Post has attachment
映画の国、フランス。 映画館には困りませんが、シネフィルに人気なのがこちら、世界の映画の殿堂とも言えるパリのシネマテーク・フランセーズ。 毎シーズン、世界各国のシネフィルを唸らせる、巨匠のレトロスペクティブや新進気鋭の若手監督の特集、また国別や、テーマ別の様々な特集上映が展覧会と共に開催されており、料金は正規料金でも6,5ユーロととってもお得!…
Wait while more posts are being loaded