Profile cover photo
Profile photo
Kazuhisa MATSUI
About
Kazuhisa's posts

Post has attachment
掲載サイトの変更
いつも、本ブログをご拝読いただき、誠にありがとうございます。 今後の「インドネシアあるくみるきく」は、私のホームページに統合して掲載していきたいと思います。以下のページヘアクセスしていただければ幸いです。   インドネシアあるくみるきく(新サイト) なお、このサイトでは、過去記事も読むことができるようになっております。 同様に、姉妹ブログの「食との出会いは一期一会」も、同様に、以下のページヘアクセスしていただければと思います。過去記事も読むことができるようになっております。   食との出会いは一期一会(新サイ...

Post has attachment
バンコクの「マカッサル」
11月13〜16日の日程でタイのバンコクへ来ている。 用務のほうは14日に早々に終わり、久々に8時間眠った後、15日は街歩きに出かけた。 最初は、博物館や美術館へ行こうと考えた。しかし、昔からバンコクへ行ったら行きたいと思っていたところを思い出した。バンコクにある「マカッサル」を見に行くことにしたのである。 バンコクの「マカッサル」(Makassar)とは、マッカサン(Makkasan)である。スワンナプーム空港からの鉄道シティラインの拠点駅の名前でもあるマッカサンは、マカッサルから由来した地名である。 その...

Post has attachment

Post has attachment

Post has attachment
真実とは一体何であろうか
(ルワンダ南部ムランビの虐殺現場にはフランス軍が駐留。しかし虐殺は放置された) 昨日、友人のFBでルワンダ虐殺20年に関するBBCの放送に対して、ルワンダ政府が反発し、ルワンダ内で放送を聴けなくする措置をとったことを知った。   Rwanda bans BBC broadcasts over genocide documentary 放送では、ルワンダ虐殺の真実を追求する調査プロジェクトを実施している2名のアメリカ人研究者により、ルワンダ虐殺で殺害された人数はトゥツィよりもフトゥのほうが多いという見解が紹介さ...

Post has attachment
「インド×日本で5人の地域づくりの「プロ」を育てる」プロジェクトへの支援お願い
筆者がお世話になっているソムニードの和田信明代表から、以下のようなメールを受け取りました。 彼らによるトレーニングや研修は、まさに本物です。5人限定、というのは本物を育てるための機会だからです。参加者は必ず、目からウロコ状態の連続となるはずです。 日本の若者にこうした場を提供するためにも、皆さんからの支援をお願いしたいです。是非とも、よろしくお願いいたします。 ---------- 松井 和久 さま いつも、ソムニード(この11月1日より、ムラのミライと名称が変わります)へのご支援、ありがとうございます。 私...

Post has attachment
普通の人ジョコウィは只者ではない
(注:以下は、 Matsui Glocalに掲載したもの と同じものです) 10月20日、ジョコ・ウィドド(ジョコウィ)新大統領とユスフ・カラ新副大統領が就任した。 就任式でのジョコウィの簡潔な就任演説、就任祝賀パレードで埋め尽くされた人々から次々と揉みくちゃにされている笑顔のジョコウィ、カラ。 警備という言葉がどこか飛んでしまいそうな、権力者と庶民の近さである。 大統領はもはや雲の上の人ではない、自分たちと同じ人間だという感覚。大統領になるなんて思いもしなかったジョコウィには、自分も沿道の人々と同じだという...

Post has attachment

Post has attachment
福島、山形、仙台、新宿
10月4〜14日の予定で日本に一時帰国している。 さっそく、10月6〜7日に福島、7〜8日に山形、8日に仙台に寄ってから東京、という日程をこなしてきた。 福島では実家に帰るとともに、前から会いたかった方々3名にお会いした。震災後、たくさんやってきていた外部者による支援、潮が引くように減っている状況がうかがえた。今後の活動は、おそらく外部者による支援という形ではなく、様々な人々による共創になっていくのではないか。そんな思いを強くした。 山形では、山形ビエンナーレを駆け足で見学した。見学できたものはわずかだったが...

Post has attachment
地方首長選挙法成立は明らかに民主化の後退
インドネシアの地方分権化・地方自治を、その芽生えから現在に至るまで、15年以上見続けてきた者として、やはり書かなければなるまい。 9月26日(金)未明、5日後に過去5年間の任期を終える国会は、地方首長選挙を「国民による直接選挙」から「議会による間接選挙」へ変えることを骨子とした地方首長選挙法を可決した。間接選挙への変更に賛成した議員が226名、直接選挙を堅持すべきと反対した議員が135名だった。 賛成議員の党会派は先の大統領選挙で敗北したプラボウォ=ハッタ陣営に属し、反対議員のそれは当選したジョコウィ=カラ陣...
Wait while more posts are being loaded