Profile

Cover photo
54 followers|80,262 views
AboutPostsPhotosVideos

Stream

鏡月 凰仙

Shared publicly  - 
 
本日、ブログを更新しました。

今回のテーマは、『2017年は「楽しみながら努力」出来た人に幸運が舞い込む年!』ということで、先日、事務所サイトにUPした『1月(1月5日(木)~2月3日(金)まで)の開運テーマ』の「今月の開運アドバイス」の、

⑤2017年の日本の社会情勢について→沢雷随の四爻(九四)

について補足をさせていただきました。
http://blog.ousenkagamizuki.com/?eid=35
http://ousenkagamizuki.com/January_2017.html

是非、ご覧いただいて、2017年を好調な滑り出しにするためにも、エンジンをかけて行きましょう!
 ·  Translate
あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。 先日、事務所サイトに『1月(1月5日(木)〜2月3日(金)まで)の開運テーマ』をUPさせていただいたわけですが(『2017年の開運アドバイス』の方にも是非チ
1
Add a comment...

鏡月 凰仙

Shared publicly  - 
 
本日、事務所サイトを更新し、

『12月(12月7日(水)~1月4日(水)まで)の開運テーマ』
http://ousenkagamizuki.com/December_2016.html

をUPしました。
今回は、「より良い2017年のスタートを切る」ためのアドバイスを中心に掲載させていただきました。


さて、今月は「年末年始」ということもあり、お休みを利用して、旅行をされたり、帰省をされる方も多いのではないでしょうか。
今月の全員共通の凶方位一覧は以下の通りです。

北→月盤:暗剣殺(大凶)
北東→年盤:五黄殺(大凶)&歳破(大凶)
南東→月盤:水火殺(大凶)
南→月盤:五黄殺(大凶)&月破(大凶)
南西→年盤:暗剣殺(大凶)&定位対冲(凶)
西→定位対冲(凶)

となります。
同会月(通称:旅行月)の前後1カ月は必ず「水火殺」が発生するので、お知りおきいただければと思います。

なお、12月の「小児殺(12歳以下のお子様に共通の凶方位)」の方位は、

小児殺→北西

になりますので、大人にとっては「吉方位」であっても、12歳のお子様にとっては「凶方位」となりますので、旅行中・旅行後に体調を崩さないように、防寒対策をしっかりするなどして、ご注意いただければと思います。


今月、旅行や帰省をする予定がないという方は、

ご自宅から20km圏内の「日帰り温泉」へ行ってリラックス

するのがオススメです。
(この場合の方位は特に気にしなくて結構です)

「日帰り温泉」については、以前、ブログの方に『日帰り温泉で、こまめな厄落とし&パワーチャージを!』というタイトルで記事をUPしておりますので、こちらも再度、ご覧いただけますと幸いです。
http://blog.ousenkagamizuki.com/?eid=14
 ·  Translate
今月の干支は「庚子」、九星は「一白水星」、二十八宿は「氐」になります。 先月までの「金」の季節が終わり、今月から2月までの3カ月間、「水」の季節に入ります。 12月は「子」の月。 十二支が「子」からスタートするように、今月は「物事のスタート」の月です。
1
Add a comment...

鏡月 凰仙

Shared publicly  - 
 
本日、ブログを更新しました。

今回のテーマは、『2017年にステップアップするために意識したいビジネスマインドとは?』ということで、2017年に仕事面でチャンスを呼び込むために、頭の片隅に入れておいて欲しいビジネスマインドについて、お話をさせていただきました。
http://blog.ousenkagamizuki.com/?eid=33

2017年以降は、世の中の変化が今まで以上に激しくなることが予想されるので、ここでチャンスを掴むためにも、是非、ご一読いただけますと幸いです。
 ·  Translate
こんにちは。鏡月です。 11月も半ばを過ぎ、「そろそろ来年へ向けて具体的な計画を…」と、お考えになっていらっしゃる方も多いのではないかと思います。2017年の過ごし方のポイントについては、『2017年の開
1
Add a comment...

鏡月 凰仙

Shared publicly  - 
 
本日、事務所サイトを更新し、

『11月(11月7日(月)~12月6日(火)まで)の開運テーマ』
http://ousenkagamizuki.com/November_2016.html

をUPしました。

なお、『2017年開運セミナー』を最優先にさせていただきたいので、セミナー開催期間中の11月~翌1月の「開運コラム」は休止させていただきます。
合間を見ながら、折に触れてブログでお伝えする形を取らせていただきます。
悪しからずご了承下さいませ。


さて、今月は「己亥」の「二黒土星」の月となり、「同会月(通称:旅行月)」になります。
『11月(11月7日(月)~12月6日(火)まで)の開運テーマ』の『今月のワンポイント風水アドバイス』のところで、

今月の同会月の吉方位旅行のポイント

について掲載させていただいておりますので、そちらも是非、ご覧いただければと思います。


なお、今月の全員共通の凶方位は、以下の通りです。
今月の小児殺(12歳以下の子供に共通する大凶方位)はございませんので、比較的旅行しやすい月なのではないかと思います。

北東→年盤&月盤:五黄殺(大凶)&歳破(大凶)
南東→月盤:月破(大凶)
南西→年盤&月盤:暗剣殺(大凶)&定位対冲(凶)


今月は同会月につき、方位の作用がいつもの2倍になっているため、

吉作用も2倍に、凶作用も2倍になっている状態

ですので、特に今月は「全員共通の凶方位」へ行かなければならない場合はかなりの注意が必要です。
(可能な限り、今月は「全員共通の凶方位」へは行かないようにして下さい)
 ·  Translate
今月の干支は「己亥」、九星は「二黒土星」、二十八宿は「亢」になります。 今月は「金」の季節の最終月であり、かつ、「1年のまとめの月」でもあります(風水では「12月(子)」が「始まりの月」で、「11月(亥)」が「まとめの月」になります)。 先月は「実りの季節を“楽しむ”ことで、運気をアップさせる月」で ...
1
Add a comment...

鏡月 凰仙

Shared publicly  - 
 
本日、事務所サイトを更新し、

『10月(10月8日(土)~11月6日(日)まで)の開運テーマ』
『「月」のリズムを取り入れた運気アップのための休日の過ごし方』
『2017年のボイドタイム』

をUPしました。
http://ousenkagamizuki.com/October_2016.html
http://ousenkagamizuki.com/holiday.html
http://ousenkagamizuki.com/void_2017.html


今月は「戊戌」の「三碧木星」の月です。
今月の全員共通の凶方位は、以下の通りです。

北東→年盤:五黄殺(大凶)&歳破(大凶)
東→月盤:暗剣殺(大凶)&水火殺(大凶)
南東→月盤:月破(大凶)
南西→年盤:暗剣殺(大凶)&定位対冲(凶)
西→月盤:五黄殺(大凶)

また、今月は「秋土用」の月でもありますので、

20日(木)~11月6日(日)の土用の間は、「北西」が土用殺(大凶)

になります。

土用殺=五黄殺に近い凶作用

がありますので、今月、土用期間中に「北西」に行く用事がある方は、交通安全や風邪などにお気を付け下さいね。


今月は「凶方位」が多い月ですが、来月になると、年盤と月盤が同じになる「同会月(通称:旅行月)」になるので、今月、吉方位がない方は、「秋土用」の月でもあるので、

来年に向けての大掃除を少しずつ始める

のもオススメです。
それに、吉方位旅行に行く前には、お部屋を掃除してから行かれた方が効果もアップしますしね。


以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
 ·  Translate
10月(10月8日(土)~11月6日(日)まで)の開運テーマ. 今月の干支は「戊戌」、九星は「三碧木星」、二十八宿は「角」になります。 先月は1年の中でも、「土」の季節と言う、「足元を固め、場合によっては改革をする」月でしたが、今月・来月は、これまでの1年間をまとめる「金」の季節に入ります。
1
Add a comment...

鏡月 凰仙

Shared publicly  - 
 
本日、ブログを更新しました。

今回は『「金」の季節は、「美しいもの」に囲まれて過ごすことが運気アップのコツ!』ということで、「金」の季節だからこそ特に取り入れたい開運行動についてアドバイスをさせていただきました。
http://blog.ousenkagamizuki.com/?eid=29


「吉方位旅行」ということにこれを応用すれば、

吉方位旅行先で「美術館や展覧会に立ち寄る」

といった感じで取り入れていただければ、方位の運気だけでなく、この時期の運も取り入れられて、まさに「一石二鳥」です。
どのアドバイスも「ちょっとしたこと」ですので、是非、ご参考にしていただけたらと思います。
 ·  Translate
こんにちは。鏡月です。 季節はもう「秋」。「秋」と言えば、「食欲の秋」「読書の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」etc…と、いろいろな「秋」がありますが、風水では、 10月(戌の月)・11月(亥の
1
Add a comment...

鏡月 凰仙

Shared publicly  - 
 
本日、事務所サイトを更新し、

『1月(1月5日(木)~2月3日(金)まで)の開運テーマ』
http://ousenkagamizuki.com/January_2017.html

をUPしました。
「今月のワンポイント風水アドバイス」では、12月21日(水)の冬至の日に易(周易)で占断した、

①2017年の全体的な動向について
②日本経済について
③世界経済について
④地方経済について
⑤2017年の日本の社会情勢について

の「5つ」の項目について、掲載をさせていただいておりますので、こちらも併せてチェックしていただけましたら幸いです。


さて、今月は「年初め」ということもあり、あまり吉方位旅行に行かれる方は少ないのではないのかと思いますが、今月の全員共通の凶方位一覧は以下の通りです。

北→月盤:五黄殺(大凶)
北東→年盤:五黄殺(大凶)&歳破(大凶)
東→月盤:定位対冲(凶)
南→月盤:暗剣殺(大凶)
南西→年盤:暗剣殺(大凶)&定位対冲(凶)、月盤:月破(大凶)

となります。

なお、今月は「17日(火)~2月3日(金)まで」の間は「冬土用」になります。
土用期間中の引越、土いじり(どうしてもいじらなければならない場合は「ゴム手袋」を着用して下さい)、土を掘ったり動かしたりすることはNGなのですが、この他、土用期間中は「土用殺」が発生し、

土用殺→北東

になりますので、17日(火)以降に「北東」方面へ行かれるご予定の方は、体調面を崩しやすい運気になっておりますのでご注意下さいませ。


また、土用期間中は全方位、方位の作用がパワーダウンしますので、可能であれば「土用前」に吉方位旅行に行かれることをオススメします。
「土用殺」にあたらなければ、行っていただいても構わないのですが、「パワーが若干落ちている」ことを想定して行かれるようにして下さい。

よく、こうしたことをお話させていただくと、「パワーが落ちているくらいなら行かない方が良いのではないか?」というご質問をいただくのですが、

行かないよりは行った方がベター

です。
ただ、「効果が若干落ちる」ということが懸念要因になるのではないかと思うのですが、その場合は、

いつもより+1泊長く滞在して、より多くのパワーをチャージする

ようにしていただけば問題ありません。
「この時期しか吉方位旅行に行けない!」という方は、是非、お試し下さいね。
 ·  Translate
1月(1月5日(木)~2月3日(金)まで)の開運テーマ. あけましておめでとうございます。 2017年が皆様にとって、幸運のチャンスが舞い込む良い1年でありますよう、願っております。 今月の干支は「辛丑」、九星は「九紫火星」、二十八宿は「房」になります。 そんな今月の開運のためのキーワードは、 ...
1
Add a comment...

鏡月 凰仙

Shared publicly  - 
 
本日、ブログを更新しました。

今回のテーマは、『欲しい運気ごとにオススメのお酒&おつまみ』ということで、一般的な居酒屋メニューを運気ごとにカテゴライズしてみました。
http://blog.ousenkagamizuki.com/?eid=34

なお、ワインについては、産地×生産年によって得られる運気が微妙に変わりますので、事務所サイトの開運コラム、『運気アップのためのワインの選び方』も併せてご覧いただけますと幸いです。
http://ousenkagamizuki.com/wine.html


ワインについて、1点、ご質問をいただいたので、この場を借りてお答えさせていただきます。

「どうしてワインの産地×生産年を割り出すにあたって、「本命星」で判断するのですか?」

というご質問をいただいたのですが、

20歳を過ぎると「本命星」の影響が強くなってくるから

というのがその答えです。
国によってお酒がOKになる年齢は異なりますが、

少なくとも日本国内においては「お酒は20歳から」

ですので、「本命星」に応じた吉方位のワインをお選び下さいね。


年末年始は何かと飲食の機会が増える時期でもありますので、今回の記事をご参考にして、美味しく楽しく開運していただけたら幸いです。
 ·  Translate
こんにちは。鏡月です。 年末年始は、「忘年会」「新年会」「クリスマス」…と、飲み会が増える時期ですね。飲み会の際に、欲しい運気や相手との関係を踏まえて、おつまみを選ぶことで開運出来たとしたら嬉しいですよね
1
Add a comment...

鏡月 凰仙

Shared publicly  - 
 
本日、ブログを更新しました。

今回のテーマは、『2017年にオススメの財布のラッキーカラー』ということで、来年のお財布のラッキーカラーについてアドバイスをさせていただきました。
「これからお財布を購入する予定がある」という方も、そうでない方も、是非、ご一読いただければ幸いです。
http://blog.ousenkagamizuki.com/?eid=32
 ·  Translate
こんにちは。鏡月です。 職業柄、この時期になるとよく訊かれるのが、「来年のお財布のラッキーカラーを教えて下さい」ということ。金運アップのための財布の選び方の基本的なアドバイスについては、過去に事務所サイトの『金運財布の
1
Add a comment...

鏡月 凰仙

Shared publicly  - 
 
本日、ブログを更新しました。

今回のテーマは、『「見せる収納」と「隠す収納」を駆使して、雑多なイメージを取り払おう!』ということで、収納のテクニックについてお話をさせていただきました。
http://blog.ousenkagamizuki.com/?eid=31


既にご存知の方も多いかと思いますが、

吉方位旅行に行く前に、軽くでいいので家の掃除を済ませてから行くと、より運気を取り込むことが出来る

ので、掃除を済ませてから出掛けるようにすると良いでしょう。
「ここのところ忙しくて、時間がなくて掃除が出来ない!」という場合は、「玄関のたたき」だけでも掃除をしてから出発するようにしていただければOKです。
 ·  Translate
こんにちは。鏡月です。 風水では「11月くらいから来年に向けて大掃除&整理整頓をして、年末年始はゆったり過ごした方が運には良い」とされているのですが、ちょうど10月の後半から「秋土用(毎年10月20日前後〜11月6日前
1
Add a comment...

鏡月 凰仙

Shared publicly  - 
 
本日、ブログを更新しました。

今回は『「機会損失」は「運気の損失」』ということで、開運の基本になるマインドについて、お話をさせていただきました。
http://blog.ousenkagamizuki.com/?eid=30

是非、ご覧下さい。
 ·  Translate
こんにちは。鏡月です。 “Time is Money.”という諺があるように、「開運するための物事の考え方」として非常に重要なのは、 チャンスを生み出すための時間を潰さないこと&nbs
1
Add a comment...

鏡月 凰仙

Shared publicly  - 
 
「パワースポット」と言うと、「神社仏閣」というイメージが強いかも知れませんが(実際に風水的に見て良い場所に鎮座していることが多い)、「神社」の場合だと、

・喪中はお参りが出来ない
・生理中の女性はお参り出来ない

といった決まり事があり、「パワースポットに行きたくても行ける状況でない」という方も多いのではないかと思います。

そんな方にオススメしたいのが、

・皇居外苑&皇居東御苑
・分杭峠

といった、その場所自体がパワーがある場所。

写真は、皇居東御苑内の二の丸庭園の水源になっている井戸と小さな滝、そして、本丸跡の芝生です。
今回は、「皇居外苑&皇居東御苑」についてお話をさせていただきます。


皇居外苑の場合、実際に私自身が見て歩いて確かめて、場所によって「陰」の気が強いと言うか、エネルギー的に重い場所があることは事実です。
ただ、丸の内側(正確には楠木正成公の像があるあたり~パレスホテル前まで)の気は素晴らしいですし、同様に、皇居東御苑も素晴らしい気を持つパワースポットです。

「皇居東御苑」が休園しているときは、楠木正成像前の『楠公レストハウス』や、『和田倉噴水公園』での公園ランチ、和田倉噴水公園内にある『和田倉噴水公園レストラン』でお食事やティータイムを楽しむのもオススメですよ。
http://fng.or.jp/koukyo/service/nanko-restaurant.html
http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/730/Default.aspx
http://www.w-funsuikouen-r.com/


「皇居外苑&皇居東御苑」は、「そこに居るだけで、その人の全体運を引き上げてくれるところ」にあります。
皇居東御苑については、「二の丸庭園」側は「陰」の気、「天守閣跡&本丸跡」は「陽」の気で、陰陽がセットになっている場所で、写真にもある二の丸庭園にある白濁をしている井戸は、「浄化力」が強く、運気の滞りを流してくれる場所です。

二の丸庭園の井戸で「運気のデトックス」をした後は、本丸跡の芝生で「運気のパワーチャージ」をするとオススメです。
芝生は結構チクチクするので、ビニールシート持参で行くようにして下さいね。

皇居外苑&皇居東御苑は、「晴れた日の日中」に行くのがオススメですが、可能であれば「晴れた日の午前中」がオススメです。
雨の日や曇の日は、二の丸庭園の方の気がやや重くなるので、雨の日や曇の日の場合は二の丸庭園には足を運ばず、「本丸跡のみ」にしておくのがオススメです。

滞在時間については、「1時間以上」を目安にして下さい。
(皇居外苑&皇居東御苑は敷地面積が広いので、その点は大丈夫だと思いますが…)


なお、皇居外苑&皇居東御苑は「入場無料」です。
「皇居東御苑」は、基本的に「月・金が休園日」で、皇居で行事がある際にも休園日になるので、事前にスケジュールをチェックされた上でお出かけ下さい。
また、時期によって開園時間も異なりますのでご注意下さい。
www.kunaicho.go.jp/event/higashigyoen/higashigyoen.html

一人でもカップルでも、ご家族と一緒でも楽しめるので、晴れた日の休日で「どこかでゆったり過ごしたいな」と思ったときに行かれてみてはいかがでしょうか?


以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
 ·  Translate
1
Add a comment...
Story
Tagline
開運鑑定士の鏡月凰仙です。
Introduction
1977年1月、山形県生まれ。
水瓶座のO型。

幼少時より霊感が強く、霊視のみならず、「いつどんな死に方で亡くなるか」など、未来予知までも出来るようになってしまう。
12歳より占いの勉強を始め、姓名判断や西洋占星術、四柱推命、算命学、紫微斗数、宿曜占星術、九星気学、奇門遁甲、 タロット、易、ルーンストーン、家相、人相、風水(八字派、八宅派、玄空飛星派)など、“命”・“ト”・“相”を一通りマスター。
現在はプロとなり(事務所サイトはこちら)、持って生まれた霊感に加え、複数の占術や開運術から、多角的にアプローチした鑑定をしています。

Google+では、オリジナルで作成したマイマップと連動させ、パワースポットや温泉地、観光地情報など、九星気学や奇門遁甲での吉方位取りに役立つ情報に絞ってお話して行きたいと思っています。
宜しくお願いします。
Contact Information
Contact info
Email