Profile cover photo
Profile photo
Gummo ning
7 followers
7 followers
About
Posts

Post has attachment
勝ち続ける意志力
世界一プロゲーマの仕事術というサブタイトルに書かれている本です。 書写はUmehara Beastでも有名な梅原大吾さん。 ほんと尊敬できる人です。 今日はその人が書いた本を読んで思った事を書こうと思う。 ちなみにこの本を知るきっかけになったのは、ツイッターです。 なんだか為替をやっている人たちがゲームをFXに置き換えて考えるととても勉強になるというTLが流れて興味を持ち読み始めました。 ざっと読んだ雑感は、ゲーマーもアスリートであること。 努力の上に結果が世界一を手に入れたんだと言って過言ではない。 ちなみ...
Add a comment...

Post has attachment
GoogleHomeアプリ開発1
ヨドバシカメラで1000円ちょっとでGoogleHomeが売られていたので早速購入してきました。 「Ok,Google。ラジオつけて。」 これが意外と便利w というかTV見ないのでネット動画見ながらラジオ聞くと普段聞かないジャンルも耳に入ってちょうどいい感じ。 さて、今日からGoogleHomeのアプリ開発を始めようと思う。 ということで本を買ってきました。 この本によるとページ通りにやるだけでスキルが作れるそうなので、何も考えず というか!めんどくさがらずに淡々と進めていきますか。。 とりあえずかっ飛ばして...
Add a comment...

Post has attachment
悩みどころ逃げどころ
 本のタイトルからしてなんだかシリアスな感じがするけど、 プロゲーマ梅原氏と社会はブロガーちきりん氏の対談本です。 梅原氏はプロゲーマ―であるとともに世界一になったこともあるが、高卒でバイト先でも偏見を持たれ、低学歴であることによる学歴社会による格差を感じていたのに対し、 高学歴で順風満帆で社会に出たちきりん氏。 二人は全く混ざり合うことない世界で人生を歩み、考え方も180度異なる視点でずっと交じり合わない対談が進んでいくのだけど意外とこれが面白いw 学校教育制度についても全く正反対の成績表だったりするけど、...
Add a comment...

Post has attachment
ダイエットして気づく腹回りの余った皮
風呂上り、上半身裸でプランク(腕立て伏せみたいな体制で体をまっすぐ伸ばす筋トレ)したら腹回りが視界に入りました。 そこにはたぷんたぷんの皮があって、いろんな部位の脂肪が流れ溜まってましたw  「こいつはダイエット前の体系を維持するために伸びた皮だ」 なんとかせねば・・・! 調べによると、腹回りの皮は1年で約2cmしか上下しないようです。 つまり体系って意外と変化に弱く 急激に筋肉つけば皮に線が入ったりするし、 急激に減れば皮がたぷんたぷんになることが分かります。 今の自分の現状にあてはめると、 10kg減って...
Add a comment...

Post has attachment
[AtmelStudio]クロックの設定
ATMEL SAMD21マイコンを使う上で必ず最初に設定しなければならないクロック設定。 USBホスト機能やUART回りを使うなら外部クリスタル発振子を使った方が断然よいので 今回は外部クロックを使用した場合の例です。 クロック設定例 まず最初に使うコンポーネントを追加します。 次にどのオシレータを使うか設定で、内臓8Mと外部32.768kHzのオシレータにチェック入れてから 内臓8MHzは400kHzに分周して、 FDPLLで48MHzを生成します。 ソースクロックで入力するオシレータを選択していきます。 ...
[AtmelStudio]クロックの設定
[AtmelStudio]クロックの設定
ivis-mynikki.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
【ARM】高機能JTAG、BlackMagicProbeクローンを激安STM32F103C8T6マイコンで作る。
このBlackMagicProbeというものは、ARMなCortexシリーズ用のJTAG/SWDデバッグアダプタで、通常デバッガはOpenocdを使う所をgdb使うようにしたものです。 デバッガをGDBにしたことで、FreeRTOSなどでいろんなスレッドに飛ばされたりしたときにも細かくトレースできて高速、というのがウリのようです。 もう1つ良い点は、これ1つ持っていれば各社ARMマイコンと各社専用のJTAG/SWDアダプタを買わずに済むというメリットがあります。 そんなBlackmagicProbeですが、オ...
Add a comment...

Post has attachment
VisualStudioCodeでSTM32の開発環境を構築する。(PlatformIO+STM32Duino、Arduino互換)
準備 今回は「STM32F103C8T6」を使っていきます。 基本的にはSTM32Fシリーズのマイコンなら同じ方法で出来ると思います。 まず最初にST-LINK V2を使って USBドライバー2種類をインストールして STM32 bootloaderを基板に書き込んである状態からスタートしていきます。 Step1.インストール VisualStudioCodeを起動して、 拡張機能のPlatformIOをインストールする。 その後、PlatformIOのホーム画面上でBoard「STM32」をインストールする...
Add a comment...

Post has attachment
VisualStudioCodeで日本語表示にする
VisualStudioCodeのUIはやっぱ日本語の方が見やすいと思うので変更してみました。 まず、VisualStudioCodeを起動して、 CTRL+SHIFT+Pキーを押してコマンド入力ウィンドウを表示させ、 「Configure Display language」と入力して locale.jsonファイルを開き、 "locale": "en" → "ja" に変更する。 再起動すれば日本語になります。
Add a comment...

Post has attachment
Unityをインストールする(+日本語化)
Unityを日本語化して使いたい場合、通常のインストールでは日本語化が出来ないので注意してください。 それと、Unity 2018.01までは自分でLocalizeフォルダを作って日本語化ファイルを入れる作業で対応できていたのが Unity2018.02以降はUnityHub経由のインストール時に日本語化ファイルを合わせてインストールできるようになりました。 公式インストーラで日本語化ができるようになって便利ですが、 Unity Hubというインストーラ経由のみに対応しているため、 すでにUnityをインスト...
Add a comment...

Post has attachment
Windows上でWordPressをインストールする。
インストールするときにいくつか詰まったのでメモ。 環境構築はXAMPPを使ってWordPressをインストールする。 Step1.XAMPPをインストール。   https://www.apachefriends.org/jp/index.html Step2.WordPressをインストール。   https://ja.wordpress.org/download/  解凍したフォルダを「C:\xampp\htdocs\」に展開する。 Step3.WP-Config設定  C:\xampp\htdocs\w...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded