Profile cover photo
Profile photo
西中島南方
56 followers -
作る、書く、撮る、食べる、遊ぶのスペシャリストです。セレッソサポーター、カメラ好き、アニメ好き、B級グルメ好きばっちこーい。
作る、書く、撮る、食べる、遊ぶのスペシャリストです。セレッソサポーター、カメラ好き、アニメ好き、B級グルメ好きばっちこーい。

56 followers
About
Communities and Collections
View all
Posts

Post has attachment
2017明治安田生命J1リーグ 第23節 磐田 1vs1 C大阪 #cerezo #photo #diary
鹿島戦の日に、磐田戦の話をするかね……。まあ、許してくれ。 磐田市の西部には今之浦川という川がある。その支流は小さいものだが、河岸段丘を形成し、川の西岸はダラダラと坂が続く住宅街になっている。東岸にはイオンタウンとセブンイレブンが一件、スイーツショップと藪、残りは軒並みヤマハの関連施設。ヤマハスタジアムはヤマハの体育館やら本館やらが立ち並ぶ土地の隅に、そっと申し訳ない様子で佇んでいる。 8月19日の磐田市はうだるような暑さだった。大阪よりは湿気が少なく過ごしやすいが、その分直射日光は鋭く、肌に刺さるように紫外...

Post has attachment
2017明治安田生命J1リーグ 第21節 清水 3vs2 C大阪 #cerezo #photo #diary
夏の夜は、頭がぼうっとする。ピッチ上の誰もが同じ状態だった。選手も、ベンチも、熱帯夜の悪い夢の中で、ジタバタともがき苦しんでいるようだった。 クーラーの効いた部屋の中ではわからない「何か」が、セレッソの意識を鈍麻させていたのかもしれない。精密機器のような守備組織は、わずかの狂いで全てが瓦解する。7月から向こうのリーグ戦、FC東京に3-1、柏に2-1、浦和に4-2、ガンバに1-3、札幌に3-1、そして清水に2-3。8試合連続失点で11失点を献上している。直近の3試合の7失点は全て、強かったはずの後半に失点してい...

Post has attachment
2017明治安田生命J1リーグ 第21節 札幌 3vs2 C大阪 #cerezo #photo #diary
夏の夜は、頭がぼうっとする。ピッチ上の誰もが同じ状態だった。選手も、ベンチも、熱帯夜の悪い夢の中で、ジタバタともがき苦しんでいるようだった。 クーラーの効いた部屋の中ではわからない「何か」が、セレッソの意識を鈍麻させていたのかもしれない。精密機器のような守備組織は、わずかの狂いで全てが瓦解する。7月から向こうのリーグ戦、FC東京に3-1、柏に2-1、浦和に4-2、ガンバに1-3、札幌に3-1、そして清水に2-3。8試合連続失点で11失点を献上している。直近の3試合の7失点は全て、強かったはずの後半に失点してい...

Post has attachment
2017明治安田生命J1リーグ 第20節 C大阪 3vs1 札幌 #cerezo #photo #diary
仕事を覚える、というのはとかくわずらわしいものだ。「こういう時はこうする」という約束事がたくさんあって、新入社員や転職者は、最初の数日間は「はい、そうですね。」と相づちを打ちながらメモをとる。 「この約束事にはどんな意味があるんだろ?わずらわしいだけじゃないの?」 最初はそうぼやくことだってある。実際、オフィスワークではそういうこともあるしね。でも、おおよその場合、ある日ほとんどの仕事を覚えて、全体像が見えた時にパッと目の前が明るくなる。ああ、これはうまくできているな、どれが欠けてもダメだ、と。 今のセレッソ...

Post has attachment
2017明治安田生命J1リーグ 第22節 C大阪 4vs2 浦和 #cerezo #photo #diary
2017年3月4日15時53分 埼玉スタジアム2002 無様にやられていく様を、ただただ見ているしかなかった。4-4-2の守備ブロックでは浦和の守備時5-4-1、攻撃時4-1-5の変則フォーメーションに対応できなかった。急ごしらえの4バックでは、浦和の5人のアタッカーに対応できなかった。 それでも、ユン・ジョンファン監督は4-4-2システムの習熟を優先し、3-1というスコアを甘んじて受けた。そのお返しは、この試合でタップリのしを付けて、ペトロヴィッチ監督のもとに届けられた。 スターティングラインナップ GK、...

Post has attachment

Post has attachment
2017明治安田生命J1リーグ 第19節 G大阪 3vs1 C大阪 #cerezo #photo #diary
このブログを見ていただいている方は、サポーター歴が長めだと感じている。けれど、2015年以降にサポーターになられた方、今年J1に上がって、強いセレッソばかりをご覧になられている方も、何人、何十人かくらいはいらっしゃるかもしれない。その方たちに伝えたい事がある。 敗れるとは、こういうことだ。ダービーで、ライバルチームに「イキられる」とは、こういうことだ。 屈辱と、徒労と、無力感と、絶望と、そういう苦しみや痛みや悲しさを、一年間引きずる。それが敗者へのペナルティなのだ。 スターティングラインナップ GK、キム・ジ...

Post has attachment
2017明治安田生命J1リーグ 第18節 C大阪 2vs1 柏 #cerezo #photo #diary
とうとう、セレッソが一位になるたびにびりついてきた「暫定」という文字が消えた。東京戦の観戦記を書く前に消えた(おい)ああ、全ての試合に勝てば俺達は優勝するんだ、そういう位置にいるんだ。嬉しいのもあるけれど、居心地が悪いって気分もある、慣れないな。 このままずっと好調ってわけにはいかないだろう、不調になって、苦しい時もあるはずだ。ただ、贅沢を言わせてもらえれば、34節全てが終わった時、この場所に座らせてもらいたいな……。 スターティングラインナップ GK、キム・ジンヒョン。DF、右から松田陸、マテイ・ヨニッチ、...

Post has attachment
2017明治安田生命J1リーグ 第16節 仙台 2vs4 C大阪 (DAZN観戦) #cerezo #photo #diary
※写真は全て6月17日清水戦のもの 風水では、自分から見て北東(艮(うしとら))の方角を「鬼門」という。文字の通り鬼が出入りする忌み嫌われた方角なのだそうだ。京都では比叡山がそこにあって延暦寺を置いた。江戸では浅草に寛永寺を置いてそこを封じた。 日本独自の風水信仰だそうだが、セレッソを20年も応援しているとこの言い伝えを信じたくもなる。大阪の北東、遥か彼方には杜の都、仙台があり、永くセレッソを苦しめてきた。ユアテックスタジアム仙台で最後に勝ったのは2003年なのだそうだ。4歳だったわが娘は今年、高校3年生にな...

Post has attachment
2017明治安田生命J1リーグ 第15節 C大阪 1vs1 清水 #cerezo #photo #diary
俺は、小林伸二監督のことを「日本サッカー界のホー・チ・ミン」と呼んでいる。サッカーに情熱を傾け、限られた手駒の中で最善を尽くして、現実と自らの理想との距離を1ミリでも近づけようとする「執念」。それは、大国アメリカを敵に回しながら、徹底抗戦でそれを跳ね返し、権力を手にすることより、自らの理想を具現化することにその身を捧げた偉大なる「ホーおじさん」の姿と重なる。 巨大戦力と優秀な指揮官を得たセレッソも、「ホーおじさん」から奇襲を喰らい、危うく星を落とすところだった。 スターティングラインナップ GK、キム・ジンヒ...
Wait while more posts are being loaded