Profile cover photo
Profile photo
妖怪造形大賞
25 followers -
第3回妖怪造形大賞、準備中!
第3回妖怪造形大賞、準備中!

25 followers
About
妖怪造形大賞's posts

Post has attachment
妖怪【べろべろ】の作者さん、モノノケ堂にご来館!

作者のお名前は大西拓実くん。
実は、第1回妖怪造形大賞で最優秀賞に輝いた石橋ご夫妻の陶芸教室の生徒さんです。聞いてみると、この作品にはなんと3ヶ月間を費やしたそうです。なるほど、なかなかの力作!

そして、この妖怪のプロフィールも深い!物語性にあふれていて、ファンタジーもあり、なにより、俗世間に生きる人間たちへの警鐘も鳴らしているのです。
ぜひ下記の文章(作品制作の意図)を読んでみてください!
↓↓↓
【べろべろ】
今はたべものを平気で捨ててしまうので、たべものやものが怒ってできた妖怪。とても臆病で一瞬で消えてしまうが、捨てられたものをどんどん食べて存在している。きたないものをなめるのが好きで、心が汚れた人はべろんべろんなめられる。

ひとつひとつの作品に込められた想い、読み込むとなお心に響いてきますよ。みなさんもぜひご覧におこしくださいねー♪
Photo

Post has attachment
先日お伝えした小豆島の妖怪絵描鬼「柳生忠平」個展。
初日となる12日のオープニングレセプションには多くの方にお越しいただきました。ありがとうございました!
お忙しい時季ではありますが、会期はまだまだございますので、ぜひお越しください!!

■会期:2014年12月12日(金)~28日(日)
12:00~19:00 (金曜~20:00、木曜休み)
■会場:東京都港区南青山3-8-2青山OGビル4F
Healing Shop&Gallery Triplet内
TEL.03-6455-4808
MAP→https://goo.gl/maps/6M233
■観覧料:無料
■作品購入も可能です

[柳生忠平公式サイト]
http://yagyu-chubei.com/

#柳生忠平 #妖怪
Photo

Post has attachment
発表が遅くなってしまいましたが、第二回妖怪造形大賞・MeiPAM賞は…「妖怪 おちゃけ」です!
作者の渡邉 響子さま、受賞おめでとうございます!!

夏季の間、MeiPAM04 モノノケ堂にお越し頂いたお客様に最も気に入った作品を投票用紙に記入頂く「総選挙」を実施しましたところ、渡邊さまの作品「妖怪 おちゃけ」が最多得票作品となり、めでたくMeiPAM賞に決定しました。
作品を選んだ理由に「よくこの子に会います!」「家にほしい!」「おちゃけの気持ちがわかるから。」「楽しそう。可愛い。」等のコメントが記載されており、ご覧になった方が親近感をお持ちになった様子が伺えます。
バラエティに富んだたくさんの応募作品の中から1つを選ぶことはなかなかムズカシかったかと思いますが、自分の身近な存在として想像力を掻き立てられるような作品が選ばれたと思っています。とてもユーモラスな表情を身体全体で表していて、思わず笑みのこぼれる作品です。

私たちMeiPAMも、皆様にとって身近で想像力を掻き立てることのできるような美術館を目指し、日々努力していきたいと思っています。

ご来館ならびにご投票頂いた皆様、本当にありがとうございました!

#妖怪造形大賞 #妖怪
Photo

Post has attachment
小豆島に棲む妖怪絵描鬼「柳生忠平」の個展が東京・南青山で開催されます!

■柳生忠平展「百鬼創造」-連作シリーズ《妖怪製造装置》
目に見えない「妖怪」を描き続ける柳生忠平が、新作「百鬼創造」の鬼たちと共に、冬の東京に現れます。今回の展示では、妖怪が生み出される現実と非現実の間の世界をダイナミックに描きます。
イルミネーションが輝く現実から少しだけ離れて、妖怪たちの異世界を覗いてみませんか?

■会期:2014年12月12日(金)~28日(日)
12:00~19:00 (金曜~20:00、木曜休み)
■会場:東京都港区南青山3-8-2青山OGビル4F
Healing Shop&Gallery Triplet内
TEL.03-6455-4808
MAP→https://goo.gl/maps/6M233
■観覧料:無料

今週末12月12日(金)17:00~20:00に、オープニングレセプション(無料)も開催いたします。作品展示前の舞台にて、浄瑠璃:常盤津綱鵬(ときわづつなほう)/演目『戻橋』:妖怪のお話を上演。
小豆島の地酒もご用意してお待ちしておりますので、お誘い合わせの上、お越しください。

また、「笑神様は突然に…」にも出演した話題の「妖怪似顔絵」も実施します!
以下日程にて柳生忠平が在廊していますので、ぜひお立ち寄りください。
■料金:2,000円~(所要時間15分~30分)
■12/12・13・14、26・27・28

皆様のご来場お待ちしております。

#柳生忠平 #妖怪
Photo

Post has attachment
本日19時~の笑神様は突然に…2時間スペシャルにて、妖怪たちが登場!
http://www.ntv.co.jp/waragami/

先日、宮川大輔さん、土屋アンナさん、千鳥のお二人が小豆島にご来島され、なんと妖怪造形大賞作品の収蔵施設「モノノケ堂」にチェックイン!
さらに小豆島の妖怪絵描鬼・柳生忠平も出演!!
ぜひご覧ください!!
※添付は予告動画です

‪#‎小豆島‬ ‪#‎MeiPAM‬ ‪#‎モノノケ堂‬ ‪#‎妖怪造形大賞‬ ‪#‎笑神様は突然に‬

Post has attachment
今回の妖怪造形大賞も多くのご応募いただきありがとうございました!
前回もですが、締切日が近づくにつれ、どんな妖怪が届くんだろうという期待の反面、本当に来るのかな・・と不安も抱きつつ日々過ごしてまいりましたが、今回もすんばらしい作品がたくさん到着しており、嬉しい悲鳴をあげまくっています。
ひとまずご報告です!!!!!

#妖怪造形大賞
Photo

Post has attachment
さて、続いての審査員は・・ななんと、海洋堂・宮脇社長!
以前から、妖怪造形大賞の面々とはつながりがあり、とある雑談の中で、妖怪の造形コンテストを開いたら面白いんじゃないか、ということから、妖怪造形大賞がスタートしたので、宮脇社長がいなければ、妖怪造形大賞は始まらなかったんです。
長年フィギュアに携わってきた「フィギュアの変態・宮脇社長」に選ばれる変態作品はどれになるのか、今から本当に楽しみです。

[宮脇修一丨株式会社海洋堂社長]
中2の時、祖母の介護で多忙になった両親の代わりに模型店「海洋堂」を切り盛りすることに。お店は愛好家たちがモデル作りを競う場となり、ガレージキットの製造を手がけるように。1999年にチョコエッグのおまけの大ヒットで全国的に知られる存在に。2006年から海洋堂代表取締役社長。
Photo

Post has attachment
さて、改めて第二回妖怪造形大賞の審査員の先生方をご紹介!
http://meiro-youkai.com/about/index.html

まずお一人目はなんと言っても、この方!
ブリキのおもちゃコレクターの第一人者として、また「なんでも鑑定団」でおなじみの北原照久さんを、前回に引き続き審査委員長としてお迎えします!!
超人レベルの鑑定眼で、今回も魂に響く作品を選び抜いていただきますよ~

[北原照久丨横浜ブリキのおもちゃ博物館館長]
1948年東京生まれ。ブリキのおもちゃコレクターの第一人者として世界的に知られている。 大学時代にスキー留学したヨーロッパで、ものを大切にする人たちの文化に触れ、古い時計や生活骨董、ポスター等の収集を始める。その後、知り合いのデザイナーの家で、インテリアとして飾られていたブリキのおもちゃに出会い、興味を持ち収集を始める。地方の玩具店などに眠っていたブリキのおもちゃを精力的に収集し、マスコミにも知られるようになる。そして、イベントがきっかけで、「多くの人にコレクションを見て楽しんでもらいたい」という思いで、1986年4月、横浜山手に「ブリキのおもちゃ博物館」を開館。現在、全国6ケ所でコレクションを常設展示中。 また、平成15年11月より6年間、フロリダディズニーワールドにて「Tin Toy Stories Made in Japan」のイベントを開催。 現在、テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」に鑑定士として出演中。 また、CM、ラジオ、各地での講演会、トークショー等でも活躍中。
Photo

Post has attachment
第一回妖怪造形大賞を振り返ってみるウィ~クも本日が最後です!
小豆島土庄町・迷路のまちにありこの妖怪造形大賞の運営も行っているアートギャラリーMeiPAM。スタッフが選んだMeiPAM賞は・・手取泰介さんの「しゃくし石」です。

カエルになれなかったおたまじゃくしの魂が石に集まり、それがモノノケと化したのが「しゃくし石」。カエルになりたいと思っていて、その思いからか、震える程度動くらしいですよ!!

入賞作品はこちらのページでご覧いただけます。
http://meiro-youkai.com/2013prize/index.html
Photo

Post has attachment
第一回妖怪造形大賞を振り返ってみるウィ~ク!

妖怪造形対象の作品を展示する「モノノケ堂」がある土庄町・迷路のまち。
その土庄町の前町長が選んだ小豆島賞は、東京都中野区在住・夏川彰さん作の「こっちだよぅ~怪」。

土庄町迷路のまちに出没するという、この妖怪。
行き先がわからなくなった観光客に「こっちだよぅ~」と声をかける小学生です。でも、指を指す方に進んでも目的の場所にはたどり着けません。よく見ると、カバンの中にもイタズラの妖怪が潜んでいます。
Photo
Wait while more posts are being loaded