Profile cover photo
Profile photo
賢人のデイトレード
About
Posts

Post has attachment
一つ一つのポジションに執着し過ぎると、負けたくないという思いから損切りが遅れます。「トータルでプラス」にするのがトレードであり、それは切るべき時に切る最小限の損失があって初めて可能になります。また戻ってくるなどと言い訳するのなら、一旦しっかり切って改めて底から入り直せば良いのです
Photo
Add a comment...

Post has attachment
過去のできあがったチャートを見ていくら分かった気になっても、トレード力はつきません。こうなれば買う・売る・決済するという先のシナリオが描けなくては、目先の値動きだけにあたふたするトレーダーになってしまいます。どうなれば自分は次の行動がとれるのか、どうなるまでじっと待つべきなのか。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
上昇してきたから買うというのは一見正しいようですが、ただその他大勢に追随しているだけのことが多いのです。大きく上昇したということは既に買ったトレーダーが多く、手仕舞いで売りたい勢力も多くなるということです。自分が買うと何故か下がるのは、もうそこは賢いトレーダーの利確エリアなのです
Photo
Add a comment...

Post has attachment
買っているトレーダーは、より高い価格で売り抜けたいと思っており、売っているトレーダーはより安い価格で買い戻したいと思っています。今売買機会を探っているトレーダーもいます。相場にはこの3種類の立場のトレーダーが常に存在し、皆の思惑が一方向に一致するとレートは大きく伸びていきます。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
好材料なのに下落し、悪材料の事実を受けて上昇することなどザラにあります。価格はそうした事実によって動くのではなく、それを皆がどう感じるかによって動きます。事実から論理的に判断して、何故ここで下げるのか?といくら考えても答えはありません。ここは皆が売りたいと思った、それだけです。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
お金を失う恐怖が損切りを狂わせ、お金を得たい欲が利確を早めることで、自分が本来するべき・したいトレードができなくなります。トレードは優位性の確認できる局面で仕掛け、その優位性がなくなったと判断できる局面でただ損切り・利確するだけであり、それをひたすら繰り返す地味な作業です。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
自分が買えるのは、その価格で売りたい誰かがいるからであり、常に自分とは反対売買をしたい誰かが存在します。安値で売りたがっている愚かな誰かから買い取ってあげて、高値でも群がる強欲な誰かに売りつけるのがトレードです。今のポジションは、賢い誰かに売りつけられた貧乏くじではありませんか。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
「噂で買って事実で売れ」と言われるように、誰もが分かる上昇という事実を確認してから買うのでは常に一歩出遅れて、噂の段階で仕込んでいたトレーダーに利益を提供し利用される側に立つことになります。下げている噂の段階で次の買い準備をし、上昇という事実を見て決済の売り準備に入ります。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
誰でも大きく勝つことはありますが、リスクを抑えて損失を限定し続けるのが難しいのです。やみくもに小さく損切りしても、今度はリワードが獲れなくなって損切り貧乏に繋がります。どれだけ獲れるかは相場次第ですが、損切りラインの設定や撤退シナリオにトレーダーとしての技量が表れると思います。
PhotoPhotoPhotoPhoto
2017/09/08
4 Photos - View album
Add a comment...

Post has attachment
レートは何かの物理法則で動くのではなく、投資家の注文によって上下します。社会情勢や経済環境もそれ自体にレートを動かす力はなく、それに投資家がどう反応し行動するかです。その他大勢の行動を利用して利益を上げるのがトレードであり、相場の猛者達はしたたかにあなたの次の行動を狙っています。
Photo
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded