Profile

Cover photo
賢人のデイトレード
37,896 views
AboutPostsPhotosYouTube

Stream

トレンドの転換は明確なシグナルが出るまで継続する、というダウ理論の基本を確認します。移動平均線とグランビルの法則を合わせて考えることで、相場をより捉えやすくなります。
1
Add a comment...
押し目買い・戻り売りの基本的な考え方を、実際のチャートを使って解説します。上位足の押し目・戻り目を、下位足でのトレンド転換からエントリーするのがポイントになります。
1
Add a comment...
ストキャスティクスをはじめとするオシレーターは、値動きによるトレードを補完する役割を担います。押し目や戻り目からの反転を狙うトレンドフォローでは、強力な武器になります。
1
Add a comment...
一旦利益が乗れば、レートが節目を築く度に決済ラインをトレイリングストップしておくことが大切です。注文時の損切りラインを、節目毎に切り上げて利益を確実にしておきます。
1
Add a comment...
移動平均線とダウ理論・ラインだけで、シンプルに相場を捉える基本的な考え方を解説します。多くのインジケータを表示させなくとも、エントリーから決済までが見えてきます。
1
Add a comment...
節目となる水平ライン・トレンドラインによって、相場を買い方優勢・売り方優勢のエリアに分けることで、エントリーポイントや決済ポイントが明確に見えるようになります。
1
Add a comment...
相場には、買いポジションを保有・売りポジションを保有・売買ポイントを探している投資家の3種類が必ず存在します。これらの投資家の心理が一致する局面を解説します。
1
Add a comment...
節目となる明確なレジスタンスライン・サポートライン付近でポジションをもつことにより、損切り幅を狭く逆行しにくいトレードが可能となります。より負けないトレードです。
1
Add a comment...
FX相場おける幾つかの優位性について、実チャートを使って解説します。小さな優位性が積み重なったポイントでエントリーし、そのエッジが崩れるところで決済するのが基本です。
1
Add a comment...
利確のタイミングとルールについて、実チャートを使って解説します。最も大切なことは、利を伸ばして良い局面なのか・早目に利確するべき局面なのかを判断する、相場環境の理解です。
1
Add a comment...
グランビルの法則は、移動平均線と値動きの関係を表現した法則ですが、相場のクセを非常によく表しています。その後の値動きを、感覚的に捉えることができるようになります。
1
Add a comment...
損切り貧乏になっていませんか。損切りをどこに設定するかによって、トレードの成績は全く違ってきます。単なる直近高値ではなく、その高値が節目であるかがポイントです。
1
Add a comment...
Basic Information
Gender
Male