Profile cover photo
Profile photo
Tsuyoshi Osaki
53 followers
53 followers
About
Tsuyoshi's posts

Post has attachment
東急レイエスU15遠征を通して思うこと
久しぶりの投稿になります。 今年も3月末から4月頭にかけて遠征のコーディネートとアテンドをさせていただきました。 今回はそのことについて書いていきたいと思います。 この時期の遠征には個人的に思い入れが強く、毎年楽しみにしている遠征です。 その理由は一つ。 約1週間という短い期間ながら子供達の成長が手に取るように見えるから。 (その分、いつもの倍以上の時間が準備にかかるのも事実ですが 笑) その構成は、 試合→地元チームへのトレーニング参加(4人組)+ホームステイ(2人組)→試合 その間に、僭越ながら私の試合分...

Post has attachment
残留を目指して戦うこと
今回は、我々が今年のユースリーグ2部で置かれている状況と、戦い方について少しお話できればと思います。 現在、我々は4節終わって、1敗3分で18チーム中14位で、降格ギリギリラインに位置しています。 去年は3部で優勝争いをすることを義務付けられてましたが、今年は2部で残留が目標。年間34試合を戦って、40ポイントを目安にポイントを積み重ねていかなければなりません。 去年とは全くと言っていいほど、選手の特徴は違いますし、80%の選手がクラブ外から来た寄せ集めのチームです。レベル的にも2部を戦うにはギリギリの選手た...

Post has attachment
来シーズンの去就
ご無沙汰しております。 ここバレンシアは6月に入り全てのカテゴリーのリーグが終了し、来シーズンに向けてのセレクションの時期になりました。 私の今シーズンの成績はというと、U11では監督として5位、またユースCチーム(3部所属)では第二監督として、Aチーム(1部所属)が2部に降格したため我々が昇格戦を戦えなかったものの、リーグで2位という成績を収めました。 さてさて、標題にあるように来シーズンの去就についてですが、3年半、スペインに着いた3日目からお世話になってきたアルボラヤUDを出て、私の第一監督スソとタベル...

Post has attachment
U14日本チームのアテンドを終えて
3月末から4月頭にかけて日本のU14のチームのアテンドをさせていただきました。 今回は、会社の人間が一丸となって、先方と時間をかけて選手の経験を最優先に考え、遠征を練ってきたため、普通の遠征とは一味違うものとなったと思います。 今回我々がオーガナイズ側として新しく挑戦した事は、バス移動は長距離移動以外減らして、出来るだけ個別行動を増やし、スペイン人の生活様式に近づけること。 1.小グループに分かれての現地チームとの合同練習 2.2人組でのホームステイ(選手たちにはトレーニングの時間だけを伝えてホームステイ先か...

Post has attachment
監督をシーズン途中から引き受けるということ
途中からU11の監督を引き受けてから2ヶ月が経ちました。 上位対決を僅差で落とし、現在は4位に位置づけています。 さて、今回は途中から監督としてチームを率いることになり、気をつけていること、気がついたことを書いていきたいと思います。 まず、就任1週目にしたことは、選手を徹底的に分析すること。 技術レベル、戦術理解度、性格、フィジカルを数値化し、当時のポジションを鑑み、それがチームとしてどう機能しているのかを確認しました。 そこから、前任の監督の今までのトレーニングを確認し、これからの予定を立てます。 ただ、こ...

Post has attachment
ご報告
なかなかブログを書けないでいましたが、少し状況が変わって来たのでご報告させていただきたいと思います。 端的に言うと先日、U10の監督を解任されました。 そして、U11の監督に就任しました。 というのも、ユーストップチームの監督が解任になったと同時に、彼が兼任していたU11監督も辞職されたので、U11の監督が空きになり、なぜか分かりませんが私に監督就任の話が回ってきました。 正直、今のチームを9月からここまで作ってきて、成績も2位と高位置に付け、選手からの信頼も得られている中でチームを変える必要があるのか、また...

Post has attachment
日本人リーガプレイヤーからみる日本選手の課題
先日、久しぶりにリーガの試合をメスタージャに観に行きました。 というのも、唯一のリーガ・エスパニョール日本人プレイヤーである、ハーフナー・マイク選手を見てみたかったからです。 さて注目のハーフナー・マイク選手ですが、スタメンでの出場ではなく、後半60分からの出場となりました。対戦相手が、好調を維持しているバレンシアCFということもあって、チームとしてかなり差が見られました。しかし、その中でも一緒に観戦していたスペインサッカーに挑戦している日本人選手A君の初期の現象(課題)と重なる部分が多く見られたので、それに...

Post has attachment
2014-2015シーズン 開幕戦
昨日、遂に2014-2015シーズンが開幕しました。 報告が遅れましたが、今シーズンはJuvenil C(ユースカテゴリーのU-16チーム)で第二監督と、Alevin D(U-10)で第一監督を担当することになりました。 去年と担当カテゴリーの大きな変化はありませんが、U-16はU-18の選手たちを相手に昇格が目標で、U-10はまだリーグが開幕していないので対戦相手が分かりませんが、素質から見て上位争いに入ることが目標になってくると思います。 今年こそは目に見えた形で何かを残したいと思っているので、気合入れて...

Post has attachment
大宮アルディージャ バレンシア遠征
いよいよ、バレンシアサッカー生活も4シーズン目に突入し、それと同時に大宮アルディージャU-15のバレンシア遠征に帯同しました。 今回のバレンシア遠征は、アルボラヤUDとコラボレーションしてトーナメントを作り、そこに強豪チームを招待するという形で行いました。 参加チームは、バレンシア、ビジャレアル、ウラカンバレンシア、アルボラヤとバレンシア州の強豪、ひいてはスペイン国内で有名なチームばかり。しかも、シーズン前ということで、お遊びチームではなく、きっちりと各クラブがU-15年代のトップチームを派遣してくれました。...

Post has attachment
サッカーアメリカ代表の躍進から学ぶもの
ワールドカップもベスト4が出揃い、あと4試合を残すのみとなりました。 ベスト4には前評判の高かった4カ国(しかもヨーロッパ2ヶ国、南米2ヶ国)が出揃い、まだまだ楽しみな試合が目白押しです。 そんな中、昨日、監督学校の友達に偶然ばったり道で会い、時間があったので一緒にお茶をしながら、思い出話やワールドカップについて話をしていました。 彼は、アメリカで指導者として2年間働いた経験があり、アメリカ代表のベスト16入りをとても喜んでいたのですが、そこからアメリカの指導方法と考え方の話に移り、とても興味深い話へと発展し...
Wait while more posts are being loaded