初中級Ⅰ-1~4クラスで、茶道を体験しました。 茶道は初めてだという学生たちでしたが、難しい道具の説明も真剣に聞いていました。先生たちのデモンストレーションのあと、数人が茶席に入って、先生がたてたお茶をいただきました。   その後、先生に質問したり、実際に自分でお茶をたててみたり、茶道を満喫しました。   「お茶は苦くなかったです。お菓子はもっと甘い方がいいです。」とのこと。みなさん、茶道の素質があるのかもしれませんよ。
Shared publicly