Profile cover photo
Profile photo
Norio Makanae
17 followers
17 followers
About
Norio's posts

Post has attachment
先日、岩手県奥州市で初めて開催された「奥州きらめきマラソン」は、5月にも関わらず最高気温が32度に達し、単なる暑さとの戦いというより、阿鼻叫喚の地獄絵図に近いような凄まじい大会になったようです。 熱中症の症状で20人近くが救急車で搬送されたほか、搬送とまでは行かなくとも、頭痛や嘔吐といった明らかな熱中症の症状が見受けられた人も多数いたとのこと。…

Post has attachment
(甥っ子に友情出演してもらいました。画像は全く関係ありません。) いつもいつも投稿の内容が凡長で本当にどうもすいません。といいつつ今日もまた長いです。お時間がありましたら、是非お付き合いください。鉄道にまつわる思い出話の第2弾、今回の話は一生忘れることはないでしょう。というか、個人的には一生涯封印しようと思っていたお話です。…あ、第3弾はないと思います。 — 東北新幹線が盛岡~大宮間で暫定開業したのが昭和57年6月。 実はその数ヶ月前、僕はいち早く東北新幹線に乗車する機会を得ていました。…

Post has attachment
素直に喜べない自己ベスト更新。喜び3分の1、悔しさ3分の1、その他3分の1。 何だろう、この釈然としないモヤモヤ感は。結果的に、うまく丸め込んだ感じが自分自身への憤りになっているのかな。 イケるんじゃないか、やれるんじゃないか、いや、イケるはずだ、やれるはずだと言い聞かせた花巻からの3週間。 やるにはやった、結果、それなりにイケた。 …でも、それじゃ足りないんですよ。I can get no satisfactionなのですよ。46歳にして、再びもがき苦しむことになるとは。…

Post has attachment
東北新幹線の大宮~盛岡間が暫定開業してから間もなく35年。東日本エリアに関しては、新幹線網が蜘蛛の巣のように拡散され、それとともに寝台特急や在来線特急が姿を消していきました。 かつては青森県内も、数多くの特急や急行が走っていましたが、2017年5月現在、「特急」の冠を被って走行する在来線の定期列車は、青森~秋田間の特急「つがる」のみとなってしまいました。…

Post has attachment
過去の記事を辿ったところ、山下達郎の公演は今回で5度目。 自分で足を運んだライブ・コンサートについては、なるべく熱の冷めないうちに備忘録としてこのブログに記録を残すようにしていますので、今回も記述できる範囲で残しておこうと思います。 まだまだツアーが続きますので、ネタ晴らしは極力しない方向で。…

Post has attachment
プリンスと言えばパープル・レイン。パープル・レインと言えばプリンス。 2016年4月に旅立ったプリンスの代名詞とも言うべきこの作品、僕と同じ世代もしくはその前後の世代の皆さんであればご存じのとおり、映画もアルバムも大ヒットを飛ばし、プリンスにとって確固たる地位を築く作品となったことは、今更説明するまでもないでしょう。…

Post has attachment
ジョギングからマラソンへと移行して5シーズン目となった今年、先日「イーハトーブ花巻ハーフマラソン」に出場したことは先日のブログでもお伝えしたとおり。 1月に出場した「勝田全国マラソン」の前後からでしょうか、ちょっとしたフォームの矯正というか修正に取り組んでおり、今回はそれを試す機会でもありました。 走っている時の僕のフォームを見た人からよく言われるのは、 ・肩が上がっている ・脇が甘い ・姿勢が直立過ぎる という3点。…

Post has attachment
2017年度、本格的に走り始めてから5シーズン目の春、「ジャパンツアー 2017」の幕開け。 ツアー最初の公演(大会)は、今年も花巻市からスタートです。 4月に職場が変わり、緊張感漂う雰囲気の中での業務に取り組むこととなり、今月だけで県内出張が2度、そして日帰りでの東京出張が1度、その合間に飲み会も挟まって、定例となっている土曜日の朝練にもあまり顔を出せなくなりました。平日はほとんど走れぬまま、週末に色々アレンジしながら練習する、という状況に。…

Post has attachment
新しい職場に配属されてから2週間。「危機管理局」という名が示すとおり、日々突如降りかかってくる様々な事象に対して、スピード感を持って適切かつ確実に対処する、という状況が続いています。かなり緊張感を要することもあり、精神的なダメージがボディブローのようにジワリジワリと効いています。緊急連絡用の携帯電話は常に持たされ(「携帯」電話なので当然か)、平日も、緊急時対応のために青森市内への宿泊を月3回ほどしなければならないらしく、昨年度とは全く異なる環境下にかなり戸惑っているのも事実です。…

Post has attachment
Get Wildの次の曲は、Get Wild。その次の曲も、Get Wild。これが延々繰り返されること、35回- Get Wild(GET WILD)というタイトルの曲ばかり36曲収録された、超マニア向けな1枚。4時間を超える収録時間、4枚組というボリュームで税込3,240円。換算すると、1曲当たり90円(税込)。 ブックレットにはGet…
Wait while more posts are being loaded