Profile cover photo
Profile photo
跡部徹
232 followers
232 followers
About
徹's posts

Post has attachment
フランク・ゲーリーってテクノロジーと一番離れたところにいる建築家だと思っていた。
先日、六本木の21_21で開催中の建築家フランク・ゲーリー展をやっと見に行けました。 自分の仕事の信条的に、建築家でも芸術家的な人が苦手です。 美しさと機能性、予算がかかるものを作っているための合理性のバランスが取れることが建築家として大事 だろうという思いがあるからです。 そのため、フランク・ロイド・ライトやコルビジェには共感できるけど、ガウディって…。という好き嫌いがありました。 その中で、フランク・ゲーリーは苦手な建築家のほうに入っていたわけです。 ビルバオのグッゲンハイム美術館 のイメージが強く、うわ...

Post has attachment
ヤンキー魂とサブカルスピリット。
さて今日で2015年も仕事納め。とはいえ世の中がゆったりしている間に、じっくり考えたいことがいくつか残っている。じっくり考える時間が、いつのまにか自分にとってのご褒美になっていることに、あらためて気が付く。 今年は仕事で企画を設計するにあたって "ヤンキー魂"と"サブカルスピリット" の二軸を使って考えることが多かった。人間の成分として、ヤンキー魂とサブカルスピリットの2つがミックスしてできているイメージ。人によっては8割がヤンキー魂で2割がサブカルスピリットのミックスだったり・・・。 多くの人に普遍的に響く...

Post has attachment
職業ではなく、自分のテーマを語れますか?
「自己紹介をお願いします」と言われた時、あなたは自分のことをどのように説明しますか? 職業や勤めている企業のような社会的記号で、説明していませんか。職業名で自分を説明するのは、検索エンジンにキーワードを打ち込んで絞り込みをしているよう。聴いている側も、その記号に当てはまる人物や、そこから連想するイメージを頭の中に思い浮かべます。 記号で表現する自己紹介は、機能しているのでしょうか? 自己紹介に求められることは、短時間に自分が何者なのかを理解してもらうこと。そして、他者と次のコミュニケーションを喚起することです...

Post has attachment
丁寧に暮らすために、家事はどんどん自動化し、楽すりゃいいんじゃない?
丁寧に暮らしている人は、便利に暮らしている人を羨み。便利に暮らしている人は、丁寧に暮らしている人に憧れる。人間は、ないものねだり。 そんなことを2〜3年前の自分のエントリー( 楽でも、派手でもなく「丁寧に暮らしたい」 )に書いてありました。 さて、その時とくらべて"地方出身・共働きの爆走双子育児"という環境になった今、考え方がアップデートしました。 丁寧と便利は二項対立じゃない よなぁ、と。 人間を解放するテクノロジー(=便利)はどんどん導入して、それによって生まれた時間や余裕がないと、もう人間らしく行きてい...

Post has attachment
幸福って自分でリスクを取れることじゃないかな?
寛容ではない社会では、ルールのほうが幅を利かせている。安全のために…事故がおきないように…心配だから…と、どんどん禁止ルールが増えていく。 管理している側の都合もあり、何かあった時困るから…と禁止事項は増えていく。 最近ホワイトカラーの生産性向上の話やら、創業する人を増やす話やら、働き方の多様性の話などをしていると、すべては自己責任をとって動ける個人がいるのか?その人を認める土壌があるのか?ということに行き着く。 禁止事項を減らして、自己責任にシフトしただけで、この辺の課題は解消していく気がする。むしろ、自己...

Post has attachment
我らが“手書き地図推進委員会”が第10回ロハスデザイン大賞 コト部門最終審査候補に選ばれました。ありがたいことです。
今週金曜日からの新宿御苑でロハスデザイン大賞展にも紹介ボードが展示されております。会員登録が必要ですが、よかったら投票して応援してくださいねm(__)m

Post has attachment
12インチMacbookを買って考えた"自分にとって価値”のある買い物と”他人の理解できない買い物から学ぶこと”
Macbook 12inch SSD512GBのものを購入しました。すでに2週間以上使っておりますが、快適そのものです。大きな課題はVGAアダプターがいまだに届かないこと。。。 事前予想では初代MacbookAirのようなコンセプトは素晴らしいけれど、使うには苦労が強いられる“オシャレは我慢”的なモデルでは?と言われていましたが、杞憂だったようです。(自分は初代Macbook Airを買った一人なので、覚悟はできていたわけですが) さてここからが本題です。気持よくお金を払うものと、できれば払いたくないものにつ...

Post has attachment
エキセントリックな働き方や暮らし方を本当にしたいの?
僕自信は、働き方も暮らし方も不満があるなら、 欲しいものがあるなら、 実現するために工夫することは大賛成の立場です。 でも、webメディアなどで多く取り上げられるのは、 エキセントリックな選択肢なことが多いと感じています。 何かを多きく失う代わりに、別の満足度を得るような事例 です。 その選択をすることにハードルが高いからこそ、注目が集まるのはわかります。 しかし、みんな本当に エキセントリックな働き方や暮らし方が理想なのでしょうか? 自分も、働き方や暮らし方も自分で組み合わせて作っています。 カスタマイズし...

Post has attachment
“お客さんの側への「健全な負債感」の集積こそが、財務諸表にのることのない「看板」の価値になる。”

Post has attachment
カスタマーの”健全な負債感”の集積が、ブランドになる。(影山和明さん著「ゆっくり、いそげ」を読んで)
西国分寺にあるクルミドコーヒー、そしてそこから産まれたクルミド出版・影山知明さんの本 「ゆっくり、いそげ」 を読みました。 実際にクルミドコーヒーを訪れた時の雰囲気や、影山さんにお会いしてお話した時の印象どおりの本です。 実践してきたことの背景にある哲学を伝えるためであり、そこで得られた知見を社会に還元するために書かれた本とも言えます。 ひさびさにブログを書こうかなぁと思ったのは、この本の中にある「 交換を不等価にする 」という考え方が、自分が感じてこのブログでも書いてきた 価値>価格 の関係と同じこと( ち...
Wait while more posts are being loaded