Profile

Cover photo
森健一郎
Works at 森建築設計
Attended 神奈川大学
898 followers|267,961 views
AboutPostsPhotosYouTube

Stream

森健一郎

Shared publicly  - 
 
神奈川県建築士会 建築環境部会では月1回の勉強会や街歩き環境測定などを行っている。単なる断熱性や従来の快適性指標だけでなく、五感を通じた快適性について皆で研究しているのだ。
一昨年から続けてきたこの勉強会の成果を中間報告として冊子にまとめることになり、昨年の勉強会で私が担当した「気流・換気・風速」についての資料を横書きから縦書きに修正した。なるべく簡略化してまとめたがA4で6ページというボリュームとなり印刷してみると立派な資料として通用するものとなった。
目次だけだが掲載するので詳しく知りたい方はメールなどでご質問ください。
1.必要換気量
 1-1.居室の住居環境維持のための必要換気量
 1-2.涼しさを得るための換気量
2.換気の種類
3.気密性能と換気量の関係
4.自然換気  
 4-1.直接的な自然風の取込み
 4-2.間接的な自然風の取込み
 4-3.屋根面を利用した自然風の取込み
 4-4.温度差換気の利用
 4-5.室内通風性能の向上手法

このよな作業をしていると慌ただしい実務の中ではあまり追求しない事柄まで自ら調べてまとめていくことになるのでとても勉強になる。例えば温度差を利用した換気量を計算することも可能だ。換気上有効窓面積0.5m2、高低差5m開口部を設けると、内外温度差が10℃の場合1.18m3/s、内外温度差5℃なら0.59m3/sの換気量となる。体積200m2の住宅なら温度差10℃で換気回数20回、温度差5℃では換気回数10回程度の換気量となるのだ。このように計算で求めた開口面積を実設計に活かせるようになる。
 ·  Translate
2
Taki Kunihiko's profile photo森健一郎's profile photo
2 comments
 
+Taki Kunihiko こんばんは。ここ二日間寒いですね。咳風邪流行ってるみたいですよ。お気をつけ下さい。
 ·  Translate

森健一郎

Shared publicly  - 
 
昨日はパッシブハウス5周年記念大会のオプショナルツアーとして企画されたパッシブハウス見学会に行ってきました。なんと一日でパッシブハウスを2軒見学できるという貴重な見学会でした。
午前中は西方里見氏設計の大宮パッシブハウス、午後は森みわ氏設計の軽井沢パッシブハウスです。すでのご入居されている住宅の見学会ということで30名を2班に分けての見学会でした。大宮パッシブハウスは敷地方位が45度傾いているという難しい敷地条件のなか、300ミリを超えるセルロースファイバーと窓外の電動遮蔽ルーバー、床下エアコンなどで性能を確保した住宅でした。午後に見学した軽井沢パッシブハウスは余裕のある敷地条件を上手に利用した超省エネ住宅。外気最低気温がマイナス10℃を下回る軽井沢でも晴れていれば無暖房で生活できるという住宅です。
パッシブハウスはドイツのパッシブハウス基準をクリアーした超高断熱・超高気密住宅です。快適性とコストのバランスをどう考えるか難しいところですが、とても快適な住宅でした。
 ·  Translate
4

森健一郎

Shared publicly  - 
 
昨日は横浜市主催の省エネ届出講習会に参加した。

昨日講習会では前半は横浜市の施策について、後半で外皮平均熱貫流率UA値と平均日射熱取得率ηA値の具体的な計算方法と一次エネルギー消費量計算プログラムの使い方説明であった。一般住宅の断熱性能計算は5年前から行っているのでだがマンションの計算はしたことが無かったので講習後半の計算方法説明はとても勉強になった。解説書を見てもよく分からなかった線熱橋の拾い方や隣接住戸間の壁・天井の拾い方を理解できた。ちょちょいのちょいで計算できるだろう。
http://moriken.p1.bindsite.jp/
【快適健康環境+Design住宅 森建築設計】
 ·  Translate
5
青石伸一郎's profile photoTaki Kunihiko's profile photo森健一郎's profile photo
4 comments
 
+Taki Kunihiko こんにちは。桜の蕾がでてきて開花も近いようですね。春ですね~
 ·  Translate

森健一郎

Shared publicly  - 
 
1資料請求をいただいた時にお送りする資料を作り直しました。
資料請求をいただいた時には竣工事例を動画風スライドにしたDVDとDVDケースサイズの写真集、それと断熱性能と快適性や健康性との関係を開設した紙ベースの資料をお送りしていたのですが、紙ベースの資料を作り直しました。
断熱性能と快適性や健康性との関係部分を縮小して、太陽光や通風を活かしたデザイン解説を作成したのです。快適性と健康性を重視しながら太陽光や通風をどのように平面断面プランと造形デザインに結び付けているのか。開口部の大きさと庇の出幅の関係、換気窓のの位置と大きさの決め方などを矢印や点線で表現して解説分を加えた資料です。まだまだ語りきれていませんが、これで環境とデザインの整え方が一般の方にも見える化できたのではないかと思います。

次はDVDとDVDサイズの写真集方を作り直さなくてはいけません。その次はホームページ・・・ん~~~時間が無い。
http://moriken.p1.bindsite.jp/
【快適健康環境+Design住宅 森建築設計】
 ·  Translate
1

森健一郎

Shared publicly  - 
 
今日は川崎フロンターレのホーム初戦です。対戦チームはヴィッセル神戸、フロンターレは今季初戦の横浜マリノス戦を大久保や小林のゴールなどで快勝して今日も勝利が期待されています。ホーム初戦ということで川崎出身の「やしろゆう」が始球式かなんかで来るみたい、イベントや出店などでも大いに盛り上がることでしょう。

盛り上がる原因のひとつにスタジアムの改修工事があります。写真は昨日撮影したものです。昨年から工事していたスタジアムの一部改修工事がほぼ完成して今日のホーム初戦となりました。昨年の11月の時点ではスロープや階段などまったく手付かずの状態からコンクリートをガンガン打って4か月で写真のようなスタジアムが完成しました。年明けから土日だけでなく夜間も明かりを付けて工事してなんとか間に合ったようです。

さて完成したスタジアムですが、写真を見るとなかなか良い出来栄えのように見えるかもしれませんが実際のできはいまいちです。要素が多すぎてゴチャゴチャ、大屋根のディテールも不備が見られます。大きくて迫力はあるけど・・・という感じです。
 ·  Translate
4

森健一郎

Shared publicly  - 
 
小笠原住宅計画の建て主様から小笠原産トマトを贈っていただきました。
小笠原のトマトは糖度がとても高く美味しいのです。いつも食べている内地のトマトと比べると3倍は甘いんじゃないかというほど。食卓に出すと子供3人が争うように全部食べてしまいます。このトマト、小笠原でも貴重なものだそうで、生協などに並んでもすぐに無くなってしまうそうです。ある意味パッションフルーツよりも希少価値が高いんじゃないかというほどだそうです。
小笠原住宅計画は工事の依頼先を選定していましたが、ようやく方向性が決まりそうです。依頼先が決まったら図面の訂正をして正式見積を取得する予定です。
http://moriken.p1.bindsite.jp/"
【快適健康環境+Design住宅 森建築設計】
 ·  Translate
7

森健一郎

Shared publicly  - 
 
昨日は「築100年の古民家再生」プロジェクトの床塗装を行いました。コスト調整のため素人でも塗装可能な床塗装は施主工事としました。そこで昨日は朝からお施主さんと一緒に床塗装をしたのです。塗料はオスモ フロアクリアーラビット(艶消し)です。この塗料は乾くと塗ったかどうか分からないほどの表情になるので素人でも問題なく塗装可能です。とはいえ塗装面積が165m2もあり一苦労しましたが一日で塗り終えることができました。
塗装している最中にお施主様のご友人家族が二組来訪され、そのつど建て主様が家の中を案内され、改装前の状態をご存知のご友人は「ま~なんという事でしょう!!」の言葉を連発しておりました。設計監理した私自身でも仕上げ後には「お~いいね~」という感嘆の言葉を幾度となくつぶやくほどなので工事中をしらないご友人はさぞ驚かれたことでしょう。

写真は趣味室の完成後になります。右壁には鏡と手摺が設置され大きな部屋のように感じますが実際は7帖程度しかありません。上部の梁が鏡にも映り込みその存在感が家の歴史を感じさせてくれます。
 ·  Translate
6

森健一郎

Shared publicly  - 
 
昨日はパッシブハウスジャパンお5周年記念大会に参加しました。
写真はパネルディスカッションの風景です。開会の挨拶から懇親会まで熱気ムンムン内容の濃い大会でした。
基調講演では東京都市大学 環境学部教授 宿谷昌則先生によるエクセルギーの話、東京大学工学部 工学博士 前真之先生による日本の省エネ政策の話をお聞きしました。前先生のお話はスピード違反で捕まるんじゃないかというほど飛ばしまくったお話でした。スピード違反といっても話す速度じゃなくて内容ですよ。国土交通省の制作から見る数年後の日本の住宅の姿を明快な分析力で語っておられました。飛ばし過ぎなのでとても詳細な内容は掲載できません(笑)。
パネルディスカッションでは上記両先生に加え、建築家の西方里美氏とパッシブハウスジャパンの森みわ氏、松尾和也氏による軽快なディスカッションがありました。短い時間ですので深い内容の議論はありませんが、それぞれの発言の中にご自分の理念を感じることができれよい内容でした。
http://moriken.p1.bindsite.jp/
【快適健康環境+Design住宅 森建築設計】
 ·  Translate
1

森健一郎

Shared publicly  - 
 
1私の幼少期、母方の田舎が山形にありました。農業を営みながら紙すきなどしていたその田舎の住宅は築200年という古民家でした。玄関を入ると大きな土の土間があり、土間から一段上がった囲炉裏のあるスペース、そして奥に寝室という典型的な田の字民家です。屋根はその地域でも少なくなった茅葺屋根で便所は別棟に設けられていたので雪の日でも一度外へ出なくてはいけないという古民家です。
幼稚園の年少さんの年齢になった私は土間の漆黒の小屋裏が恐ろしくて中に入るのを嫌がったそうです。昔の民家は板の間に上には天井は張っていても土間の上には天井を張らず高い小屋裏がそのまま現しとなっていたものです。100年も経つと囲炉裏の煤が小屋裏にこびりつき、どこまでが天井が判別できないほどの漆黒の世界が広がってきます。梁や屋根垂木にこびりついた煤が消臭や防虫効果を発揮していたとも言われていますが、幼い子供にとっては恐ろしく感じたのでしょう。
この山形の民家の記憶は私の心に深く刻まれ現在の古民家の仕事に繋がっています。写真は「築100年の古民家再生」プロジェクトの寝室天井です。天井に濃茶の和紙を張り照明で柔らかく照らしすようデザインしました。宙に走る梁とともに自分の幼いころの記憶を思い出させてくれました。今週末には建て主様と一緒に床フローリングのクリア塗装を行い今月末にお引越し予定です。
http://moriken.p1.bindsite.jp/
【快適健康環境+Design住宅 森建築設計】
 ·  Translate
8

森健一郎

Shared publicly  - 
 
昨日は杉セミナーに出席してきました。
いつも構造材として使っている天然葉枯らし乾燥の杉材、天竜T.S.組合からお誘いをいただき出席してきたのです。このセミナーは全5回のシリーズセミナーで昨日は3回目のセミナーでした。1回と2回目も出席したかったのですが惜しくもスケジュールが合わず昨日ようやく出席できました。
昨日のセミナー内容は第一部が「カビ抑制効果と木を食べる」、第二部は「天然葉枯らし乾燥」についてです。第二部の「天然葉枯らし乾燥」の効果については既に天竜T.Sの榊原さんから聞いて知っていましたのが、だ一部のお話は驚き感動しました。

写真はその実験結果です。普通のパン、杉板を入れたパン、桧板を入れたパン、乾燥材を入れたパン、蒸留水を入れたパンを14日間観察した結果、杉板を入れたパン以外はカビが発生したそうです。他にも杉の精油成分を入れたもの、木の蒸留水を入れたもの様々な実験を何度も繰り返した結果、杉板が最も効果が高いという事実が分かったそうです。この原因が杉の成分によるものなのか調湿効果によるものなのか、有害物質吸着効果によるものなのか、おそらく複合的な原因と考えれられるがこれからの研究で確かめたいということでした。
http://moriken.p1.bindsite.jp/
【快適健康環境+Design住宅 森建築設計】
 ·  Translate
2

森健一郎

Shared publicly  - 
 
昨日は自立循環型住宅 温暖地プレ講習会に出席してきました。プレ講習会という意味は完成原稿に至っていない原稿素案段階での説明で完成版では内容や数字が変更される可能性があるという意味合いだそうです。

昨日行われたプレ講習会は平成17年に発行されたガイドラインの改訂版となるものです。平成17年から10年という歳月が流れ、その間も研究を続けてきた新たな知見が盛り込まれたものです。中でも通風計画と蓄熱利用の内容がかなり充実していました。難しい蓄熱利用の実務で役立ちそうです。ページ数は412ページと約1.5倍の厚さになっておりドッグイアしまくりでした。
 ·  Translate
4
Taki Kunihiko's profile photo森健一郎's profile photo
2 comments
 
+Taki Kunihiko こんにちは。早咲きの桜も咲いて春を感じますね~午後も頑張りましょう。
 ·  Translate

森健一郎

Shared publicly  - 
 
写真は「築100年の古民家再生」プロジェクトの玄関床です。
モルタル洗い出しという昔からある仕上げ材で、モルタルを塗った後に表面を水で洗い流して石の粒を表す仕上げ工法です。このプロジェクトでは黒い石を使って和風にしていますが、茶色い石を使えば洋風的な印象にもなります。タイル張りのような目地がなく大きな面になるので好んで使っています。タイルと比べると施工費も安いですし。
築100年の古民家再生プロジェクトは母屋の工事が終了して、別棟の趣味室の工事を行っているところです。もう少しで完成写真をお見せできそうです。
http://moriken.p1.bindsite.jp/
【快適健康環境+Design住宅 森建築設計】
 ·  Translate
3
People
Work
Occupation
建築設計
Employment
  • 森建築設計
    建築設計, 1998 - present
Basic Information
Gender
Male
Other names
設計事務所
Story
Tagline
3兄弟の父、趣味はテニス
Introduction
かっこ良さだけでなく、暮らし易さと快適性も重視してデザインする設計事務所。自立循環型住宅やCASBEE(戸建て)にも精通。
趣味は硬式テニス、3兄弟の父です。
Education
  • 神奈川大学
    工学部建築学科, 1986 - 1990
  • 清水ヶ丘高校
    1982 - 1985
  • 芹が谷中学校
    1979 - 1982
  • 芹が谷小学校
    1973 - 1979