今日から「14期生」の募集を開始します。
募集期間は月末の4月30日までです。

詳細については、別エントリーを参照にしてください。

今日は、良くオーディションを受けようとする人から頂く質問について、この場をお借りして回答させて頂きたいと思います。

①「どんな人が合格するのですか?」

→合格する為の明確な基準はありません。
仮に基準があるのだとしたら、何度も挑戦してやっと合格しました!というメンバーはいないはずです。

②「歌やダンスが得意じゃないのですが大丈夫でしょうか?」

→AKB48は秋元先生が最初から仰っているのは「成長過程を見て頂く」をコンセプトに劇場公演を行っております。
最初は踊れなくて居残り練習をしていた148cmの小さな中2の高橋みなみ。
渚のチェリーでソロパートのレコーディングを泣きながら拒んだ中2の前田敦子。
AKB48が求める人材は「才能ある人」よりも「努力を惜しまない人」です。
逆にただ「AKB48の◯◯さんに憧れています!一緒に踊るのが夢です。」と意気込みに書いてくる方がいますが、「憧れている」ようでは入った時点で成長することはないと思います。「憧れられる人」になりたいと思っている方からのご応募お待ちしております。

2005年12月8日からAKB48のセンターを張り続けた前田が卒業発表をしてから始めてのオーディションです。

どんな方からの御応募を頂くのか?
楽しみです。
張り切って書類審査させて頂きます。
宜しくお願い致します。

今日のAKBINGO!でも告知しますのでお見逃しなく!!
Shared publiclyView activity