Profile cover photo
Profile photo
鈴木嘉平
944 followers
944 followers
About
Posts

直前になってから宣伝するのも何なのですが、今夜ジュンク堂書店のイベントに登壇します。たぶん、まだ余裕があると思うので、お時間のある方はどうぞ。
https://honto.jp/store/news/detail_041000022488.html
Add a comment...

「Haskellによる関数プログラミングの思考法」予約受け付け中です!
http://amzn.to/2kJOTgl
Add a comment...

Post has attachment

なんと、いつのまにやらAmazonから『The Art of Computer Programming Volume1 日本語版』『C++によるプログラミングの原則と実践』『Unix考古学』のKindle版が発売されていた!
http://amzn.to/2jjeRVu
http://amzn.to/2jEITms
http://amzn.to/2jjfyxW
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
『「読まなくてもいい本」の読書案内』によるブックガイド
橘玲の 『「読まなくてもいい本」の読書案内』 を読んだので、感想とメモをまとめておく。 この本、タイトルは『「読まなくてもいい本」の読書案内』だが、実際には「読まなくていい本」はほとんど紹介されていない。紹介されているのは、当たり前の話かもしれないが読むべき本だ。他の読書案内本と異なっているのは、”こういう本は読まなくて良い”と、ばっさり切り捨てているところ。読むべきか・読まなくてもよいかの基準は、20世紀後半に爆発的に進歩した科学研究の成果に置いている。著者は、この時期に起きた科学研究の大幅な進歩を”知のビ...
Add a comment...

Post has attachment
ドレの旧約聖書・新約聖書
幼いころ通っていた幼稚園がキリスト教系で、月曜日の朝には礼拝堂に集まって神父様のお話を聞いたり、先生が紙芝居で見せてくれるキリスト教のお話なんぞを聞いて育ったせいか、昔からキリスト教には興味があった。一度きちんと聖書を読んでおきたいと思って何度か挑戦したのだが、今までは毎回挫折して途中で放り出してしまっていた。聖書の翻訳の言葉遣いが古くてわかりにくいし、どうにもつまらなくて読んでいられなかったのだが、今回、ようやく最後まで読み通せる聖書に出会ったので紹介しておきたい。それが、 『ドレの旧約聖書』 と 『ドレの...
Add a comment...

Post has attachment
"ひとり出版社"という働き方
『"ひとり出版社"という働き方』 という本を読んだので、少しばかり感想を。 今から30年ほど昔、私が駆け出しの編集者だった頃、当時勤めていた編集プロダクションの先輩から「渡り歩いた出版社の数が一桁のうちは半人前」とよく言われた。当時は今のように転職が一般的ではなく、会社を変わるというのはよほどのことがなければ行わないのが普通だった。しかしどういうわけか編集者だけは、当たり前のようにコロコロ会社を変わっていた。若造だった私にはこれが不思議でならず、先輩編集者になぜそんなに会社を変わるのかと訪ねたことがある。その...
Add a comment...

Post has attachment
フランクフルト・ブックフェア2016
昨年( フランクフルト・ブックフェア2015 )に続き今年もフランクフルト・ブックフェアに行ってきたので、簡単にレポートをまとめておきたい(すでに1ヶ月以上たってるけど)。 フランクフルト・ブックフェア会場入口 フランクフルト・ブックフェアは世界最大のブックフェアなわけだが、昨年その規模を大きく縮小して驚かされた。今年はどうなることかと、ちょっとドキドキしながら会場へ向かったが、展示スペース自体は昨年と同規模で特に縮小などはなかった。ただ、来場者数が明らかに減っているように感じた。初日の午前中などは展示会場が...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded