1日(月)
チームM『RESET』公演
本日は、 キャプテン藤江れいな(017)22歳の生誕祭~!!

手紙は、(Wれいな相方)中野より
「NMB48に移籍され、コンサートの楽屋が一緒になり、
「同じ名前だよね」と話しかけてくれましたが、
緊張で「はいっ」と返事するのが精一杯でした。
仲が縮まったのは、私がチームMに昇格してからです。
最年少の私を気にかけてくれたり、さりげない優しさが嬉しくて、
不安を和らげてくれました。
チームMのことを考え、悩むその姿に、感謝いっぱいです。
そんな藤江さんに感謝を伝えさせてください。
藤江さん、いつもアドバイスしてくれてありがとう。
いつも、優しくしてくれてありがとう。
いつも、どんなときも傍に居てくれてありがとう
なにより、NMB48、チームMに来てくれてありがとう。
頼りないけど、藤江さんの心の支えになりたいです。
これからもよろしくお願いします。大好きです。」
とチームの後輩からの熱い手紙。

映画監督の勝又悠さんより
「普段はチームMのキャプテンとして活躍している藤江。
一生懸命に歌い踊り、たまには噛み噛みトークで、
サプライズな笑いもくれるエンターテイナーだなと心から思う。
映画の現場の藤江は、また新しい一面を見してくれる。
弱音を吐かないし、負けない、本気で映画を良くしようとしてくれる。
そんな姿を見て、心の底から藤江の事を信じている自分がいます。
藤江のその誠実な姿勢が、今日のこの歓声だね。
これからどんな女優さんになるのか、どんなアイドルになるのか、
どんな女性になるのか楽しみです。
自分を信じて、持ち前の根性で歩んでいって下さい。
いつでも、ドンと構えた藤江の姿が見たいです。
また、現場で会おうな!」と監督との絆が伝わってくる手紙。

本人コメント
「21歳の私は大きな出来事がありました。
チームMのキャプテンになったことです。
ファンの皆さんにも衝撃的だったみたいで、
キャプテン大丈夫?と不安がられたことを覚えています。
公演でも上手くまとめられず、メンバーを困らせてしまいます
こんなポンコツですが、メンバーが相談しに来てくれたりすると、
もっとしっかりしないとなと思います。
そして今年の目標として、個人では舞台をしたいです。
やり直しのきかない舞台は緊張の連続ですが、
その分学ぶこともたくさんあり、成長できるなと思います。
今年も良い巡り合わせがあったらいいなと思います。
そして、チームMではAKB48劇場で出張公演がしたいです。
「RESET」公演を関東でも見てもらい、
NMB48をチームMをたくさんの方に知ってもらいたいです。
是非とも、その日が来ることを楽しみにしていてください。
最後に一言言わせてください。
藤江ファミリー最高!!」
と、自分の言葉でしっかりと語っていました。

チームMキャプテンとして、
個性の強いMのメンバーをまとめてくれている藤江。
その優しさと、根性で22歳も目標に向かって突き進んでいってください。
誕生日おめでとー!

本日は公演にお越しくださった皆様、生誕委員の皆様、
誠にありがとうございました。
Photo
Photo
2016-02-01
2 Photos - View album
Shared publiclyView activity