Profile cover photo
Profile photo
楠直孝
首都圏を中心に活動するジャズピアニストです。
首都圏を中心に活動するジャズピアニストです。
About
Posts

Post has attachment
Instagramってのを
いまさら始めたら、ブログがおろそかになりました。 本日(水曜日)はこちら! ご都合よろしければぜひ! お待ちしております!
Instagramってのを
Instagramってのを
kspf.blogspot.com
Add a comment...

Post has attachment
本日(9月30日の日曜日)のライブは中止となりました
江古田そるとぴーなつにて予定されていた村上寛トリオのライブは台風接近のため中止となりました。 ご迷惑おかけしますが、ご了承いただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
Add a comment...

Post has attachment
本日(18日)は野毛!
ジャンクにて、いのくちゆきみカルテットです。 20時スタートです。 http://www.nexyzbb.ne.jp/~nogejunk/ みなさま、ご都合よろしければお気軽にぜひ!   昨夜は大久保でオルガントリオでした。 過去最高に激しく熱い演奏になりました。 聴いてくださってみなさま、おつかれさまでした! 次はもっと激しくいけるかなあ。
Add a comment...

Post has attachment
17日(火曜)は楠直孝オルガントリオ!
サンペイさん、海津くんとのこのトリオ。毎回どんどん熱くなってます。 大久保ブージーミューズにて19:40からです。 http://www.boozy-muse.com/ みなさま、ご都合よろしければぜひ! よろしくおねがいします!
Add a comment...

Post has attachment
SONY 完全ワイヤレスイヤホン Xperia Ear Duo XEA20JP
「耳をふさがないソニー独自の設計で、周囲の音と音楽の両方が聞こえる『デュアルリスニング』を提案するワイヤレスステレオヘッドセット。」   25000円代で先月購入しました。 2週間ぐらい使ってみたところですがいいみたいです。 メガネしてても問題なく装着できるし、着けてても周りの音がよく聴こえるし、長く着けてても耳が痛くなったりもしてないです。って、そんなに長くは着けてないけど。 ケースに入れるだけで充電できるし、ちょっとかさばるけどケースの使い勝手も良いし。 いくつかヘッドフォン、イヤホン、試して使ってみてい...
Add a comment...

Post has attachment
本日(22日の金曜日)は第四金曜日です
ですから鎌倉ダフネでボーカルセッションの日です。 19時半から22時ぐらいまで。 みなさま、お気軽に奮ってご参加ください!   で、その次の日(23日の土曜日)は18時半から日吉ワンダーウォールヨコハマにてこちら! 何回目かになる茜純子さんとのライブです。 豪華編成ですね。楽しみです! お席の状況をお店にご確認の上、みなさまよろしければぜひ!   おまちしております!
Add a comment...

Post has attachment
ダイソンの(続き)
月曜サポートに電話して、もう今朝(水曜)替えの電池が来ました。 どこに電池入っているのかと思ったけど、この部分をごっそり入れ替える形でした。 付け替えたらちゃんと動作しましてめでたし。
Add a comment...

Post has attachment
今週木曜日は都立大学でオルガントリオ!
6月14日(木)20時からです! http://www.jammin-meguro.sakura.ne.jp/ おなじみのフュージョン、ロック寄りのジャズオルガントリオです。 いつものように盛り上がります! みなさま、ご都合よろしければぜひ! お待ちしております!
Add a comment...

Post has attachment
オルガンでボーカルセッションのホストでした
都立大学ジャミンでの月例ボーカルセッションでしたが、オルガン・ギター・ドラムスでホストをしたのは初めてでしたがどうだったかな? すこし気分が変わって面白かったのでときどき織り交ぜて行こうかな。 というわけで、引き続き 第二土曜日の13:30~ 第四日曜日の19:30~ 毎月お待ちしております!   明けて本日(日曜)は銀座、俺のフレンチ銀座コリドー街にてピアノソロで演奏しております。みなさま、ご都合よろしければお気軽に是非どうぞ!
Add a comment...

Post has attachment
戦艦武蔵 / 吉村昭
『 日本帝国海軍の夢と野望を賭けた不沈の戦艦「武蔵」――厖大な人命と物資をただ浪費するために、人間が狂気的なエネルギーを注いだ戦争の本質とは何か? 非論理的“愚行"に驀進した“人間"の内部にひそむ奇怪さとはどういうものか? 本書は戦争の神話的象徴である「武蔵」の極秘の建造から壮絶な終焉までを克明に綴り、壮大な劇の全貌を明らかにした記録文学の大作である。 』 早速薦められるままに読んでみました。 武蔵が活躍せずに沈んでしまったことは知識としてはしっていましたが、それにかかった労力や情熱を実感させてくれました。 ...
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded